空から海へ! 

gdk1.jpg

今日は、早朝からブロンプトンで羽田空港へ。

環八を海に向かって5キロほど。

飛行機も大きく見えてきました。

でも、自転車では、空港に行くことは出来ないんです。

gdk2.jpg

なので、途中から京急線を利用。

「 天空橋 」 なんともドラクエとかに出てきそうなネーミングですよね。

gdk3.jpg

さぁ、着きました羽田空港!

ここからどこへ行くかって??

gdk4.jpg

ガンダムスタンプラリーでした~(笑)

空港だけにジオン公国のガウ!

でも、これって最後は、墜落というか、特攻しちゃうんだよね。

あまりイメージがよろしくないような・・・

まっ、あまり気にせず、次に行こう!

gdk5.jpg

お次は、浜松町駅。

浜松町は、海が近いということで、水陸両用モビルスーツのズゴックです。

ズゴックを見るとカニを連想してしまうのは僕だけでしょうか・・・。

gdk6.jpg

浜松町からは、ブロンプトンで天王洲アイルへ。

スタンプは、リュウ・ホセイ。

リュウの捨て身の特攻は子供心に衝撃を受けましたね~。

gdku.jpg

早朝スタンプラリーは、これで終了!

今日は比較的楽チンだったな~。



ガンダムスタンプラリー ガンダムごっこの歴史をたどる 

すっかりご無沙汰のガンダムスタンプラリー備忘録。

この日は、仕事が半日あがりだったので、帰宅がてら途中下車してガンダム巡り。

gdsk181.jpg

まずは、東十条駅で途中下車。

東十条は、叔母が住んでいて、子供の頃からチョクチョク遊びに来ていた街。
今でも東十条の駅で降りるたびに母に連れられて遊びに来ていた光景が思い出されます。

gdsk182.jpg

童心に返って押すスタンプは黒い三連星!!

これまた、子供の頃を思い出させてくれるキャラたち!

ガイヤ、オルテガ、マッシュ!

ガンダムごっこをすると、仲の良い友達と黒い三連星のチームを組んで、ジェットストリームアタック!!

たまにオルテガが風邪で欠席とかになると、急遽、補欠のオルテガを昇格!(笑)

でも、即席オルテガだから動きが悪く、チームもちぐはぐ、みたいな(笑)


gdsk183.jpg

懐かしさに浸りながら、次に向かうのは、十条。

こちらの十条駅は、埼京線。

今回もブロンプトンを輪講してきたので、ここからはブロンプトンで移動。

「 それでも男ですか、軟弱者! 」

子供の頃は、何とも思わなかったこのセリフ。

今は、やたら胸に突き刺さる・・・(笑)

気を取り直して、次、次~!!

gdsk184.jpg

さぁ、板橋駅に着きました!

こちらのキャラは、ジム!

量産型だけど、結構好きなモビルスーツ。

近所のお兄ちゃん達と遊んでいたときに、ある日、突然、ジムに任命!

嬉しかったな~。

だって、その前は、「 ボール 」 だもん(笑)

gdsk185.jpg

ジオン公国の王子様のザビは、王子駅(笑)

なかなかシャレがきいてるね。

このザビをみると思い出すのが、お友達のナオト君。

ザビと同じ髪型というだけで、役割は、ザビ(笑)

ガンダムごっこをしていて唯一、 「 人間 」 という(笑)

ナオト君、自然とガンダムごっこからフェードアウトしていきました。

そりゃそうだ(笑)

gdsk186.jpg

今日のラリー最後のスタンプは、尾久駅のボール!

これこれ!

僕のガンダムごっこの歴史で、初めて授かった役、ボール!!

超量産型で、足がないから歩くのもままならない。

お兄ちゃんたちの間では、僕はおミソ。

だから、超量産型のボールなんて、いてもいなくても、どうでもイイ存在。

たまに不意をついて、シャーザク兄さんに会心の一撃を食らわせるも、なぜかノーカン(涙)

それでも、くじけずこの役をこなす。

今でも職場で、与えられたしょーもない仕事を辛抱強くこなす。

その根性は、子供の頃のガンダムごっこで培った賜物かもしれません(笑)

gdsk187.jpg

今回は、少なめの5駅。

それでも、子供の頃を最大限に思い出すことができた、楽しいラリーとなりました!



浜松町の小僧さん 5月の装い

5月の小僧さんの装いは、和服姿。

頭に巻いているのは、桃の鉢巻き。

ということは・・・

hmm1851.jpg

そう、5月だから、端午の節句の桃太郎!

hmm182.jpg

後ろから見ると、ドサ回り中の演歌歌手みたいだけどね(笑)

でも、和服姿もとてもお似合いですよ。

さて、東京地方は間もなく梅雨入りするとか、来月は、レインコート姿かな~。




にんにくガツンと、上田のおいだれ丼

信州上田のご当地グルメに「 美味だれ焼き鳥 」 なるものがあります。

すりおろしたニンニクが入った醤油ベースのタレの焼き鳥で、昭和30年代に上田市内の焼き鳥店で考案され、市内のお店や家庭に広まったそうです。

上田地方の方言で親しい仲間に使う愛称の 「 おいだれ 」 、「 美味しいタレ 」 、後からかける 「 追いダレ 」 の3つの意味をとっているんだって。

knbned.jpg

上田市内にランチタイムで、その焼き鳥を丼にした 「 美味いだれ丼 」 が食べられるお店もあったのですが、混んでいたこともあって断念。

でも、その後、たまたま立ち寄ったコンビニでお弁当で発見!

ラッキー!!

・・・とは言え、コンビニ弁当だからな~。

kroisy.jpg

な~んて思いつつ一口食べたら、これが予想以上にウマイ!

にんにくベースのタレがガツンときます。

いや、まさにタレが美味!

tgmyki.jpg

お弁当なので、上田市よりも北上して、桜満開の戸倉でお花見をしながら頂くこともできました!

でも、これ、ビールにピッタリ合うだろうな~。

次回は、電車か泊りがけで、やっぱり店で食べてやる!

と、ひそかに思うマヤリモなのでした。



32番目 巨石のある上田城

2016年4月の登城記です。

2年前か、はなもまだチッコイな(笑)

桜に合わせて来ようと思ったど、しっかり散った後でした~(笑)

otmnm.jpg

さて、こちらの上田城は、真田氏の居城で、徳川家の攻撃を2度も退けた名城。

とくに、関ケ原の時には、徳川秀忠の3万6000の大軍を真田昌幸、信繁(幸村)父子は2500の兵で対抗し秀忠軍の関ケ原への進行を6日間も食い止めました。

otmna.jpg

現在残っている城は、仙石忠政によって江戸時代に再建されたもので、東虎口櫓門などが復元されています。

sndisdk.jpg

門に使用されている石垣の中に、一際、大きな石が。

これは真田石と呼ばれる上田城のシンボル的な巨石。

戦国時代に築城した城の門にある石垣に、権力の象徴として、大きな石を一つ組み込むのが当時の流行りだったんだとか。

sndjnja.jpg

本丸跡は、現在、真田神社となり、真田父子や歴代藩主が祀られています。

勝負ごとに凄い力を発揮しそうだね。

kermsn.jpg

そうそう、真田といえば、赤備え!

shsymk.jpg

この年はちょうど大河ドラマの 「 真田丸 」 が放映中。

沢山の人で賑わってました。

まだオムツをしていた はな、大勢の人が行きかう参道の真ん中に急に座りこみ
大声で、「 ウンチでた~!! 」 だって(笑)

もしかして真田父子よりも肝が据わってるかもね(笑)

ykmrz.jpg

天下人、家康が最も恐れていた男と言われる真田幸村ゆかりの上田城、親子三人登城記でした。



06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR