FC2ブログ

なせば成る! の人。

お気に入りの一冊。

003.jpg


童門冬二さんの 「 小説 上杉鷹山 」です。

僕の好きな戦国武将は、上杉謙信。

って、だけの理由で、

「 お前、上杉家、好きじゃん。これ読んでみ 」 と大高さんからの薦め。

上杉鷹山・・・名前は知ってる。

何をした人?

「なせば成る」 の人でしょ?

米沢藩の財政を倹約によって立て直した人で、ケネディ大統領も尊敬する日本人として
鷹山の名前を挙げたとか、挙げないとか・・・。
どうやら挙げてないらしいですけど(笑)

でも、それ以外は・・・よくわかりません。

「 ホント面白いから読んでみ 」

まぁ童門さんの小説は読みやすいし、大高さんがそこまで薦めるなら・・・

そしたら、これがのっけから面白い! 

鷹山って人は、偉人の中ではチョット地味な 「 おじいちゃん 」 って、僕のイメージ (失礼)

yozan.jpg


ところがドッコイ!

実は、改革を手掛けたのは10代から。他藩からの養子で、改革に燃える若い鷹山は、
古い体質であり、悪しき慣習を良しとしていた米沢藩からは、なかなか受け入れられない。

そんな状況の中、当時、現在の貨幣価値で120億円以上という赤字財政を立て直しちゃうんです。

合戦などの派手な場面はないんですが、とてもドラマチック!
そして、作品中の鷹山がとても生き生きと描かれていてグイグイ引き込まれます。

これは、リーダーにしたい歴史上の人物で常に上位に名前が挙がるのも分かるなぁ。

そして、鷹山に心酔してしまった僕ら、

025.jpg


米沢まで行っちゃいました!

033.jpg

なせば成る!  (終)

神社って?

神社って何?

神社と言えば・・・?

子供の頃の遊び場・初詣・お祭り・観光地にあれば、とりあえず寄ってお参り?

あとは、困った時の神頼みの場所(笑)

他には、結婚式の場だったり、最近ではパワースポット?

僕の場合、それ以外に、神社って落ち着く場所だなぁ。と感じるんです。
歳を食ったせいかな。

でも、ざっと一般的な神社についての印象を挙げてみても、とても身近な存在ですよね、神社って。

でも身近な存在なのに意外にあまりよく知らないんです。

鈴を鳴らすタイミングって? 狛犬ってなに? そもそも神様って?

なんだか漠然としつつ、いつもお参りをしている・・・。

そしたらこの間、古本屋さんでこんな本を見つけました!

jinjya 001

定価は1200円なんですけど、古本で100円。

100円だからイイや!と衝動買い。

でも、結構、神社について疑問だったコトをわかり易く書いてあるんです。
神社によって鳥居の様式も違っていたりするんですって。
職場で読んでいたら 「うわぁ!マニアックな本を!」 と笑われましたけど。

でも、僕の場合、旅行に行くと神社に立ち寄ったりするコトが多いから、
ポケットサイズのこの本を持って行けばもっと楽しめそう。

そして、神社をメインに記事を書いている方のブログも今以上に読み込めそう。 

でも、まずは、自宅の近くの神社にこの本を持ってお参りに行こうかと思います。 

この一冊で身近な存在の神社の見方が変わりそうです。 (終)

YAKKAY ヘルメット

ブロンプトンを乗るにあたって、早急にヘルメットが必要となりイロイロと調べていました。

2月4日に東京ゲートブリッジの開通イベントに参加するんですけど、メット着用が条件で。しかもブロンプトンレースなんかでもメット着用が必須なのでコレを機に。それより何より身の安全ですよね。

でね、調べてみると自転車用のヘルメットってのは流線形のスポーティーなタイプばかりなんですよね。カッチョイイんですが、僕が乗っているブロンプトンにはチト合わないかなと。レーサータイプの格好には最高に合うんですけどね。

はじめは乗馬用のメットが合うんじゃない!?なんて思っていたんですけど、乗馬には乗馬の、自転車には自転車の安全規格がありますからね。

そして、巡り合ったのがこのメット!

YAKKAY 015

YAKKAY(ヤッカイ)のヘルメット。(12390円)

やはり僕と同じように街乗りの服装に合うようなメットを探している人は少なくなく、認知度はまだ低いものの人気があるようです。

ただこのメットはデンマーク製。欧米人の頭に合わせて作っているので日本人には合わせづらいようです。デザインに気に入っても泣く泣く諦めたって人も多いようで。

実は僕も頭がデカくて心配だったんですけどフィットしてくれました。ちなみに黒く円いヤツをメット内に貼って微調整をします。

YAKKAY 016

そして、このメット、アウターが外せて別売りのアウターを買うコトで着せ替えも出来るのです。
その点もこのメットに魅かれたうちのひとつ。

YAKKAY 017

そして、別売りの耳あても購入。(3570円)
これからもっと寒くなりますからね。ゲートブリッジで耳がちぎれないように。

購入をしたのは有楽町丸井のローテイトストア。「自転車に合うファッション」を提唱するセレクトショップで、ウッチーお気にで、マヤリモ夫婦も気になっているNARI FURIってブランドもあったんだけどベラボーに高く、今回は二の足を踏んじゃった。

接客してくれた店員さんも、とても親切で感じが良く、気持ち良く買い物をするコトができました。

そして、ここで素敵な出会いが。

以前、マンションに入居する際、一からインテリアを購入するにあたって丸井川崎のインザルームのMさんという店員さんが担当してくれて、素敵なアドバイスや家まで来てくれたり、イロイロお世話になったんですけど、この日、丸井カードを再発行する時にそのMさんと再会!

あれから5年。まさかココで会えるとは!ほんとビックリしたね。

Mさんもビックリしてました。そして、当時のエピソードを僕らよりも覚えていてくれて、とても嬉しかったなぁ。

そんなこんなで、このメット、なおさら思い入れのある素敵な物に思えてきました。

FOSSIL

fossil 001

1月3日の恒例の新年会。そこで従姉のえっちゃんの旦那さんのケンちゃんからしーちゃんへサプライズプレゼント!FOSSILの時計です。

tokei 010

実は以前、僕もケンちゃんが着けていたFOSSILの時計を見て「イイな~!イイな~!」なんて言っていたらそれを貰い受けた経緯があったのです。そして、しーちゃんが「私も欲しい!私もFOSSIL好き!」なんて言っていたら、それを覚えていてくれての突然のプレゼント。だからしーちゃんもホントびっくり!

ケンちゃんは見た目は武藤敬司に似てとてもイカツくて、もし他人だったとして、細い道なんかで出くわしたら絶対に「目を合わさず道を譲っちゃう」(笑)

腕相撲では両手を使ってもビクともしない・・・。毎年腕相撲の勝負を挑むんだけど、無理。ケンちゃんの老化を待つしかない(笑)

でもとっても面白く、優しくて、気前が良くって、僕らや従姉弟の中では頼りになる兄貴分なんです。今後とも僕ら弟、妹をヨロシクね!

ケンちゃんへ

ケンちゃん、時計どうもありがとう!だいぶ前に話していたコトを覚えていてくれたコトにビックリ!すごく嬉しいです!新年会の最後にもう一度お礼を言おうと思っていたけど、ケンちゃんは寝ちゃっていたので、ブログ上で失礼します(笑)

編みこんだ革ベルトのデザイン、色合い、文字盤の感じがすごく可愛くて私好みだよ!大切に使うね!
これから海の上でのお仕事は寒くて大変だろうけど、体に気を付けてね!また今度、ゆっくり会いましょう!
お礼は今度。楽しみにしててね!

しーより。

死神さんとアヒルさん

 先日、職場のユリコさんのコラージュを用いた研究で被験者のお手伝いをさせてもらいました。

コラージュは作業療法ではよく用いるんですが僕は今まで患者さんに提供したこともなければ自分自身もやったことがなくて・・・。今回は実際にコラージュ制作をするんですけど、これがなかなか奥が深いんですね。気に入った絵や写真を見つけても、いざ台紙に配置してみるとシックリこなかったり。単体で素敵な物でも全体との調和がとれていないと生きないんです。なんだか人間関係なんかにも通じるトコがありそうな・・・。

で、ユリコさんが用意してくれた沢山の雑誌の中に「死神さんとアヒルさん」という絵本のひとコマが。

ehonn 003

 見るからにシュール。そして、ひとコマなのでこれだけではどんな場面でどんな内容だか分からない。でもその独特な感じに魅せられてしまったんですね。もちろんこの絵も切り取ってコラージュを作成。

作品も何とか完成しました!でもずっと絵本のひとコマが気になってました。そしたら後日、ユリコさんから研究を手伝ってくれたお礼にと、その絵本を見つけてプレゼントしてくれたのです!!だから中身を知らずに袋を開けた時にはビックラこきました!

ehonn 001

 さっそく職場のみんなで回し読み。そして家に帰って、しーちゃんにも見せたら「朗読は得意!」とのコトで35歳のオッサンに読み聞かせをしてくれました。そしたら、ひとりで黙読した時と比べてグイグイ物語の中に引き込まれていくんですね。

ひとりでの黙読の時は文章を読みながら絵を見る。もしくはその作業を別々にする。でも読み聞かせってのは、じっくり絵だけを眺めながら、耳からキャラクターのセリフやストーリーが入ってくる。たったひとコマの絵でも自分の中でのイマジネーションが膨らみます。だから最初に読んだ時よりもストーリーがとても奥深くなった感じ。

 さて、肝心の内容ですが・・・命あるものには必ず訪れる「死」というものを通して、純粋無垢なアヒルさんとアヒルさんの目の前に突然現れたクールで事務的な死神さんとの交流を描いたお話。

ハラハラドキドキ!っていうような内容のお話ではありません。対象的な性格の二人?が生死についてやりとりする。大まかにそんな内容です。一度だけではなく何度も読む、読み聞かせてもらうとその度にいろいろと考えさせられます。
ユリコさん、素敵な絵本をアリガトウございます!マヤリモお気にです!
07 | 2020/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR