FC2ブログ

人生、細く長く。蕎麦の如く

5月のある日。

今日は、僕が勤める施設に手打ち蕎麦職人がやって来ました!

iroiro 069

手打ちうどんは、僕も施設のばぁちゃんに教えてもらい、自宅で打ったことはあるんですが、
蕎麦打ちの全工程を間近で見るのは初めてです。

iroiro 076

やはりプロですね! 手際が違います。
蕎麦粉をこねたり、平たくしたり、簡単そうに見えて結構ムズカシイんですよね。

ところどころ、利用者さんもお手伝い。

埼玉県は、小麦の生産が盛んで、昔から一般家庭でもうどん打ちはよくされてるみたい。
だから、利用者さんたちも中々、手慣れたもの。 職人さんに負けてませんよ!

iroiro 079

お昼はもちろん蕎麦! 僕ら職員もご相伴にあずかりました!

普段はスタッフルームでご飯を食べている僕らも今日は利用者さんと一緒にお昼御飯。
利用者さんも 「みんなで食べると美味しいね 」 って。

そして、普段はお昼御飯を食べたコトをすぐに忘れてしまう、ある利用者さん。
食べ終わって暫く経っても、「 今日の蕎麦は美味しかったな~ 」 って。
やはり、良質な刺激って記憶に有効なんだなぁ。

介護の職員さんも 「 俺も蕎麦打ちやろうかな~ 」 なんて。
蕎麦打ちって、何故か男心をくすぐるんですよね~。
モチロン僕もくすぐられまくりです! (終)

 

因果応報!?

先日、職場のレクリエーションで 「節分レク」 が行われました。

来ましたよ!以前ブログで宣言していた計画実行の時が!

「ドサクサ紛れに鬼に扮した職員に豆を思いっきりぶつけてやる!」

そして前日にレク担当の介護のSさんから、ある相談が・・・。

S:「マヤリモさん、明日のレクなんですが・・・」

マ:「はい、はい、何でしょう?」

S:「マヤリモさんに鬼になってもらいたいんですけど・・・」

マ:「え゛~!? 僕が鬼っすかぁー!」

まさか、僕のブログでの悪だくみがバレた?

いや、Sさんはマヤリモ日記の存在は知らないはず。
断わる理由も見つからず 「はい!喜んで!」 なんて引き受けちゃいました。

__ (2)

赤鬼のウッチーとともに利用者さんから豆をぶつけられるハメに。

豆は掃除が大変とのコトでカラーボールを使うとのコト。

豆まきが始まると容赦のない豆ボールがビシバシと。

「アレ!?Aさんってそんな力あった?」「エッ!?Bさんってそんな立てるの?」

普段、無気力そうな利用者さんからの猛攻撃!

「痛てー!誰だー!ドサクサに紛れて全力でぶつけた職員は!」

因果応報とはまさにこのコト。大いに反省・・・。

でも、いつもは動きの少ない利用者さんの盛り上がりや、ビッグスマイルが見られたから
良しとしますか・・・。

ヒトって目的や楽しいコトがあると自然と体が動くんだなぁ。

改めてそんなコトを感じました。

福は~内! 鬼も~内?!

今日は節分ですね。
なので今月のOTの貼り絵も「泣いた赤鬼」です。

setsubun 013


節分といえば豆まき。一般的には「鬼は外、福は内」
ですよね。

でも地域によっては、鬼も内に入れちゃったり、「鬼は内、福も内、悪魔外」だったり、
中には 「あっちはあっち、こっちはこっち、鬼ヶ窪の年越しだ」 なんてのもあるようです。
面白いですよね。

「あっちはあっち~」なんて、もはや意味がわからない(笑)

しかし、鬼までも受け入れてしまう寛容さというか、曖昧さというか、適当というか、日本人ってホント素敵!

まぁ元来ポジティブな民族なんでしょうね。

僕の職場でも節分ムードで今年も職員が鬼に扮して、利用者さんから豆をぶつけられまくる、という企画を立てているようです。

「一生懸命投げても鬼まで届かない」という利用者さんも中にはいるので、そんな時は僕が代理で至近距離から思いっきり豆をぶつけてやります。

鬼の衣裳の全身タイツと鬼のお面の間の素肌の部分を目がけて思いっきりね。
楽しみです。

後期高齢者の方たちにとってはクリスマスよりも節分の方が思い入れがあるようで、毎年、クリスマス会よりも豆まきの方が盛り上がっているような気がします。

皆さんのお家でも豆まきは済みましたか?
そして、豆はいくつ食べましたか?(笑)



07 | 2020/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR