FC2ブログ

大田区の別荘地(?)でお花見を

bsch1.jpg

今年の桜は、いつにも増しての早咲き。

でも、開花中は雨も降ることなく、長~く、お花見を楽しめましたね。

bsch3.jpg

マヤリモ親子も春の陽気に誘われて、大田区の桜の名所、洗足池へやってきました!

bsch2.jpg

洗足池は、水量豊富な湧水池で、その水は、大田区を流れる呑川へと続いています。

hirs.jpg

江戸時代も景勝地として名を知られ歌川広重の江戸名所図会にも描かれています。

bsch5.jpg

また、1180年、安房国から鎌倉へ向かう途中の源頼朝がこの洗足池で捕らえたという名馬 池月の像もあります。

bsch6.jpg

竹林に魅せられて、妙福寺というお寺に立ち寄ってみました。

bsch9.jpg

こちらには、日蓮上人が袈裟を掛けたと伝えられている 「 袈裟掛けの松 」 が残されています。

実は、「 洗足池 」 という地名は、日蓮さんがこの地を通りかかった際に池のほとりで休息し 「 足を洗ったから 」 と言われています。

bsch10.jpg

そんな歴史の深い、洗足池に別荘を建てた人がいます。

kaisu.png

それは、江戸の町を戦火から救った幕末の偉人、勝海舟です。

kais.png

こちらは、若かりし頃の勝海舟。

なかなかの男前ですよね。 けっこうモテモテだったらしいですよ。

bsch7.jpg

洗足池をこよなく愛した勝海舟。

現在、池のほとりにあるお墓に夫人と並んで眠っています。

実は、夫人の民子さんは、海舟のあまりのモテっぷりに愛想をつかし、「死んだら勝の傍に埋めてくれるな」と遺言し、暫くは違う場所に埋葬されていたんですって。
でも、それをお孫さんが独断で一緒にしてしまったんだとか(笑)

お墓の中の二人の心境やいかに(笑)

海舟のお墓の隣には、盟友、西郷隆盛の菩提を弔うために建立した 「 西郷隆盛の留魂祠 」 があります。

bsch8.jpg

そして、お墓の前はちょっとした公園が整備されていて、はなも大はしゃぎ。

花より公園ですね(笑)

数年ぶりに都内でのお花見を楽しめました。

bsch4.jpg

はなに撮ってもらった一枚。

なかなか良く撮れてるよ。

来年もまたお花見行こね!





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは、マヤリモさん
素敵な場所ですね 江戸時代からの景勝地でしたか
満開の桜 いいタイミングに行けましたね
はなちゃんは、名カメラマン すばらしい1枚です

ヨッシィー さんへ

ヨッシィー さん、おはようございます!

ちょうど桜の満開と休みが合い、久しぶりに東京でお花見をすることが出来ました。本当にお花見のタイミングって難しいですよね。
娘の撮る写真は、結構良く撮れていたりするんで、ビックリしちゃいます(笑)

こんばんは
頼朝から幕末に歌川広重!!
すごい場所でのお花見ですね(^_^)
歴史の妄想!?大好きな私から見たら とっても羨ましいですね~
カメラマンのはなちゃんも上手に撮れてますね。

Bigサオリン さんへ

Bigサオリンさん、おはようございます!

大田区に住んでいながら洗足池に勝海舟のお墓があったり江戸時代からの景勝地だったというのを知ったのは、大人になってからでした(笑)
地元でもまだまだ知らないコトが沢山あるようです。これからも、はなカメラマンを同行して散策を楽しみたいです!
11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR