12月8日に思うこと

12月8日は何の日か?最近のひと、特に若者の中には、この日が何の日であるか知らない人は多いと思う。しかし、アメリカ人でこの日を知らない人は・・・。そう12月8日は太平洋戦争開戦の日です。

085.jpg

僕は今年の7月にハワイへ行き真珠湾にも行きました。きっと僕もハワイに行っていなければ12月8日が何の日であるか即答はできなかったと思います。

ハワイ旅行が決まった時に、真っ先に行きたいリクエストに入れたのがパールハーバー(真珠湾)でした。実際に行ってみてビックリ。あれだけハワイには日本人が多くいるのに、僕らがパールハーバーに着いた時には日本人は皆無。シャトルバスでも僕らだけ。記念艦ミズーリーの前に観光客が集まっても日本人は僕ら二人だけ・・・。

「ここは日本人が来ちゃいけなかったのか・・・」そんな不安がよぎった時、「日本人の方ですか?」と女性から声を掛けられました。日本人のツアーガイドです。「あぁ良かった!」

その後はその女性の案内でミズーリーの艦内を見て周りました。ちょうど旅行前にNHKのパールハーバーの特集番組を観ていたので「あぁ、そうそう!ここ観た!」なんて調子で見学をしていました。実はミズーリーは日本の降伏調印式が行われた場所。言ってみればこの船上にて「日本の戦争は終わった」

089.jpg

この場所で。

さて、見学も終盤になったところでガイドのお姉さんに「こちらの(戦艦の)側面を見てください」と促されました。

098.jpg

「なんだろう?チョットへっこんでる」「戦闘で受けた傷跡?」確かにそうなのです。日本軍による決死の攻撃。零戦がまさにこの場所に突っ込んできたのです。

095.jpg

その直前に撮られた写真で上部にその零戦が。膝が震えます。心拍数があがります。「真珠湾はそういう場所」と覚悟してきていたものの。TVでもやっていませんでした。得も言われぬ思いがこみ上げます。

ガイドさんのお話は続きます。この後、どうなったか・・・。

突っ込んできた零戦から日本人パイロットは甲板に投げ出されます。胴体が真っ二つという無残な姿で。甲板にいたアメリカ兵はその遺体に対して罵声を浴びせたり、歓喜の声をあげたといいます。

でもそのままにしておくわけにはいかない。遺体を処理しなければいけない。でも遺体に触れるのもはばかれる。(気持ち悪い)アメリカ兵は日本兵の遺体に対しホースから水を勢い良く出し、手を触れず、その勢いで海に落とそうとした。

104.jpg

その騒ぎに気付いたミズーリの艦長。兵士たちを一喝します。「なんてコトを!」「私たちが家族をそしてアメリカを守る為に戦っている様に彼も家族のため日本の為に戦った勇者だ!」
「同じ軍人として恥ずかしくないのか!」「もしかしたら逆の立場になっているかもしれないのだぞ!」「さっきまでは敵だったが、彼はもう死んでいる。敵ではない。同じ思いを持った人間なんだ!」等々。(この時点で僕の涙線は決壊寸前)

話はまだ続きます。

納得した米兵士たち、「それならば」と彼を水葬することに決めます。米軍のならいにのっとって「星条旗」で包んで。しかし、またも艦長、「なぜ星条旗なんだ!」「彼にとって、こんな屈辱があるか!」と。

しかし、かといって日本の海軍旗(日の丸じゃなく朝日っぽいヤツね)なんてあるワケない。

そんな中、兵士の中にその旗のデザインをしっている兵士がいた。その兵士の記憶を頼りに米兵士たちは徹夜して日本海軍旗を手縫いし、翌日、彼の遺体をその旗に包み敬意を払って、水葬とした。と。(僕の涙線、大決壊!)

102.jpg

後日、その日本兵の身元も調べられ、現在パールハーバーの戦艦ミズーリにパネルとして展示されています。

戦艦ミズーリと零戦のお話は別地で、1945年4月11日の出来事ですが、70年前の12月8日の真珠湾攻撃を皮切りに日米は戦争に至ったのです。

パールハーバーに着いた時「来るべきではなかった」と一瞬よぎった思いが「やっぱり来て良かった、来るべきところだった」という思いに。

そして過去にそんな思いをして散った両国の人々のお陰で、僕らはハワイを、日本での生活を、楽しむコトができているんだと。でも、きっと日本人には忘れてはいけない日(日本人は忘れていても相手は決して忘れられない日)ってのは、まだまだ沢山あるはずですよね。

みなさんもハワイに行くことがあれば是非、立ち寄ってみてください。モチロンこの後は、そのコトを心の片隅において、思いっきりハワイの海&ショッピングを楽しみました!





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR