飛鳥の蘇なるもの。

チーズを片手にワインを飲む。

こんなスタイルは現代の日本ではもう当り前ですよね。

今やチーズは日本人の食生活に欠かせないくらいの存在となっています。

では、日本人が初めてチーズを食べたのは一体いつの頃でしょうか?

文明開化の明治時代?

江戸時代に水戸黄門様が食べたと言う記録もあるぞ。

いやいや、それより前の織田信長はワインを飲んでたっていうから、きっとチーズだって。

実は日本人とチーズの出会いは、それよりず~っと昔の奈良時代!

どうも奈良とチーズは結びつきませんが、当時の日本の首都は奈良の飛鳥。

ここには多くの渡来人がやってきてその時にチーズの製法も伝わったとか。

asknsi.jpg

そして奈良県にある西井牧場さんでは、当時のレシピで現代に再現した古代チーズ
「 飛鳥の蘇 」 を製造販売しています。

蘇というのは、当時は薬として高貴な位の人たちに重用されていました。

また、蘇は大変貴重なもので庶民がとうてい口に出来るような代物ではなかったそうです。
ちなみに現代の 「 飛鳥の蘇 」 の価格は1000円で庶民でも十分手の届く価格。



asknsn.jpg

紙袋を開けると手のひらサイズの格式高そうな箱が!

asnkanss.jpg

箱を開けると、今度は、紙に包まれてる!

なかなか焦らします 笑

askansty.jpg

そして、やっと姿を見せた、これが蘇!

時を経て、いざ庶民マヤリモの口へ!

まわりはサクサクとした歯触り。

現代のチーズとは、まるで別物!

例えるなら、お土産売り場でよく見かけるミルクケーキのような味わい。

古代に想いをはせ食べてみるのもオツなもんです。

ちなみにこの蘇をもっと熟成、加工したものが、醍醐と呼ばれるものに。

この上ない味という意味の醍醐味の語源ともなった醍醐。
ぜひこちらも再現してもらいたいな~。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは
蘇ですか~
かなり昔にタイムトラベルした感じですね~
奈良のお土産としてあるんですか!?
娘の修学旅行のお土産に頼んでみようかな(^^)

こんばんは!

夜分、すみません。
「 飛鳥の蘇 」ですか。余りにも美味しそうなもので
つい、書いてしまいました(^_^;

マヤリモさんのお口に入った途端、古代の味から
現代の味に変わった瞬間でしたね!
サクサクしたミルクケーキですか、う~ん良いですね♪
食べてみたくなりました(^o^)v

初めまして

昨日はお立ち寄りの上にコメントをくださいましてありがとうございました。

以前、浴びるようにワインを呑んでいて、栓のコルクを使って
壁飾りの額を幾点も作っていたほど・・・。
最近は加齢とともにアルコール類を呑めなくなってしまい
一本を空けられないので余程の機会でもない限りはワインを口にしていなくて・・・。

ご紹介の飛鳥のチーズを肴にワインを呑みたくなりましたよ。

No title

おはようございます マヤリモさん
「蘇」以前から気にはなっていたのですが
飛鳥に行った時に手にはしたけど、
チーズと同じと思うと「ミモレット」を選ぶ
我が家でした
古代へのロマンが欠けていましたね(笑)

Bigサオリン さんへ

Bigサオリンさん、こんばんは!

飛鳥の蘇、「メチャクチャ美味しい!」と言うほどではないですけど(笑)話のタネにはなりますね。家族でワイワイ食べました。

奈良駅近くの三条通りにある「JAなら」のアンテナショップで購入可能ですよ。ただ事前に予約が必要とのコトです。一個から予約可能です。

やまざくら さんへ

やまざくら さん、こんばんは!

飛鳥の蘇、古代史好きの方へのお土産にしたら、メチャクチャ喜ばれるかと思います。
ただ、私の周りをかなり見渡しても、古代史好きと言う人は、誰一人としていませんが・・・笑

しみじみとした味わいでした 笑


Saas-Feeの風 さんへ

Saas-Feeの風 さん、こんばんは!
こちらこそ、コメントありがとうございます!

コルク栓の壁飾りとは、よくお店で見かけるヤツですね!?
それはスゴイ!

実は、私、飛鳥の蘇に合わせるお酒をやはり奈良の街で見つけたのです!
それについては、後日、アップさせていただきますね。

お暇でしたら、また見に来てやってくださ〜い。

ヨッシィー さんへ

ヨッシィー さん、こんばんは!

ヨッシィー さん、飛鳥の蘇をご存知でしたか!!

ミモレットを選ぶとは、ヨッシィー さん、チーズ好きなんですね〜。もしも、また機会があったら是非、飛鳥の蘇も試してみてください!
ただ、チーズだと思って食べてしまうと、優しい味に、かなり拍子抜けしてしまうかもしれません 笑
古代の人にとっては斬新な味だったのでしょうけど。
いかに現代人が濃い味付けの物に慣れすぎているかってコトでもあるんでしょうね。


マヤリモさんへ

いつもご訪問、ありがとうございます☆
マヤリモさんが『そそられるます』と仰ってた
私のブログのタイトルですが・・・
実はこの度変更しちゃいました!ごめんなさい(^^;
新しいタイトルは「セピア色の風」です♪
これからもどうぞ宜しくお願いします(^_^)
お知らせでした!

No title

おお、歴史を感じるものですね。
私も味わってみたいものですよ。

美味しそうですねぇ(☆▽☆)

奈良→飛鳥汁 くらいしか思いつきませんが
こんな美味しそうなものまで再現されているんですねぇ♪

蘇 と醍醐・・・・
蘇我氏と醍醐天皇が美味しそうに思えてきました(>▽<)

やまざくら さんへ

やまざくら さん、こんばんは!

なんと! タイトル変更!? 笑
でも、「セピア色の風」、こちらも素敵なタイトルじゃないですか〜。
また、お邪魔させていただきますね〜!!

ジャム さんへ

ジャム さん、こんばんは!

確かに歴史を感じさせる味!
でも、前情報がなければ、「何だこれ?」なんて思われそうな味でもあります 笑

ジャムさんも、奈良公演のおりは、話のタネに是非!

いもコン さんへ

いもコン さん、こんばんは!

飛鳥汁??
初めて聞きます!!
名前からでは、どんな鍋か想像もつきませんが、やっぱり再現料理なんでしょうか? あとで調べてみたいと思います!

蘇我氏と醍醐天皇!!
面白いっ!! 笑

No title

こんばんは!

ご無沙汰しています。
「蘇」ってもしかして「軟蘇の法」の蘇なのかな?
大昔、薬として用いられた蘇という食べ物をイメージした
健康法というか瞑想法というか・・・。
それはとろーりとした「蘇」をイメージして、体に蘇が溶け込んで
疲れを癒していくと想像していくものなのですが、しばらくやって
いました(笑)。

機会があったら食べてみたいです。
興味があります。

No title

こんばんは!

「軟蘇の法」とは初めて聞きました。

食べ物をイメージした健康法?
とろーりとした蘇が体に溶け込んで・・・?

私は、「 軟蘇の法 」 に興味が湧きました!
調べてみますね。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR