思い出のラーメンを求めて (3)

177.jpg

両国橋のあたりは当時「江戸一番の繁華街」とも言える町だったそうです。その両国橋のすぐそばに「ももんじや」というお店があります。ももんじとは「百獣」と書きます。つまり獣類のこと。江戸時代は四つ足の動物を食べることは禁じられていたんですが猪などは「山くじら」として食べられていたそうでこの店も古くからやっているお店でランチでもと思いましたが・・・「今日は思い出のラーメン!」

185.jpg

ももんじやさんの先にあるのが「回向院」。1657年に起きた大火事の後に創建されました。

そしてここにはある意外な人物のお墓が・・・。誰かと言うと「ねずみ小僧さん」のお墓。「ねずみ小僧」のお墓には長年捕まらなかった彼の運にあやかろうと合格祈願に訪れる人も多いとか。みなさん墓石を削っていくそうですよ。ココには他に天狗党の乱で刑死した水戸藩士のお墓もあります。

さて、お次は忠臣蔵で有名な「吉良上野介」が住んでいた場所へ行って見ましょう。

199.jpg

ここが「吉良さん家」。ここのマンションの3階の角部屋に住んでいたんだそうです。って違う違う!ココは吉良邸跡!正確には正門跡。今は電柱の脇にひっそりと立て看板が立っているだけですね。吉良邸跡は別の場所にあったんですけど、それは帰って来てから気がついたので今回は寄れませんでした・・・。

200.jpg

吉良さん家から少し走ったトコに。勝海舟の生誕の地があります。現在は、両国公園という少し大きめの公園となっていて、立派な石碑が立っています。現地に着くと数名の「歴(熟)女」がガイド付きで散策をしていました。

実は最近僕が興味を持っているのが「勝海舟」。江戸っ子気質の言動がとても魅力的に感じてしまうんです。でもドラマなんかで彼の生涯を見たことはあるけど、書籍なんかは読んだことないんで、今度読んでみよう。

208.jpg

さて、それではこの辺で両国を離れ次は墨田区役所を目指しましょう!通りの名前は「北斎通り」さすが両国。吉良、海舟、北斎と江戸のビッグネームが次々出てきますね。では先を急ぎましょう。 (続)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR