思い出のラーメンを求めて、浅草へ! (1)

ダイエット中なのに?ダイエット中だから?無性に「油ギタギタラーメン」が食べたくなる今日この頃。

ギタラーメンと言えば、以前、勤めていた小岩の病院の近くに「弁慶」というラーメン屋さんがあり、先輩と夜な夜な通い詰めてのを思い出します。「弁慶のギタラーメンが食べたい!ラーメン回想法!でもまだあるかなぁ・・・」

ネットで調べると『閉店』の文字。でも「浅草に本店があった!」ダイエット中なので歴史散策も兼ね、ここはブロンプトンで!今回は一番の遠出になるかな~。でもこれでプラマイゼロ??

まずは第一京浜を品川方面へ。旧東海道のあたりに早速、史跡が・・・。

307.jpg

「鈴ヶ森刑場跡」です。ここは江戸時代、罪人の処刑を行っていた場所で、城南地区の人には「心霊スポット」としても有名ですよね。「この場所だけ木がうっそうと茂り薄暗く・・・」なんてよく言われますけど誇張しすぎですね。ただ火刑(火あぶり刑)や磔刑に使った石台を見ると少し緊張が走ります。

303.jpg

これがその石台。ここで生きたまま火あぶりにされたんですね。詳しい処刑の仕方は・・・のっけから寒くなってしまうのでしませんね。そして、この場所で処刑された人の中には「八百屋お七」という少女もいました。

お七とは14歳の八百屋の娘。自宅が火事にあい、駒込のお寺に避難します。そこで知り合ったお寺の小姓さんと恋をします。でも新しく家が建てられ二人は離れ離れに。「もう一度、火事にあえばまたあの人に会える・・・」そんな短絡的な考えに走ってしまったお七。再会を願って家に火をつけてしまいます。「恋は盲目ね」。

しかし放火は未遂に。でも当時、未遂でも放火なんて重罪。可哀そうにお七ちゃん、ここ鈴ヶ森で火炙りの刑に・・・。まさに燃えるような恋をしてしまいました。とさ。(合掌)

117.jpg


さぁ!気を取り直して先に進もう!鈴ヶ森から走ること5分弱。立会川に。

ちなみに立会川の由来はさっきの鈴ヶ森に連れて行かれる罪人とその家族が「立ち会えた最後の場所」からきている説が。架かっている橋は泪橋(現浜川橋)。

ここは10年ほど前は「ボラ大発生」で大騒ぎになった場所。でも今は龍馬で町おこし。なぜ龍馬?実はこの付近に土佐藩邸があり、近くの海上に黒船が現れた!当時19歳の龍馬が海岸警備に駆り出されたのがこの辺りだったんじゃないか?ってコトが由来。

だから商店街のキャラクターもこんな感じ・・・。

122.jpg

えっ!?コレ??う~ん、どうなんだろ・・・。あっ、でも立会川は大井競馬場の最寄駅だから龍馬と掛けて馬の顔か!なるほどね!でもコレはどうなんだろう・・・。

119.jpg

それでもちょっと先に行った駅前の公園には立派な龍馬像が!周囲の景観から少し「浮いてる感」は否めませんが。でも自宅から自転車でチョットのトコに龍馬の足跡があるのは嬉しい事です。ちなみに龍馬像の目の前は高校の友達の家。では龍馬さんを後にして先を急ごう!

でもやっぱあのキャラクターが気になるなぁ・・・。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR