江戸文化歴史検定!

edo 002


10月30日、江戸文化歴史検定を受験しに明治大学にやってきました!

実は去年も受験し辛酸をなめた検定であります。今回は地元商店街のハロウィンの仮装コンテストを蹴ってのエントリーなので是が非でも合格したいもんです。

ところで僕がなぜ江戸時代が好きになったかというと・・・。1年ほど前に職場でリハビリを担当していた100歳近いバアチャンとのおしゃべりで『アタシャ両親を早くに亡くしてバァサンに育てられたんだよ。バァサンは江戸の人だったから躾に厳しくてね~』なんて。「そうですよね~江戸の人は躾に・・・!?って、エッ!?ちょい!ちょい!ちょい!江戸の人!?」「江戸の何年生まれなの??」
『嘉永6年・・・』「おいおい1853年。ペリーが来た年だよ!」
「江戸の人と話たことある人とオレ今話してるよ~」なんて考えたらチョット不思議・・・。で、そっから「江戸時代の人の話し言葉ってどんな?」「何食ってたの?」「普段の生活は?」なんて疑問が次から次へと・・・。

で、まず始めに手に取ったのがこの本・・・

edojin.jpg

杉浦日向子さんが書いている「江戸入門書」的な本。堅っ苦しい本ではなくてホント楽しく読めて、疑問に思っていたコトが全て載ってる!今や僕の江戸に関するバイブルです。残念ながら著者の杉浦日向子さんは平成17年に亡くなってしまいましたが彼女の感性にとても魅かれるものがあって、ほとんどの著書は読み漁りましたよ。
ちなみに「博物学者」「小説家」「翻訳家」「妖怪学者」「タレント」などいくつもの肩書きを持つ荒俣宏さんは彼女の元夫です。江戸に少しでも興味のある人、お勧めです。時代小説好きの人にも時代背景がより分かって良いですよ。

で、江戸検の話。僕が受験した教室では6、7歳くらいの女の子から杖をついて今にもぶっ倒れそうな爺さんまで。以外に若い人も多くて色んな世代が多く集まってましたよ!肝心の試験の出来は、ボチボチですかね・・・。
まっ結果が良ければまたアップしますよ(笑)

それと友人から「4200円も受験料払って合格したら何かあるの?」と一言。「・・・・・・別に。」
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

ひさしぶり~

てやんでぃ
こちとら親子三代東京育ちの江戸っ子でぃ→土地は聞かんでくだせぇ

ってことで来年、お受験しようかしら…その先になにはなくとも!
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR