9番目 ウメ子のいない小田原城

GW 099

マヤリモ父さんと湘南ライドの最終目的地にした小田原城。
小田原城は、神奈川県の西部に位置し、北条5代の居城です。

城の背後には、天下の剣、箱根山がそびえ、城の前には相模湾が広がり
攻め手の侵攻を防ぎます。
そして小田原城最大の特徴は、豊臣軍に対抗するために築かれた広大な外郭です。
小田原の町の総延長9キロを土塁と空掘で取り囲んでいて後に秀吉が築いた大坂を
凌ぐ規模だというコトです。
町全体が城といった感じですね。

三代氏康の時代には、上杉謙信、武田信玄からの侵攻からも守り切り
難攻不落、無敵のお城と言われていました。
ちなみに上杉の軍勢は11万を超える軍勢であったそうです。

その後は、豊臣秀吉により数十万の大軍により攻撃されます。
城を大軍で包囲された北条軍は、抗戦か降伏かで論議が繰り返えしますが、
一向に結論がでませんでした。

ちなみに論議ばかりで結論が出ない会議などを小田原評定というのは、
ここから来ているんだとか。

結局3か月の籠城の末に降伏。

天守閣は、1703年の大地震で倒壊してしまいますが、1706年に再建。
明治3年の廃城まで小田原のシンボルとしてそびえていました。
現在の天守閣は、昭和35年に、市制20周年を記念して復興したもので、当時の引き図や模型を基に
鉄筋コンクリートで再建されました。

古文書によれば1634年に三代将軍徳川家光が天守閣に登り武具を見たり、展望を楽しんだという
記録が残っています。

天守閣からは、こんな景色が望めます。

GW 083

小田原駅に

GW 086

箱根の山

GW 091

そして相模湾です。

また天守閣を中心として整備されている小田原城址公園内には動物園があり、
1950年に来日したインドゾウのウメ子がいました。
残念ながら2009年に死んでしまいました。

GW 077

ウメ子のいない小田原城を訪れるのは初めてです。
小田原城と聞いてまっさきに思い出すのがウメ子の存在だったので、寂しいですね。

全盛期の86年にライオンやヒグマなど70種332頭に上った動物は、
現在ニホンザルのサル山だけになってしまいました。

GW 075

でも、そんな寂しさを打ち消すかのように、この日はお祭りで賑わいます。
実は、毎年5月3日は、北条五代を偲んで北条祭りが催されるのです。

GW 072

武者行列など、大変な盛り上がりをみせます。
実際のパレードでは、写真も撮れないほどの賑わいでした。

領民思いだったという北条家、今でも地元民から北条さんと慕われているようですね。

GW 118

GW 116

お祭りで賑わう駅から少し入った所に北条氏政・氏照のお墓がひっそりと立ちます。
歴史の敗者らしく簡素な作りですが、今でも地元民の姿を見守っているように思えます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。

小田原城は5月にお祭りがあるんですね。
それほど遠いわけではないのにあまり行ったことがないんですよ。
昨年食のイベントで行ったきりですかね。

あ、そういえば昔、万葉の湯に行ったときに武者行列が通るからって
母たちが外に出て見ていました。

インドゾウのウメコさんは長生きだったんですね。
私が行った時もおさるさんしかいなかったなあ。

北条氏のお墓は静かに見守っているんですね。
小田原城の敷地内にあるわけではないんですね。

mayukuma さんへ

こんばんは!

ピンクのカレーですね!
覚えてますよ~。

ウメ子は、60歳くらいまで生きたそうですよ。

北条氏没落後は、他家が小田原を治めていたため、簡素なものとなり、城内にも建立されなかったようですね。

栄枯盛衰のはかなさを感じちゃいます。

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR