日本史 ちょっとイイ話 (1)

お話の主役はこの人。誰かわかります?

徳川家茂

徳川14代将軍家茂公(失礼ながら以下「家茂さん」)でございます。

この家茂さん、漫画の「おーい竜馬」を読んだ方は知っていると思いますが、漫画の中ではとても優しそうで病弱に描かれています。実際の家茂さんも将軍就任前は動植物を可愛がるとても優しい少年だったらしいのです。(将軍に就任されてからは、それらの楽しみを捨てて英才教育に勤しんだとか)

さて、その家茂さんにまつわる、ちょっとイイ話です。

時は幕末、将軍である家茂さんには戸川播磨守安清(こちらも失礼ながら以下、「安爺」で)という70歳を過ぎた習字の先生がついていました。(先生っても家来です)

ある日、いつものように習い事をしていた二人ですが、突然、家茂さん何を思ったか、安爺の頭の上から墨を摺るための水をぶっかけた!(えっ!?マジで!?)

しかもその後、家茂さん「今日は終わり!続きは明日にしよう!」なんつって大笑いしながら部屋を出ちゃった!残された安爺さん泣いちゃってる・・・。(そりゃそうだよ。志村けんのバカ殿ですか!アナタは!)

まわりの人たちも「この大変な時期にこんな将軍で・・・戸川さんも大変ね~」なんて呆れてる。(確かにこんなバカ殿じゃあね)

でも、この安爺さんの涙は「嘆きの涙」ではなかったのです。実は安爺、お年のせいで、ちょっとした弾みで「おしっこ漏らっしゃった!」当時としては、将軍様の御前で「おしっこ漏らっしゃった」なんて一発レッド!厳罰は免れない!下手したら安爺、責任感じて切腹しちゃう???

で、その失態に気がついた家茂さん、すぐさま安爺に水をぶっかけて着物のシミをわからなくしようとしたのです。しかも「続きは明日=明日も来てくれよ」なんて、さりげなく「責任感じるな」なんて言っちゃう・・・。

そんな家茂さんの気持ちがわかったから安爺は泣いていたのです。「この涙はそんなもんじゃねー!」って。
ホント優しい将軍さん・・・こんな出来事が江戸時代末期にあったとさ。

どうですかみなさん!ちょっとイイ話でしょ?若いのになんて出来た人!!今まで僕が持っていた「徳川将軍像」を覆す、とても人間味あふれる素敵なエピソードだと思います。(戸川残花『幕末小史』より ちょっとマヤリモアレンジ)

ちなみに家茂さん将軍就任時は13歳!すごいっすよね!僕その年ごろは、駄菓子屋で買ったスモモ食いながら梅屋敷公園でBB弾で戦争ゴッコしてましたもん。

マラソン 115

追記:
家茂さんはいまはココ、増上寺の歴代霊廟に眠っています。しっかりお参りしてきました。(バカ殿なんていってゴメンなさい。日本の為にいろいろありがとうございました)

ちなみに家茂さんはお墓の発掘の際の調査では血液型はA型で、推定身長156.6cm。面長で鼻が高く、歯は反り歯だとのこと。(肖像画通り!)そして大のスイーツ好き!

勝海舟とは互いに信頼し合っていて(漫画でもそんな場面ありましたね。)家茂さんは「海のコトは勝に任せろ」と言っているし、海舟は家茂さんが亡くなった時に「徳川家、今日滅ぶ・・・」と日記を残し、後年家茂さんの名前が出る度に涙したとか・・・。ホントに魅力ある人物だったんですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR