5番目 近代城郭のパイオニア 安土城

IMGP6029.jpg

国宝・彦根城を後にして、ブロンプトンで彦根城の北に位置する琵琶湖にやってきました。

今回の旅行の目的は、100名城ともうひとつは、琵琶湖畔をブロンプトンで走るコト。

ってか、ホントの目的は、出張で会議に出るコトなんですけどね(笑)

それにしても、やはり琵琶湖は、広いな~!

ブロンプトンの敵である風も味方につけて、

IMGP6034.jpg

順調に次の目的地である安土城址にやって来ました。

安土城、言わずと知れた織田信長が築城したお城です。

IMGP6030.jpg

安土駅前には、第六天魔王、信長の像がそびえます。

IMGP6036.jpg

安土城址へは、安土駅から約2キロ。

入城料500円を支払って、大手道からいざ登城です。

石段の一段、一段が高くなっているのですが、これは、敵が攻めてきた時に
甲冑を着た状態で登りづらくするためだとか。

いや、甲冑を着てなくても登りづらかったですよ。
チンタラ登っていたので、世が世なら、完全に狙い撃ちされてましたね。

IMGP6037.jpg

石段を少し登ったところに羽柴秀吉の住居であったとされる場所があります。

IMGP6051.jpg

中腹の安土城二の丸には、信長公本廟があります。

お墓と言っても、信長の遺骸は見つからなかった為、
重臣、羽柴秀吉により、太刀、烏帽子などの遺品を埋葬されました。

IMGP6060.jpg

さぁ、この石段を登れば、天守閣です!

IMGP6067.jpg

残念ながら、安土城の天守閣は本能寺の変後に原因不明の火災で焼失しました。

当時は、礎石の上には、五層七階(地上6階地下1階)の大きな天守がそびえ、
宣教師ルイス・フロイスによれば、ヨーロッパにもあるとは思ないほどの壮大さであった
と言います。

高さ33メートルの木造高層建築は、当時、日本初のものだったそうです。

IMGP6063.jpg

天守址からの眺めです。

信長もきっとここから天下を見据えていたのでしょうね。

城めぐり、ついに戦国魔王、信長の城に来ることができました~!

さぁ~て、まだまだ行くぞ~。







スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは
いいですね~!!
安土城址 私の中で 一番 行ってみたいお城です。
テレビとか本の世界ですね~
次は どこのお城なのか 楽しみです。

Bigサオリン さんへ

おはようございます!

嬉しいコメントありがとうございま~す!

Bigサオリン さんもお城好きなんですね~。

平日だったので、天守跡には誰もいなかったのですが、
その分、静かにゆっくりと、絢爛豪華な天守閣を思う存分に妄想することができました(笑)


06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR