ブロンプトン日暮里を走る!

buro1 064

今日のブロンプトンは、荒川区日暮里を走ります。

蒲田からは22キロほど。

日暮里という町は、かつては、新堀(にいほり)という地名でしたが、江戸時代享保年間に、

「 一日中過ごしても飽きない里 」 という意味から、

「 日暮里(日暮らしの里) 」 の字が当てられ、1749年に正式な地名となりました。

室町時代の武将、太田道灌ゆかりの地でもあり、西日暮里のあたりの台地は、道灌山と呼ばれ、

江戸時代には眺めがよく筑波山や日光連山などが臨めたそうで、薬草や虫鳴きの名所でも知られていました。

buro1 017

駅前には躍動的な太田道灌の像が立っています。

buro1 015

現在では、繊維の町として、服地や織物などの問屋や格安の衣料品を扱うお店で賑わいます。

buro1 065

また、北口を降りてすぐの下御隠殿橋にはトレインミュージアムというコーナーがあります。

まぁ、何てコトはない、線路が見渡せるってだけなんですけどね(笑)

でも、鉄道好きにはたまりませんよ!

なんたって、14本の線路に20種類ほどの車両、1日2500本もの電車が行き交うんですから!

buro1 066

今日も鉄カップルや鉄親子が数組カメラを向けています。

buro1 067

僕も線路を覗きこむとタイミング良くフレッシュひたちのイエローを見るコトが出来ました!

buro1 080

そして、日暮里駅のビルの2階には駄菓子問屋の大屋商店さんがあります。

実はこの日暮里、以前は駄菓子問屋街があって、

最盛期には120軒ほどのお店で賑わっていたそうです。

現在は、駅前再開発に伴い2軒しか残っていないようです。

buro1 078

店内に入るとまさに駄菓子天国!

お子様、昇天必至!

駄菓子大好きマヤリモもテンション上がりまくり!

buro1 101

思わず大好きなスモモを大人買いしちゃいました!

さて、この後、ブロンプトンは、日暮里の名所を巡ります。(続)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

すももいっぱいですね!!

こんなに大量のすももははじめて見ました(☆▽☆)

ストローで汁を吸ってから蓋を開けても
いーっつも 赤い汁が服に飛び散って
母にブーブー言われてました!
姉が(>▽<)

食べるときは気をつけてくださいね(・▽・)

いもコン さんへ

おはようございます!

お姉さまの失敗を踏まえてのアドバイスありがとうございます!(笑)

私は、すももを食べた指で、兄のマンガを読み母印の様な染みを作ってしまい怒られたコトが何度もあります(笑)

カレーうどん同様、白い服は禁物ですね。

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR