桜咲く! 山梨石和 鳥勢

ウブッチ、ヨッチンとの男旅の夜。

IMGP5452.jpg

宿は素泊まりなので、夕食&呑みの店として選んだのが、こちらの 鳥勢 さん。

前情報なしなので、ちょっとドキドキでしたが、気さくなオヤジさんが出迎えてくれました。

isawa 012

とりあえず、ビールで乾杯!

つまみの方はどうする?

isawa 018

山梨と言えば、馬刺し でしょう!

山梨は日本でも有数の馬肉の産地なのです。

これがとてつもなく新鮮で、なおかつ安い!
結構なボリュウムで1000円。

もちろん、凍ったスライスじゃないですよ。

isawa 015

店のオヤジさんも馬刺しにはこだわっているようで、
厨房から肉の塊を持ってきて熱く語ってくれました

余計に美味く感じちゃって、あっという間に一皿ぺロッ!

モチロンお代りっ!

isawa 019

ついでに馬のモツ煮も!

牛・豚ほど臭みがなく、美味しいんですよ~。

こうなると、ビールよりも焼酎でしょ!

オヤジさんから薦められたのがこの焼酎。

isawa 028

マルスワインの芋焼酎 別撰熟成桜島

マルスと言えば、このお店に来る前に寄ったワイナリーですね。

ワイン会社の芋焼酎? なんて思ったら、オヤジさんの話によると、マルスワインの本坊酒造の本社は、鹿児島県で、洋酒製造の拠点として1960年に石和町に山梨マルスワイナリーを設立したんだそう。

isawa 023

薩摩焼の上絵を思わせる開封ラベルもオシャレですね~。

ロックで頂くと、口当たりまろやかで、するするイケちゃう。

そして、オヤジさんが持ってきてくれた専用グラスに注ぐと・・・

isawa 034

温度変化によって、桜の花びらが色づきます

桜肉に桜島焼酎、桜の花びらグラス。 季節外れの桜が今夜は咲き乱れます

そして、僕らは、思い出話や馬鹿話に花を咲かせ・・・。 (終)


< おまけ >

こちらのお店の名前は、「鳥勢」。 

名前のわりに馬肉の推しがグイグイでしたが、

isawa 022

焼き鳥の方も秀逸!

屋号にたがわぬ美味しさでした!

お店にはこんなメッセージも、

isawa 038

また是非、お邪魔したいお店でした。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

至福のひととき

店構えに惹かれ、入った店内は赤提灯ならではって感じのつくりでしたね!

旨い料理に旨い酒、そして気の合  う仲間と過ごす、贅沢な時間でした。

オヤジさんのインパクトもさることながら、馬刺最高~

さて、次は例の場所かな…?!

No title

こんばんは。

山梨は馬刺しが名物なんですか?
それにしてもおいしそうなものがいっぱいですね。
馬のモツは牛などより臭みがありそうな気がしますが
そうでもないのですね。

焼き鳥がこれまたいいですね。
私はお酒はやめたけど焼き鳥はやめてないので
週に1回は焼き鳥食べちゃいます。

最後の店主の感謝の言葉、いいですね。
この気持ちがますますお客様を寄せるのでしょうね。

ヨッチン さんへ

本当に楽しい夜でしたね。

その土地へ行ったなら、その土地のモノを楽しむ!
最高でしたね。

また行きたいですね~。

そう次は・・・ 石和温泉のランドマーク?

違う?

知ってる。 あのお寺でしょ。 やだな~。


mayukuma さんへ

なんで山梨は馬肉なんでしょうかね~。
長野県の南部の方も馬肉を食べる習慣が強くあるようなので、地理的にもその流れでしょうかね。

週1で焼き鳥とは、そうとう好きなんですね~(笑)。

でも鳥肉は、ヘルシーですからね。

オヤジさんのメッセージを見て、とても気持ち良く呑むコトができました。
チョットのコトで、お店の印象って変わりますよね~。
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR