いざ、鎌倉! (3)

さて、江の島での最終目的地、岩屋に着きました。

kamakura degi 112

ここは、岩場があり、釣り人や、日光浴をする人、磯遊びを楽しんでる子どもたち、と様々です。

kamakura degi 159

大きな潮溜まりが幾つもあって、取り残された魚やカニなどイロイロな生物を見つけるコトができます。

そして、こちらには、岩屋洞窟という観光スポットがあるのです。
第一岩屋、第二岩屋と長い歳月をかけて波の浸食で出来た洞窟です。

kamakura degi 130

入場料は500円。ロウソクを手渡され、太陽の光の届かない洞窟の奥まで進みます。

信仰の対象でもあったようで、弘法大師が訪れたり、源頼朝が先勝祈願に来たり、なんて言い伝えもあります。

洞窟の立ち入りできない、その先は富士山に通じているとか・・・。

kamakura degi 123

途中、石仏があったり

腰を屈めなくては歩けない場所もあります。

なんだか、ドラクエの世界みたい。
と思っていたら・・・

kamakura degi 136

ドラゴンが現れた! コマンド?

いや、今の僕らのレベルではかなわないので、逃げる!

ダダダッ!

回り込まれずに逃げるコトが出来ました!

その後も頭をぶつけないように第一岩屋の奥まで歩いて行くと・・・。

kamakura degi 128

ここが江の島神社発祥の地とされ、552年に鎮座されたそうです。
ここで、折り返しましょう。

kamakura degi 134

外に出ると太陽が眩しく感じます。

kamakura degi 151

海岸の波打ち際には、江の島から竜宮城に向かうウミガメに見える「 亀石 」があります。
自然に出来たものかと思いきや、人の手によって彫られたものだとか・・・
自然のものならすごく神秘的に感じたんですけどね〜。

kamakura degi 181

さて、これで江の島の冒険は終わり、ここから、江の島に架かる橋まで渡し舟で帰りましょう!

kamakura degi 164

べんてん丸と言う乗り合い船。潮風がとても気持ちイイ!

この後、藤沢を目指すんですが、江の島から電車に乗るのではなく、ひとつ鎌倉寄りの腰越駅まで歩きます。

僕は、この江の島駅、腰越駅間の通りの感じが好きなんです。

kamakura 001

電柱には、こんな注意書きが・・・

kamakura 006

そして、なんの仕切りもない道路を江ノ電が走ります。 チンチン電車みたいでしょ?

関東でも、こんな風景は今や珍しい物となりましたね。

この後、腰越駅から藤沢へ。 そして、七里ヶ浜で途中下車し遅めのランチを食べ、再び鎌倉駅に戻り、遅くまで飲んで、鎌倉・湘南散策はおしまい。

久しぶりに江ノ電での散策、楽しかったね。(終)

< おまけ >

kamakura degi 008

今回、購入したフリー切符で二人で1140円お得でした!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

電車と何にも仕切りがないってすごいですね(>▽<)

ゆっくり走行の中居眠りしたら気持ちよさそうです♪

いもコン さんへ

おはようございます。

以前、免許を取り立てで、この道路を走ったら、後ろから

電車が来て、すごく焦りました!(笑)

ただ、横に外れればイイだけなんですけどね~。(笑)

No title

こんばんは。
江ノ島の岩屋ってまだ行ったことありませんが
ちょっと怖い感じですかね?
でも「富士山に続いている」と言われているだけあって神秘的ですね。
江ノ電は昨年秋にひとりで乗りに行ったなあ…。
私は江ノ電の駅で買える江ノ電の小銭入れを愛用しています。
最近は忙しくて・・・鎌倉もハスがもう咲いているでしょうから
早くいってみたいなあと思います。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR