ブロンプトン湘南を走る! (1)

さて、昨日の赤城の疲れも特になく、今日は夫婦でブロンプトン。
大きな目的は特になく、とりあえず湘南の海沿いを走ってみよう。

蒲田から大船までは、京浜東北線で移動。

iroiro 189

大船からはブロンプトンで、まずは鎌倉の八幡宮を目指しましょうか。

iroiro 190

鎌倉に向かう道路はかなりの渋滞。 でもこんな時、自転車だと車の横をスイスイ!

iroiro 198

八幡宮に向かう途中、僕の好きなお寺、円応寺へ。

閻魔堂という名の方が通りがイイですかね。

iroiro 196

お堂の中は、撮影禁止なんですけど、運慶作とも言われている閻魔様が睨みを利かせ、
周囲には地獄に落ちた人を取り調べる十王像の視線を浴びます。

亡くなってからの初七日、四十九日などが、地獄での取り調べ等に由来しているコトなど、
勉強(?)になります。

そして、何よりビックラこいたのが、閻魔様の存在。

閻魔様って、人を地獄に落とす無慈悲な恐ろしい存在ってイメージ。

でも閻魔様って実は、お地蔵さんの化身。

しかも 「人を裁き苦しみを与える」 って行為は、あの世では罪とみなされ、日に三度、普段は閻魔様に仕える鬼たちが閻魔様を捕え、熱くドロドロに溶けた銅を口に流し込まれるんですって。

エッ! 閻魔様も拷問受けてたの!?

そう。 そして、その拷問は、どんな亡者のそれより苦しいものだとか・・・。

だから、顎から下が溶け、胸とくっついてしまっている閻魔様の像が多いのは、この為だとも言われているし、怖い顔をしているのは、早く罪を自白させて極楽で楽にさせてやりたい。って心の現れなんだとか。

全ての亡者の罪を許して極楽行きを命じれば、閻魔様自身も苦しい刑を受けなくても済む、というコトは閻魔様が一番良く知っているコト。 しかし、それでは何の解決にもならない・・・。

・・・閻魔様って慈悲深い、優しいお人じゃない! 初めてここに来た時から見る目変わっちゃった。

詳しくは、是非、お堂に足を運んでみてください。 

小さなお堂ですが、いつ行っても静かに拝観
できると思います。(GWでも空いてます)

そして、僕らは、鎌倉八幡宮へ!

あの銀杏の木は元気かな? (続)






スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR