FC2ブログ

14番目 斜めの不思議 首里城

IMGP6486.jpg

平成25年6月27日に、しーちゃんとお腹の中のはな と沖縄県の首里城に訪れました。
日本百名城の中で最南端の城です。

IMGP6522.jpg

首里城と言えば守礼門!

そう言えば2千円札にも描かれているんですよね。
今はほとんど見かけなくなってしまいました。
( ところで2千円札の肖像画は誰だっけ? )

IMGP6485.jpg

その守礼門をくぐり先に進むと歓会門が現れます。

首里城の城郭に入る第一の正門で、中国皇帝の使者などを歓迎するという意味で
この名が付けられました。

1500年前後の創建ですが、沖縄戦にて消失。
1974年に復元されました。

IMGP6484.jpg

歓迎門をくぐり歩いて行くと右手に瑞泉門が見えてきます。

「 瑞泉 」 とは 「 めでたい泉 」 の意味で門の手前にある湧水にちなんで
名付けられました。

その後、バリアフリーの順路にて首里城の正殿にやって来ました。

IMGP6519.jpg

首里城正殿の前の広場は御庭 ( うなー ) と呼ばれ、琉球王国時代にはここで国王の即位式や
祭祀などが行われていました。

真ん中には、国王や中国の使者しか通る事の出来ない浮道と呼ばれる道が入口から続いているのですが、
この浮道、正殿からまっすぐ伸びていないんです。
斜めに整備されてます。

何故、あえて斜めにしてあるのか?

「 浮道の延長線上には、琉球の神話で天上の神が最初に降りた言われる
首里森御嶽と呼ばれる聖地がある 」
とも言われていますが、いまだ真相は謎に包まれてます。

IMGP6501.jpg

正殿に入ると国王が座る豪華な玉座が再現されていたり、

IMGP6506.jpg

当時の儀式などを再現したミニチュアなど資料が展示されてます。

今回は、しーちゃんが休憩所で待機しているのでザァーッとの見物。
今度、一緒にゆっくり巡ろうね!

さて、お腹も空いたしお昼ご飯でも食べに行こう!
スポンサーサイト



01 | 2014/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR