FC2ブログ

八王子 金華あなご

なおきんぐ さん と八王子城を満喫した後は、お約束のご当地ランチです。

さて、八王子と言えば、なんでしょうか?

う~ん。いまいち思いつかないなぁ。

と言う訳で、特に八王子の名物って訳では、ないですけど、

僕が以前から気になっていたお店へGO!

boruda 071

金華あなご さんです。

穴子の専門店なんてのは、都内ではなかなか珍しいでしょ?

僕らの住む蒲田も羽田が近くて、穴子の天ぷらや寿司を出すお店はあるけど、

穴子専門ってのはないもんな~。

穴子好きにとっては、とっても気になるお店です。

こじんまりとしたお店はカウンター席のみで、鰻の寝床ならぬ穴子の寝床。

7席しかない席で先客がすでに5名。 ラッキー! ちょうど二人分空いてたよ!

そして、僕らが入った後、すぐに6名の待ちとなりました。
人気店なんですね~。

boruda 057

山城を登った喉をビールで潤した後は、しばし冷酒で穴子ちゃんの登場を待ちます。

これって鰻を待つ感じに似てますね~。

こちらの売りは、穴子重なんですけど、

酒飲みの僕らは、すぐに重には行かずに、おつまみを。

boruda 058

まずは、穴子と生ハム。

お好みで生ハムを巻いて召し上がってください。なんて言われたけど、

うん! 別々の方が美味い!(笑)
なぜ生ハムなんだろう(笑)

次は、ミニ穴子鍋。

boruda 060

味付けは、バター醤油。穴子の身がふっくらしてますね~。

日本酒五合で程良く気持ち良くなったところで

おもむろに穴子重を注文。

タレと白焼きの二種類があるので、ひとつずつ注文。

boruda 061

まずは、卓上に急須とぐい呑みがやってきます。

これは、穴子の骨だしで、まずは、そのままお吸い物代わりに頂いて、
穴子重を食べ進めたら、添えつけの茶碗によそって出汁を掛けて頂くんです。

香ばしい骨と鰹だしが良いお味です。

boruda 062

boruda 063

さて、そうこうしているうちに穴子重がやって来ました。

boruda 065

せっかくなのでトップ交換で二色重にしました。
白焼きの方は、ストレートに穴子を感じられますね。
タレの方は、甘くなく、さっぱりと頂けます!

boruda 067

そして、先ほどの骨出汁をかけて〆です!

八王子の穴子重、とても美味しく頂きました!

< おまけ >

気になるお店の名前、金華。

実は、以前は、宮城県の金華山の穴子を使用していたそうですが、
震災の影響で、今は、別の産地の穴子を使っているようです。
スポンサーサイト



06 | 2013/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR