FC2ブログ

男三人旅 宮城 (石巻・再会)

miyagi 166

僕らが泊まったホテル。地下、一階部分が津波の被害に遭われたそうですが、頑張って営業中!

miyagi 170

全室オーシャンビューで

miyagi 178

部屋の前には沢山のカモメが遊びに来ます。この日の海はとても穏やかでした。

miyagi 251

最終日、チェックアウト後、災害対策庁舎へ行きお線香を。
ギリギリまで非難を呼びかける放送をした女性がいた、あの場所です。

miyagi 257

南三陸を離れる前に高台に上がり町を見下ろします。
アスファルトも線路も波に剥ぎ取られ、町の区画も分からない。

それでも、ここには人々の暮らしがあったんですね・・・。

そして、石巻へ向かいます。

miyagi 296


石巻では、リハ学校のクラスメイト二人と再会しました。

ひとりはエミちゃん。

僕らの妹分的な存在で、震災後すぐに出産してお母さんになったのです。
子供たちが大きくなる頃、被災地はどんな素敵な街に生まれ変わっているかな。

そして、もうひとりは、ゴウ君。

大船渡にいた彼は、「津波にのまれたけど運良く雑居ビルの3階部分にしがみ付き生き延びた」
「運と体力が生死を分けた」 と話していました。

そして、今回は会えませんでしたが、石巻には十代の頃にお世話になった先輩がいるんです。
震災後、電話で話すと 「手を振りながら流れるを人と何人も見た。地獄だぞ」 と言ってました。

そして、「生き延びたというコト、これは神様が俺に何かをしろ!と言っているのかも」 とも。
ケイタ君も同じようなコトをカッコつけて、言っていたけど・・・。

大丈夫、そんな使命感を持たなくても。神様は、お二人には何の期待もしていませんよ(笑)
普通に生きて、生活できていればイイんですよ。

今回の旅行では、被災地の悲惨さを目の当たりにしましたが、復興に向けての力を感じるコトもでき、
石巻では友人と再会するコトもできました。

この先、被災地が新しく、再生していく過程を楽しみに、また訪れたいと思います。
そして、笑顔で満ち溢れる素敵な町となりますように。 (終)






スポンサーサイト



02 | 2012/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR