にんにくガツンと、上田のおいだれ丼

信州上田のご当地グルメに「 美味だれ焼き鳥 」 なるものがあります。

すりおろしたニンニクが入った醤油ベースのタレの焼き鳥で、昭和30年代に上田市内の焼き鳥店で考案され、市内のお店や家庭に広まったそうです。

上田地方の方言で親しい仲間に使う愛称の 「 おいだれ 」 、「 美味しいタレ 」 、後からかける 「 追いダレ 」 の3つの意味をとっているんだって。

knbned.jpg

上田市内にランチタイムで、その焼き鳥を丼にした 「 美味いだれ丼 」 が食べられるお店もあったのですが、混んでいたこともあって断念。

でも、その後、たまたま立ち寄ったコンビニでお弁当で発見!

ラッキー!!

・・・とは言え、コンビニ弁当だからな~。

kroisy.jpg

な~んて思いつつ一口食べたら、これが予想以上にウマイ!

にんにくベースのタレがガツンときます。

いや、まさにタレが美味!

tgmyki.jpg

お弁当なので、上田市よりも北上して、桜満開の戸倉でお花見をしながら頂くこともできました!

でも、これ、ビールにピッタリ合うだろうな~。

次回は、電車か泊りがけで、やっぱり店で食べてやる!

と、ひそかに思うマヤリモなのでした。



スポンサーサイト

岡山ラーメン

早朝から鬼ノ城を訪れた後、岡山名物巡り。

鰆丼にデミカツ丼、、、

そして、〆は岡山ラーメン!

完全にリミッターが外れてしまった(笑)

ktsbtb.jpg

訪れたお店は、岡山におけるラーメンの発祥のお店とされている浅月さん。

hokymr.jpg

こちらの名物メニューのひとつにラーメンの上にトンカツをのせた 「 勝ラーメン 」 なんていう高カロリーメニューがありますが・・・

流石に、そんなん食べたらお腹が弾けてしまうので、ここは至ってノーマルのラーメンを注文。

okymma.jpg

スープは和歌山ラーメンを思わせるような独特な物で、関東ではあまりないタイプでクセになりそう。

麺を持ち上げ、箸を止めたらダメだ!って覚悟でズルズル。

途中からチャレンジメニューに挑戦している様な気持ちになりましたが、何とか完食!

腹10分目の状態からでも美味しく頂けました!(笑)

さぁ~て、次は何を食べようかな・・・(ウソウソ)

この後は、会議のために新大阪へ!




岡山デミカツ丼

dmkskit.jpg

鰆丼の竹浜からの岡山グルメはしご。

続いては、こちらの野村さん。

竹浜さんとは、対照的になかなかコジャレタ店構え(失礼)

こちらで頂くのは・・・

okydmk.jpg

ジャーン!!

デミカツ丼で~す!

岡山でカツ丼と言ったら、デミグラスソースがかかったデミカツ丼を指すと言われるくらい一般的。

そして、こちらの野村さんは、昭和6年の創業時にデミカツ丼を提供した、デミカツ丼発祥のお店なんだとか。

観光客風の方から、地元の人っぽい作業服の方で店内は賑わってました。

lknydmd.jpg

カツはチョイ薄目。

でも、丼の場合は、これくらいの厚さがベストなんだよね。

半分をビールのお供でいただいて、残りはご飯も頬張ってガッツク!

サクサク衣とまったりソースで美味しく頂きました!!

さぁ~て、この後は・・・(え?まさか?)


さわら丼

鬼ヶ島ならぬ、鬼ノ城に鬼退治に行った帰り。いや、退治は別にしてないか(笑)

まぁ、その城巡りから岡山駅に帰って来ました。

tkhms.jpg

で、訪れたお店が、こちらの竹浜さん。

渋めの店構えだが、店内もかなり渋かった!(笑)

kdrwsa.jpg

ここで頂くのは、鰆!

魚へんに春と書いて鰆。

瀬戸内の春を感じましょう!

okywswo.jpg

関東で鰆といったら西京漬けとかが一般的だけど、この辺りじゃ生で食べるんだね。

その鰆の刺身を丼にした鰆丼。

生の鰆は初めてだったけど、もっちりとした歯ごたえで美味しい。

okyswh.jpg

「 半分くらい食べたら声かけて~ 」 と女将さんに言われた通り、きっちり半分食べたら・・・

okymwsra.jpg

そこに出し汁をかけてサラサラと。

ほどよく脂が抜けたレア状態の鰆も美味しく頂きました!

ご馳走様でした!

でもでも、鬼ノ城へ登ったカロリーは、これだけじゃ補充できないよ!

岡山の名店、もう一軒行こう!もう一軒!



わらじや さんの うぞうすい

wrjy.jpg

京都観光で食いしん坊三人がお昼で立ち寄ったお店。

わらじ屋さん。

こちらは、カツさんのお勧めのお店で、名物、鰻の雑炊、「 うぞうすい 」 を頂きます。

このお店のメニューは、うぞうすいのみ!

そして、驚くべきはお店の歴史。 なんと!創業400年以上!

名前の由来は、豊臣秀吉がここで昔、わらじを脱いだから、だとか。

さすが京都、歴史が深い!

wrjy7.jpg

案内されたのは、中庭に面した個室。

京都で食事をしてる!って雰囲気で期待も高まりますね~。

wrjy2.jpg

席に着くとまずは、お抹茶が出せれます。

これも京都らしい。

でも、酒飲みのカツさんと僕は、早々にビール、日本酒に切り替え!(笑)

wrjy3.jpg

先付で杯を重ねていると、やってきました!

うぞうすい! でも、まだご飯は入っていない。

まずは、鰻鍋を頂いて、その後にうぞうすいが供されるっていうのがスタイル。

具材は、ぶつ切りの鰻にネギ、麩など至ってシンプル。

シンプルだけど、これがウマイ!

特に、出汁がベラボーにウマイ!

wrjy4.jpg

鍋を汁まで完食した後、一旦下げられ、今度は、いよいよ、うぞうすい!

wrjy5.jpg

先ほどの出汁がベースだからこれも上品で優しい味。

雑炊を食べるのに、こんなにゆっくり集中したコトはなかったな~(笑)

wrjy6.jpg

カツさんのお陰で、思い出にも残る美味しい出会いとなりました!

ご馳走様でした~!


06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR