FC2ブログ

軽キャンで日本海の幸を食らう!

新潟での宿泊地は、新潟県最北の市、村上です!

そして、この旅の最後の夜!

さぁ~て、何を食べようか~!

って、もう朝から決まってたんです。

nigt194.jpg

実は、今朝、寺泊に寄った時に朝御飯ついでに、夕食の食材も調達しておいたんだよね!

マヤリモ、市場系大好きだから、超ノリノリでお買い物しちゃいましたよ~。

nigt193.jpg

まずは、日本海を代表する高級魚、しーちゃんも大好き、のどくろ!

小ぶりではあるけど、僕的にはこのサイズが欲しかった!
今夜の料理には、このサイズがベスト!

ngtte1.jpg

そして、コイツも新潟を代表する海の幸の代表格、南蛮海老!

一般的には甘エビと呼ばれる小型のエビ。

コイツがまた思い出のエビでね~。

子供の頃は、甘エビといえば新潟で食べる、この南蛮エビ。

呑兵衛のオジサンから、 「 頭のミソが旨いんだぞ! 」 なんて言われ、チュッチュッ吸ってたもんですよ。
子供ながらにウマイな~と感動を覚えたものでした。

そして、時が経ち、大人になったマヤリモ少年、居酒屋で
尾頭付きの甘エビを頼んで、頭をないがしろにしちゃう友人に
「 もったいね~な~ 」 って、オジサンよろしく 「 甘エビは、この頭のミソが・・・ 」
チュッ!っとやった瞬間、どぶ水の様な強烈な液体が口の中に飛び込んできた!

今までの人生で、あれほどキツイ液体はそうそう口にしてないよ!

だから、今回もチュッチュッするのは、ちょっとビビリながら・・・

でも、大丈夫でした!

いや、大丈夫どころじゃない!子供の頃と同様、最高の南蛮エビでしたよ!

やっぱ、こういうのは、新鮮が一番! 地元で味わうのが一番!

よく、海産に恵まれた土地出身の人が東京に来て、魚介類にガッカリするって聞くけど、
分かる気がするよ。
まぁ、最近は、流通も発達して昔ほどではないだろうけどね。

nigtr192.jpg

そんな最高の南蛮エビと のどぐろ、そして鍋に入れやすいサイズの卵を抱えた紅ズワイガニのメスを5、6杯。
野菜は、あえて白菜と長ネギだけ。
味付けも、極力、素材を味わえるように味噌を薄~く仕立てたのが今夜の夕食!

グツグツ、グツグツ。
キャンピングカー中に日本海の海香が漂います。

ngter192.jpg

よそってみると、こんな感じ。

見た目なんかイマイチだな(笑)

でも、しーちゃんいわく、今まで食べた鍋料理で一番!!だって。

またぁ~、それは言い過ぎだで~。

なんて、僕も一口・・・

ブゥオォッフォ! すっげ~! マジうめ~!!!!!!

口の中で日本海が溢れた!!(笑)

knkn191.jpg

でも、今夜は、鍋だけじゃない!

こちらも新潟名物、ベニズワイガニ!!

はな、初めて見る、まんまのカニにビックリ!!

knkn192.jpg

はな が知っている 「 カニ 」 といえば、「 カニカマ 」 のコト(笑)

だから、本物のカニがこんなだとは知らなかったし、

こんなのが 「 食べられるの~!? 」 って、怖怖モード。

そして、恐る恐る口にしたら・・・

knkn193.jpg

♪ティーティッティリ~♪

初めてのカニを口にして、この表情。

その後、年末、お正月と、特別感をイイことに、 「 カニ!カニ! 」 と・・・。

どうやら、はな、この旅行で、 「 禁断の味 」 を知ってしまったようだ(笑)

カニカマは、カニカマで、僕は好きだけどね(笑)


スポンサーサイト



新潟バスセンターグルメ②

バスセンターの屋上は広場になっていて、ここに、レインボータワーというものがあったんです。
展望台がゆっくりと回って100メートルの高さまで昇り、新潟市内が360度見渡せるもので、僕もはなくらいの歳に従兄弟の兄ちゃんに連れてってもらったことがあるんです。

mkzk196.jpg

そのレインボータワーも2011年の東日本大震災の影響を受け、
しばらくの営業停止を経て2018年に解体撤去されてしまいました。

あれ、レインボー??

新潟に来てから沢山の虹を見て、かつての名所もレインボー、、、

新潟と虹、やっぱり何かあるのかな、、、

それはさておき、バスセンターには、カレーの他にも面白いご当地グルメがあるらしいので、行ってみましょう!

mkzk191.jpg

同じバスセンターの2階にある、 「 みかづき 」 さん。

軽食を扱うコチラのお店は、買い物途中の親子連れにカップル、サラリーマンや学校帰りの女子高生と、色んな世代の客層で賑わってました。

そんなお店で食べられる面白いものとは?

mkzi192.jpg

これ!

ん?トマトソースのパスタ??

いや、ソースの下は、パスタじゃなく焼きそば!

そう!これは、焼きそばの上にトマトソースをかけた、
「イタリアン」と呼ばれるもの。

mkzk193.jpg

他にもホワイトソースをかけた物もあり、せっかくだから両方頼んでみました!

さて、お味の方は?

mkzk194.jpg

はな、焼きそばとトマトソースのまさかのコラボに、しばしフリーズ(笑)

でも、見た目のインパクトの割には、意外にすんなり受け入れられます。

ただ、とびきり美味しいかと言われれば、正直そこまでではない(笑)

でも、そこが大事なトコだと思うんです。
地元に根付くソウルフードと呼ばれるものは、とびきり美味しい物より、
安価で親しみやすく飽きの来ない味の物が多いのだから。
あまりに美味し過ぎちゃうと県外にも出ちゃうからね(笑)

そのコトを踏まえると、このイタリアン、新潟の人たちにとってのソウルフードになるべくしてなった!
と言えるんじゃないかな。

子供の頃に食べたイタリアンを今度は自分の子供と、もしくは孫と一緒に食べたり。
はたまた、学校帰りの青春時代を思い出させてくれたりする味なんでしょうね。

そんな昔からの普段着感覚のご当地グルメがあるって、羨ましいな~。


新潟バスターミナルグルメ① 

寺泊から新潟市内へ!

今回の旅行の第一の目的は、母方の、「新潟のババ」やおじいちゃん、おじちゃん、おばちゃんのお墓参り。

そして、もう一つが・・・

bss191.jpg

新潟のバスセンターを訪れるコト!!

新潟市内は、新幹線が止まる新潟駅よりもこちらのバスセンターのある
「万代シティ」の方が賑やかなんですよね。

新潟のババの家には、新潟駅からバスに乗って、このバスセンターで一度、
乗り換えをするんです。

bstm192.jpg

バスの排気臭とエンジン音がこもる、ほの暗いターミナル。

懐かしいな~。

ここで、ババ達に会えるワクワク感を抱きながら母さんとバスを待っていたっけ。

僕にとって、バスセンターは、新潟での思い出を彩る風景の一つなんです。

そんな、バスターミナルが近々、リニューアルする、いや、ぼくとしては、「してしまう」
という情報を mayukumaさんのブログで知り、その前に、という思いでやってきたのです。

bstm191.jpg

新潟交通のバス。

そうそう、この配色! 

ある時、突然、屋根が赤くなっていたんですが、チョット調べてみたところ、

これは、日本海の夕日や昭和初期に走っていた「赤バス」をイメージしているんですって。

でも、この赤屋根、市民には、あまり評判がヨロシクないようで・・・

さて、思い出に浸っていたら、お腹が空いてきた。

実は、このバスセンターには、あるご当地グルメがあるんです。

bstm193.jpg

それが食べられるのが、この立ち食いそば屋さん。

名物とは、ここのお蕎麦!

bstm194.jpg

では、なく、カレー!!

カレーソースは、ご飯の右に注ぐか、左に注ぐか、地域によって異なるそうだけど、ここでは、ドバーっと上からご飯を覆い隠されてるタイプでした(笑)

バスセンターの外壁を彷彿とさせる黄色いカレー。

さしずめ、福神漬けの赤は、バスの赤屋根か(笑)

カレーは、口の中に絡みつくような、もったりとした食感。そして、やや辛口。

昔ながらのカレーといった感じで、店構えや周囲の環境ともベストマッチ!(笑)

そして、かなりの量(笑)

これ、改修されて小綺麗なお店になっちゃったりしたら、
このカレーの印象も変わっちゃうんじゃないかな?なんて。

バスセンターは、何度も利用していたけど、このお店を利用したのは初めて。

改修前に来れて良かったなぁ。情報をくださったmayukumaさん、ありがとうございました!

お陰様で、幼少の思い出に浸りながら、美味しいカレーを頂くことができました!


長岡のご当地ラーメン 青島食堂

aosm1.jpg

テツさん、マモさんとの長岡観光でのお昼は、こちらの青島食堂さん。

県内で知らない人はいないってくらいの有名店。

aosm5.jpg

食堂とありますが、ご飯ものは無く、ラーメンのみ!

そして、そのラーメンは、新潟三大ラーメンと言われるもの。

その特徴は、生姜が効いたスープで長岡系生姜ラーメンとも呼ばれているようです。

厨房は、活気にあふれ期待が膨らみます!

aosm2.jpg

そして、これが、長岡名物の生姜ラーメン。

昔ながらの醤油ラーメンって感じ。こういうの好きだな~。

生姜ラーメンというからには、ドギツイくらい生姜が効いてるのかな~と思いきや、

スープの味を邪魔しない絶妙な加減!

二日酔い気味のマモさんとともに 「これは沁みるね~」と癒されました。

もちろん、二日酔いの輩以外にも美味しく頂けますよ(笑)

店内もお年寄りから小さなお子さんまで沢山のお客さんで賑わっていました。

aosm3.jpg

麺もこのスープにピッタンコ!

いや~、久しぶりに旨いラーメンを食ったぞ~。

なんてたって、このラーメンを食べるのも今回の長岡観光の目的の一つでしたからね!

またいつか、もう一度食べたいな~。

なんて、思ったら、こちらの青島食堂さん、秋葉原に支店が・・・。

え?あるの?東京に?

嬉しいような拍子抜けのような・・・。
でも、何だかんだで行きますよ、秋葉原支店(笑)


ビッグサイズの栃尾名物!

abrg3.jpg

テツさん家で一泊した後、やや遅めの朝食は、こちらの松兵衛さん。

油揚げ工場ではありますが、直売やイートインスペースもあるお店です。

abrg2.jpg

気さくなご主人が揚げるアツアツの油揚げを店内で頂くことが出来ます。

でも、油揚げが食事になるのか?

abrg1.jpg

心配ご無用!

栃尾名物の油揚げは、一般的に売られている油揚げとはチョット違う。

一瞬、これ厚揚げでしょ?って言いたくなるくらいの厚みと大きさ!

モーニングのトースト変わりくらいには十分なります。

最近では、東京の居酒屋さんなどでも、メニューにあったりする栃尾の油揚げですが、

揚げたては、やっぱり違う!

abrg5.jpg

外はサクサク、中はふわふわの油揚げには、スタンダードな長ネギ、刻み生姜の他に納豆味噌やつぶし梅など8種類の中から一つトッピングを選ぶことが出来ます。

付け合わせの豆腐も美味しかったな~。

モチロン、ビールに合わないワケがない!

朝からビールセットが注文できるってのは嬉しい限り!

きっと、ここのご主人、呑兵衛だぞ!(笑)

美味しく思い出に残る、「栃尾名物の油揚げ」ご馳走様でした~!




03 | 2020/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR