男三人旅 下野鉄道旅情編

2017年12月、毎年恒例のウブッチさん、オットさん、マヤリモによる男三人旅が決行されました!

今年はウブッチさんが幹事で、旅行先は栃木県です。

otk171.jpg

朝8:00 まずは東武鉄道で鬼怒川まで向かいます!

意外にもこの三人での電車旅は今回が初めてなんだよね。

otk172.jpg

鬼怒川に着いたのは10時頃。

鬼が怒る川と書いて 「 きぬがわ 」 なんともデンジャラスな地名で、駅前にもそれらしく 「 鬼怒太 」 なんて像が鎮座。

otk173.jpg

ここで、ウブッチの案内で鬼怒川ライン下りへ!

otk174.jpg

と、思ったら11月で営業終了! チ~ン!

まぁ営業していないのを知っていた上で、あえて見に行ったんですけどね。

なので、この後、以前は賑わいを見せていたものの現在かなり寂れてしまった温泉街をウブッチの案内でブラブラ。(温泉に入るワケでもなく)
その温泉街を奥へ奥へと行くと 「 寂れてる 」 を通り越して、廃墟と化した温泉宿もあったり・・・

人ともまったくすれ違うコトもないし!なんか心まで寂しくなってきちゃったよ! 
せめて人がいる駅に戻ろう!駅に!

otk175.jpg

というワケで、人恋しくなって戻ってきた鬼怒川駅前では転車台で皆の注目を浴びている 「 SL大樹 」 を見ました!

こういう光景はテレビでよく見るけど、実際に見るのは初めて!

otk176.jpg

無機質な鉄の塊が黒い煙を吹いて唸りを上げると、まるでSLが意思を持っているかのよう。

この姿を見るとトーマスや きかんしゃやえもん(これ知ってる人いるかな?) などSLを擬人化しちゃう感覚が分かるな~。

otk177.jpg

でも今回は、SLを見るだけではなく乗っちゃうんだって!

いいよ、いいよ!ウブッチ! さっきまでのテンションがV字回復したよ!(笑)

一度SLに乗ってみたかったんだよね!

レトロな客車にSl独特のリズム。 ガックン、ガックンとくる揺れも新鮮に感じます。

30分ちょっとのSL旅でしたが、いい経験ができました!

otk178.jpg

その後は、日光にやって来た男三人。

食事は予定していたお店とは違うお店にフラッと。

営業していないライン下り見物、ノリで決める昼食。 なんだか 「 モヤさま 」 チックになってきたね(笑)

otk179.jpg

日光名物の湯波を頂いた後、日光東照宮へ!

otk1710.jpg

修復されたばかりの陽明門。

「 日暮の門 」 とも呼ばれる豪華な門は何度見ても、その絢爛たる装飾に圧倒されます。

snz1827.jpg

一時、「 修復失敗 」 と話題になった三猿。

確かに真ん丸な目玉でしたが、思ったより 「 変 」 ではなかったな(笑)

otk1712.jpg

東照宮見物を終えて、日光駅に向かう途中、まさに 「 モヤさま的な自販機 」 が!!

ここは男らしく幹事のウブッチが千円投入!(半ば二人からの強制 笑)

何が当たるかな~(笑)

otk1711.jpg

帰りは東武鉄道 「けごん」の個室! これまた電車好きの僕としてはテンション上がっちゃう!

オットさんもムスコ君に自慢できたかな??

今回の男三人旅も好天に恵まれて楽しい時間を過ごすことが出来ました!
男三人旅で初めての鉄道旅も最高でした!
帰りの個室は快適すぎて、みんな寝ちゃったけどね(笑)

幹事のウブッチさん、お疲れ様でした~!

そういえば、さっきの自販機の商品は??

otk1713.jpg

「 巻くと裸に見えるモザイクバスタオル 」 ~!!

あ~、最後までモヤモヤするわ・・・。



スポンサーサイト

男三人旅 相州編! 晩秋の江の島・鎌倉を歩く

2016.12

今回で4回目の男三人旅。

ensod.jpg

今年はオットさんの企画で江の島・鎌倉旅。

小田急片瀬江ノ島駅で待ち合わせ。

江ノ電の駅から比べると派手ですね~。 竜宮城みたい。

izensme.jpg

まず一行は、江の島へ。

ensmdas.jpg

相模湾を一望、富士山も望める絶好のお店で朝食!

そしてここで、オットさんから突然、うぶっちさんと僕にサプライズプレゼント!

ybksp.jpg

ネーム&背番号入りのスポーツTシャツ!

画像では塗りつぶしちゃったけど、ネームと背番号は、オットさんが一つ一つアイロンをかけて付けてくれたんだって!

ネームをアーチ状にするのって、なかなか難しいんだよ。 いや~素晴らしい!

ちなみに背番号40は、僕らの年齢。

40歳を記念してのサプライズプレゼント!

しかも、僕らに気づかれぬよう、ずっと自分の服の中に隠し持っていたらしい(笑)

なんとも微笑ましい。 よい友を持ったな~。

bnssnkn.jpg

さて、サプライズ付きの朝食の後は、長谷寺へ。

「 あじさい寺 」 として有名なお寺ですが、この日は、楓が綺麗に紅葉していました。

ensmkrn.jpg

そして、振り返ると楓の赤から真っ青な海!

「 まさに風光明媚とはこのことだな~ 」 と思えた風景。

加えて、このお寺のご本尊である 通称 「長谷観音 」 の慈愛に満ちたご尊顔を拝し、とても癒されるスポットでした。

otksndd.jpg

そして、鎌倉と言えば、やっぱり大仏様!

観音様とはまた違ったドッシリとした頼れる感があります。

kcddro.jpg

お土産は、小町通りで。

ychcmn.jpg

小町通りを抜けて、最後の目的地、鶴岡八幡宮へお参り。

hcmich.jpg

銀杏の木もスクスク育っているようですね。

otkrknp.jpg

そして、最後はやっぱり、乾杯締め!

オットさん、お疲れさまでした! プレゼントもありがとう!

今年は、うぶっちさんの番だね!

楽しみにしてるよ~!!

< おまけ >

八幡宮でおみくじを引きました。

omkjmnd.jpg

なんと、オットさんが吉で、うぶっちさん、マヤリモの40歳コンビが揃って凶!!

まぁ、これは神様からの叱咤激励だとポジティブに受け止めましょうか (笑)


男三人旅! 武州編 小江戸川越 百撰巡行録 

さぁ、今年の男三人旅は、埼玉県は川越の日帰り旅です!

川越は、「 小江戸 川越 」として、埼玉県内では人気の観光地です。

まずは、川越城からスタート!

kwgsh.jpg

メンバーは、ウブさん、オットさん、マヤリモの三人。

今回の旅のテーマは、100選を巡る旅。

こちらの川越城は、日本の名城100選に名を連ねる名城!

ただ、マヤリモ、スタンプ帳を忘れるという痛恨のミス!
まぁ、また、近いうち来るとしよう。

気を取り直して、次の100選は、こちら!

kwksyy.jpg

菓子屋横丁。

こちらは、川越の街の一角に、昔懐かしい駄菓子屋さんが軒を連ねる川越の有名スポットで、

「かおり風景100選」に選ばれているとのコトですが・・・
繊細な香りなのか、鈍感な僕の臭覚では感じるコトは出来ませんでした(笑)

kwgyk.jpg

さて、川越といえば、サツマイモが有名なんです。

オットさんは、こちらで焼きいもを、僕は、菓子屋さんで干しいもを買ったんですが、
ウブさんは、何故か明石焼きを食べてました。

いるんですよね~。そういう人(笑)

獲れたての魚が食べられる漁港の食堂なんかで、ハンバーグを食べちゃうような(笑)
あっ! それ僕だ。あの時は、友人から非難ゴウゴウだったな〜(笑)

krdim.jpg

さて、お次の100選は、菓子屋横丁から小江戸と呼ばれる由来のひとつでもある蔵造りの街並みを歩きます。

kwggt.jpg

そして、三つ目、最後の100選、「 時の鐘 」に着きました。

川越のランドマーク的存在の、この時の鐘は、江戸時代初頭から城下町に時を告げてきました。
ちなみに、現在、建っているのは4代目だそう。

「 日本の音風景100選 」に認定されています。

ゴ~ン。ゴ~ン。(機械仕掛け)

さて、100選巡りは、これで終わりですが、我々の旅は、もう少し続きます。

kmmskg.jpg

川越で天保年間から続く、松本醤油店の醤油造りの見学に、
(オットさんいわく、こちらの香りを100選に認定した方が・・・)

kwgtan.jpg

ボランティアガイドさんと回った喜多院。
(僕もいつかは、あの赤いジャケットを!)

kwtbn.jpg

そして最後は、川越の居酒屋さんで、忘年会で旅の締め!

hgtms.jpg

さぁ、来年の男三人旅は、オットさん企画! 神奈川編?

今から楽しみにしてま~す!


男三人旅 房州編! 鋸山登山録(下山)

鋸山頂上に到着した後は、日本寺というお寺を目指します。

jyo.jpg

途中、採掘場に到着。
登山口近くで観た物よりスケールも切り出し方も大胆!

IMG_9916.jpg

採掘で使われていた作業車がそのまま取り残されていたり。

途中で行き止まりにぶち当たってしまったり・・・

da.jpg

まるでドラクエのダンジョン!

IMG_9896.jpg

「岩場の陰からモンスターが出てきそう!」
「奇跡の泉でMP回復したから大丈夫!」

IMG_9925.jpg

なんて、しばしオッサン三人でドラクエごっこをしてるうちに
目的の日本寺に着きました!

日本寺は725年、聖武天皇の勅詔を受け行基によって開かれた関東最古の勅願所です。

拝観料600円を支払って中に進むと・・・

se.jpg

いきなり出て来たのが、百尺観音!
その名の通り、100尺(約30メートル)の岩肌に刻まれた観音様です!

こちらの観音様は昭和41年に世界戦争の戦死者、交通事故の犠牲者の供養の為に
6年の歳月をかけ完成しました。

かなりのスケールでシルクロードの遺跡の様。

ウブに言わせると、「キン肉マンで出てくるヤツ」らしい。
今こうしてブログを書きながら考えてみたけど、やっぱり意味が分かりません(笑)

百尺観音の次はもうひとつの見どころ、断崖絶壁の最上部から付き出た岩の先端から、
100メートル下を覗き込む展望台、「 地獄のぞき 」!

j.jpg

実際に覗きこむより、覗いてる人を離れた場所から見る方が怖い(笑)

さて、この日本寺には他にも奈良の大仏さんを凌ぐ日本一大きな大仏さんなど見どころがあるのですが、
全部見て回るコースだと90分かかってしまうとのコト。

時間、というか体力の都合で今回は残念ながらパス!(笑)

IMG_9952.jpg

無数にある石仏を拝見しながら日本寺を後にしましょう!

日本寺を出て、「さぁ!頑張って下山だ!」 と思った矢先、ある誘惑が・・・

IMG_9959.jpg

そう! 下山はロープウェイを利用しちゃいました!(笑)
ちょうど、日本寺の出口にロープウェイ乗り場があったもので・・・。
流石は、浅く広い趣味(笑)

IMG_9963.jpg

3時間半かけて登った山を帰りはものの5分。
少しあっけなさを抱えたままの鋸山登山録、これにたお終いにございます(笑)

IMG_0106.jpg

でも、たわいもない馬鹿話をしながらのプチ登山とっても楽しかったよ!
2014年も暮れにきて、最高の思い出ができました!
二人に感謝です。

さて、男三人旅、次はどこで何をするのやら。(終)



男三人旅 房州編! 鋸山登山録(登山)

ウブ、オットさん、マヤリモのアラフォートリオによる男三人旅、2年前の山梨県石和温泉に続き、
今回は千葉県の内房にやってきました!

今回の旅のメインは鋸山登山!
登山と行っても鋸山は標高329メートルの低山です。
ロープウェイもあって山頂までは5分ほど。
それでも麓から登ってこそ見るコトの出来る物や絶景ポイントがあるんです。

まぁ、何はともあれ鋸山登山行ってきま~す!

sya.jpg

鋸山には、登山道が3つあって、僕らはその内のひとつ車力道というコースを行きます。
(オットさん写真提供ありがとう!)

IMG_9846.jpg

うっそうと茂った山道や

IMG_9845.jpg

切り通しを歩いたりします。

しばらく歩くと、まるで切り取られたかの様な岩壁が見えてきました。

IMG_9852.jpg

もちろんこれは、自然に出来た物ではなく人の手によってに切り取られたのです。

この鋸山は、正式名称は乾坤山(けんこんざん)と言い、房州石と呼ばれる良質な石の産地として江戸時代から採石が盛んに行われ、その石は横須賀軍港や靖国神社、早稲田大学の構内にも利用されてます。

IMG_9842.jpg

鋸山という名前も採石によって削られた山肌が鋸の歯の様に見えるコトからそう呼ばれてます。
僕らが登っている車力道は、その石を運ぶ為の山道だったのです。

IMG_9849.jpg

木々の間の山道を抜けると、高い昇りの石段が続きます。
これが結構辛い・・・。
それでも後ろを振り返れば眼下に東京湾!

東京湾には沢山の船が行き交います。あの中にケンちゃんの船もいるのかな〜なんて思いつつ眺めてました。

そして途中で立ち寄った展望台からは最高の見晴らし!!

IMG_9862.jpg

手前に東京湾と三浦半島、その先に相模湾、そして雄大な富士山を望む大絶景!!

きつい石段を登って来た甲斐がある風景だったね。

IMG_9887.jpg

展望台から暫く歩くと鋸山の頂上へ!
ちょっと低めですけど329メートル踏破!

でも鋸山の見どころはまだまだあります。

さぁ後半も頑張って行こう!(続く)
06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR