ピーナッツクリームの誘惑

ichi 013

PTのテツさんお勧めのピーナッツクリームです。

ピーナッツといえば、千葉の名産。

テツさんのお母様の実家が千葉の館山で、館山駅にある中村屋というパン屋さんで作られているものだそうです。

テツさんが言うには、

「 高カロリーだからハマってしまったら生活習慣病まっしぐらですよ(笑) 」

とのコト。

shimo 019

蓋を開けると、フワフワ感のあるホイップ状なんです。

まずは、そのまま食べてみると、僕の知っているピーナッツクリームとは一線を画し、

「 なんじゃ~! この美味さは~! 」と感動ものです!

ピーナッツの風味が豊かで何よりもホイップ状の食感がたまりませんね。

shimo 033

パンに 「これでもか!」 と、たっぷり載せて食べるのが美味しく食べるコツですかね。

このピーナッツクリームのためだけに館山まで行ってもイイかもと思えちゃう。

ヤバイ、ハマってしまった!

本当に食べやすいので、お腹周りが気になる僕にとっては、この誘惑は厳しいものがあります。

テツさん、とんでもないお勧め、恨みます(笑)

スポンサーサイト

すもも

ブロンプトンで日暮里周辺をポタリングした時に大屋商店さんという駄菓子屋さんで買ったすももです。

buro1 101

僕が子供のころから好きな駄菓子のひとつです。

子供の頃は、このボトルに入ったすももは、ひとつ10円で売られていて、

おばちゃんが割りばしでつまんで、小袋に入れてくれてました。

あまりにも好きすぎて、お小遣いを貯めて、「 入れ物ごと全部ください 」と言って
買ったことがあるほどです。

「 お家の人に怒られない?」とか「 体に毒だよ 」なんて言ってたっけな~。

でも、「 体に毒だよ 」って、売り物でしょ!(笑)

赤色3号、サッカリンなんかは、子供にとって重要な栄養素なんですよ!(嘘)

確かに体には良くないよね~。

でも子供は、こういうの好きなんですよね~。

今はさすがに汁をストレートで飲むコトはしませんが、

buro1 110

チューハイに適量入れて、すももサワーにして飲んでます!

まぁ普段から健康に気をつけてるから多少、体に悪い物を摂っても大丈夫でしょ!

そして、この汁に大根の薄切りを漬けておくと、自家製さくら大根が出来るんですよ!

まだまだ沢山あるからね。 ゆっくり楽しもう!

< おまけ >

buro1 082

すももを購入した大屋商店のお隣には、ミニカー専門店があって、安価な物から高級ミニカーまで、

沢山のミニカーが並びます。

buro1 083

駄菓子屋にミニカー、チビッ子にとっては、魅惑のゾーンですね。

でも、意外に大人の姿が目立ちました。

男子はいつまでもこういうの好きですもんね~。

日清どん兵衛 鴨だしそば

渋谷のどん兵衛のお店に行った時、サイ君が一押しだと言っていた一品。

kamo 049

日清どん兵衛 鴨だしそば です。

僕は、普段は、天ぷらそば派なんですけどね。

サイ君が 「美味くて一時期、箱買いしてた」 なんて猛プッシュしてたから、

どんなもんかと買ってみたら・・・

あれ?

予想外にイケる?

ってか、ウマイよ!

麺は今流行りのストレート麺で、スープは粉末ではなく液体スープ。

具はネギと揚げ玉、肉団子。

唯一、肉団子だけは、イマイチなんですけどね(笑)

それでも、汁が普通のどん兵衛よりも香りがイイんですよね。

kamo 056

僕は、お湯をかける前に長ネギをざく切りにして入れて食べるのが好きなんです。

3分程で、ネギもイイ具合になって美味しいんです。

今や、我が家の買い置きカップ麺のエース格となりました!

黒松でございます。

miyagi 035

黒松と言うのは、東京北区の東十条に店を構える、草月という和菓子屋さんの看板商品で、
僕の好きなお菓子のひとつです。

東十条には、叔母が住んでいるので、僕にとっては、とても思い入れのあるお菓子です。

meron 166

どら焼きのようなお菓子で、保存料や着色料は、一切使わず皮には、純粋蜂蜜や黒糖が入っていて、とてもしっとり。

meron 167

中の餡も、しつこくなく程好い甘さなんです。

jan.jpg

だから辛党の僕でも、ドラえもんバリにパクパクいけちゃいます。

meron 165

さて、この黒松、僕が物心ついた頃にはすでにあったお菓子なんですけど、
最近は、TV等に取り上げられるようになった様で、先日もお店の中は、お客さんで一杯。
店内には焼きあがり待ちの列も出来ていました。

料理記者歴うん十年のあの人も・・・

miyagi 034

とのことです。(終)

サンマ苦いか、しょっぱいか。

akiaji 007

今年もやって参りましたサンマの季節

前にも言いましたが、日本国内に流通する魚、数あれどサンマが一番好き!

焼きはモチロン、煮て良し、刺身で良し、缶詰にしたって美味しい!

そして、何より、これほど安価で季節感を感じられるってのが嬉しい!

akiaji 012

さて、本日のサンマは・・・北海道産で、しっかり脂も乗っております!

akiaji 014

そして、サンマ好きな人なら分かると思いますが、大事なのは、このワタ

新鮮な物は形が崩れないんですね。 だから腹を箸で突っつく瞬間が少しドキドキ
(こんなコトくらいで、我ながらお目出度い人です)

うん! 美味しそうなワタです!

苦みの中にもほのかな甘みがあって。 このワタがなければサンマの魅力は半減しちゃいますね。

ちなみにサンマには、胃袋がなく腸も短いので餌がいつまでも腸内に留まっていないために、他の魚に比べて内臓が食べやすいんですって。

akiaji 018

あっと言う間に、

初さんま、ご馳走様でした~! 


< おまけ >

サンマと言えば、明石家さんまさん。芸名の明石家の明石、これは、落語入門時の師匠の本名を貰い受け、
さんまは、実家が水産加工業を営んでいたからだそうです。

そして、今週の日曜日は落語で有名な目黒のさんま祭りが行われますよ。

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR