山形県 冷たい肉そば

「冷たい肉そば」と言うのは、山形県の河北町谷地で食べられているそばで、
鳥だしのきいた醤油ベースのつゆに歯ごたえのある親鶏の肉とネギをトッピングした
冷たいそばです。

sen 055

冷たいそばのルーツは、大正5年創業の一寸亭(ちょっとてい)というお店。

当時、飲兵衛は、そば屋で飲むのコトが多く、
甘辛く煮た馬肉をつまみに、締めは盛りそばってのが定番だったそうです。

そして、ある常連さんが残った肉をそばにかけて食べたら、これが意外にイケて、
以降、常連さんの間で流行ったそうです。

冷たくしたのは、時間が経っても、そばが伸びないように、という配慮だとか。

そして、戦時中は、馬肉が手に入りづらく、代用として、
町に多かった養鶏場の鶏肉を使ってみたらこれが、

美味しい!

というコトで、鶏肉の肉そばが正式メニューになったそうです。

その後、町に新しく開店する、そば屋さんの多くは一寸亭にならって肉そばをメニューを入れる
ようになって、現在では、町内の20軒ほどのお店で肉そばを食べるコトが出来、
谷地で、「そば」と言えば「肉そば」を指すほどになったとか。

僕が食べたお店は、肉そば発祥の一寸亭の支店です。

sen 054

朝9時30分に開店とそば屋さんにしては、珍しく、今回の旅行スケジュールにも
ぴったり!

sen 059

そばは、やや太めで、鶏肉は、親鳥らしくコリコリとした食感。

つゆも美味しく残さず頂いちゃいました!

東京で、肉そばといえば、牛か豚ですが、鶏肉の方が美味しいですね~。
今度、東京で見かけたら絶対に食べよっと!

でもきっと、その土地で食べるから余計美味しく感じちゃうんだろうな~(終)
スポンサーサイト

メロンを食らう!

毎年、夏になると山形に住むリハビリ学校時代のクラスメイトのエリコからメロンが送られてくるのです。
クラスメイトといっても僕は遠回りしているので、エリコは、だいぶ年下なんですけどね。

きっかけは、しーちゃんの 「 メロンを贅沢食いしたい 」 という願望から。

何気なしに、クラス会で、そのコトを話したら、エリコが 「 ウチの地元の規格外のメロンで良ければ送ってあげるよ 」 ってコトで、かれこれ4年続けて毎回、何玉も送ってもらっているのです。

去年は真っ二つにして食べましたが、今年は更に豪快に!

meron 048

一玉食いです!

meron 050

メロンの頭を少し上からカットして、

meron 053

スプーンでホジホジ。

あんま~い!

その後も、一心不乱にホジホジ。

meron 056

最後は、底に溜まったメロンジュースをゴクゴク!

いや~、メロンでお腹いっぱいにするなんてナカナカないよな~。

まさに、「 食らう 」 と言った感じ!

エリコ様、今年もご馳走様でした~!  (終)
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR