○○一本で蕎麦を手繰る!

会津旅行で最後に立ち寄った大内宿で昼食をとります。

大内宿で食事の定番と言えば、何と言っても、そばでしょうね。

旅番組でも必ずといっていいほど取り上げられてます。

misa1.jpg

お店は、こちらの三澤屋さん。

misa4.jpg

大内宿らしく、店内はまるで昔話にでも出てくるような感じ。

misa2.jpg

まずは、ニジマスの串焼き。

炭火の遠赤効果で頭からまるごと頂けちゃいます!

misa3.jpg

そして、これがお目当ての水そば。

会津の水にそばが浸った状態でやってきます。

tums.jpg

薬味や辛味大根をベースにしたツユも用意されますが、水そばのネーミング通り、水のみで頂きます。
ストレートにそばの味が楽しめます。

そして、この水そばの食べ方が一風変わっているんです。

misa5.jpg

わかりますか?

先の曲がったネギでそばを手繰って食べるんです。

misa6.jpg

ネギを箸代わりに使い、薬味が欲しくなったらそれをひとカジリ。

面白いでしょ?

でも薬味としてネギを先の方からかじっちゃったもんだから、その後は結局、箸を使うことになったんですけどね(笑)

こちらのおそばは、食べ方が面白いだけじゃなく、そば自体もとっても美味しかったです!

なにより、家族みんなでワイワイ食べるのが美味しいね!

ご馳走様でした!


スポンサーサイト

田季野のわっぱ飯

wap1.jpg

会津若松にある郷土料理屋さん田季野さんにやってきました。

こちらの名物は、わっぱ飯。

お店の雰囲気もとても良さそうなのですが、今回は他にも会津の名物をイロイロ買いこんでいるので、
こちらのわっぱ飯もお持ち帰りにします。

そしてこれがそのわっぱ飯。

wap2.jpg

具材は、鮭、キノコ、ゼンマイ、カニ、玉子。

僕はお酒を飲んでいたのですが、先に食べていた皆が、
「これは美味い」 「これは美味い」 と口を揃えて言うので僕も一口。

ムムムッ!

ホント美味しい!

一見地味な具材もイイ味付けだし、何よりご飯が美味しい!

なんでも、田季野さんのわっぱ飯は、「冷めても美味しい」というのが売りらしく
お持ち帰りにもピッタリですね。

モチロン、会津の地酒にもピッタシ!

ご馳走様でした〜!!


ニシンの笹寿司


僕の中で会津のご当地グルメ1位、2位を争うのがニシンの笹寿司!

元々は、数年前に会津に住んでいた友人のサイ君から頂いたのがきっかけ。
それ以来、東京で「福島飲み会」をやる時には注文して取り寄せているんです。

geihi.jpg

今回は、旅行で会津を訪れたので会津若松駅の近くにあるお店で直接買うことができました。

saz.jpg

ニシンの笹寿司は、会津の郷土料理であるニシンの山椒漬けと酢飯を笹で包んだ
一口サイズのお寿司。

saz2.jpg

通販で注文すればいつでも食べられる物なんだでけど、やっぱりその土地で食べるに限るね~!
数倍も美味しく感じました!

ご馳走様~!

ソースカツ丼 のソース

福島県の会津地方で、カツ丼と言ったら、卵とじのあのカツ丼ではなくて、

ソースカツ丼!

新潟、福井をはじめ、全国にソースカツ丼発祥の地とされる県は多数あるのですが、

会津もその内のひとつ。

僕も福島に住んでいた頃は、よく食べたな~。

ソースカツ丼の決め手は、やはりソース!

4 136

そのソースを先日、マヤリモ母さんが、会津旅行に行った時に買ってきてくれて

4 152

ついでに実家でボリュウム満点のカツ丼も作ってもらっちゃいました!

このソース、ツンとした感じがなくて、とっても美味しいんですよね。

ご飯とカツの間に敷いたキャベツにもよく合う合う!

ホントに会津で食べているようでしたよ。

蒲田で食べる本場にも負けないソースカツ丼、

マヤリモ母さん、ご馳走様でした~!(終)

会津の酒と肴

先日、自宅に予期せぬ届物が。 

差出人はサイ君です。

なんだろう? と荷物を開けてみると、中には・・・

会津の日本酒ニシンの山椒漬け、それにご当地カレー

そう、その日は、僕の誕生日だったのです!

東京にある福島のアンテナショップから、わざわざ送ってくれたんです。

しかも僕の好きな物を覚えていてくれて、マヤリモ感激!

誕生日とはいえ、なんだか一人食べるのも、勿体ないので、実家に持って行き、みんなで頂きました!

iroiro 133

日本酒は、末廣酒造の純米吟醸、八重さん

来年の大河ドラマは、会津出身の新島八重の人生を描いたドラマ。

そのキャラクターと名を冠した日本酒です。

名前の通り、フルーティーな感じで、女性的なお酒ですね。

それでも、辛口でキリッとしまる。美味しいお酒です。

雪冷えと冷やで呑んだんですが、

冷やの方がその香りがより口の中で広がりますね。

iroiro 127

そして、僕が福島に住んでいた時に、すっかりハマってしまったニシンの山椒漬け

会津の郷土料理で、身欠きニシンを山椒の葉、醤油、酒等で漬けた保存食。

これは、いろいろな会社からお土産として売られているんですけど、正直、当たり外れがあるんですよ。
今回いただいたのは、大当たり! 

iroiro 139

身が程良く柔らかく、美味しかったですね~。

モチロン日本酒にも合わないわけがない!

マヤリモ家のみんなもファンになったようです。

サイクン本当にありがとう! 最高に美味しかったよ!(終)

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR