秋桜

ここ数日、関東もやっと秋らしくなってきました。

ksuma1014.jpg

僕の勤め先の埼玉も秋桜が満開に近づいてきました。

ksm1012.jpg

そこで、今日は、介護士さんの企画で施設から車で数キロにある秋桜畑にデイケアの利用者さんとやって来ました。

数十分の時間でしたが、「 秋桜畑で飲むお茶は格別ね 」と皆さんには大好評!

移動中の車の中でも、車窓からの街並みについて大盛り上がり!

普段も送迎で通ってる道のりなのに、目的が違ってワクワク感が高まってると、いつもの景色も違って見えるんですね。

ksum1013.jpg

今日は季節の移ろいの中、秋桜に囲まれて 「 心のリハビリ 」 となってくれていたら良いな〜。

企画してくれたアッコさん、お疲れ様!

ありがとうね!


スポンサーサイト

達・成・感!!

昨年の7月、職場の上司の総師長さんから、「全国に散らばる関連施設を一同に会した協議会で
グループワークの企画・運営をアナタに任せたい」 との使命を受けました。

「 なぜ僕が!? 」 「 リハビリスタッフの僕にはチョットは畑違いな領域ですが・・・」

僕が総師長からその役目に抜擢された理由・・・

「 僕の統率力!? 」

「フットワークの軽さ!?」

「 もしかして、師長さん、 僕の潜在能力に気付いちゃった? 」

あるコトないコト ( ほぼないコト ) を瞬時にイロイロ思い浮かべてみました。

で、思い切って総師長さんに聞いてみました。

「 なぜ、僕が!? 」

返ってきた答えは・・・

「 あ、それはね、アナタ、ノリが良くて話しやすいから! 」

「 ブ~!! ( 思わず三枝師匠バリにのけ反っちゃいました! ( 笑 ) 」

まぁ、そんなこんなで、私、 「 ノリ 」 という最大の武器を持って、大役を引き受けました(笑)

そして、その日から、ただでさえ、狭小な僕の脳みそは、
協議会でのグループワークの企画、運営のコトに支配されつづけていました。

それでも、何とか、企画が通り、昨日、本番当日。

グループワークで一番心配なのは、
文字通りひとつの集団が機能して活発な議論・共同作業をなしてくれるか・・・
と言うコト。

企画者としては、それが、不安で不安で・・・

当日になってまで、それを総師長に訴えていました。
でも、総師長は、僕の心配をよそに 「 なんとかなるわよ 」 の一点張り。

kyougi 021

そして、いよいよグループワークが開始!

始まってみたら・・・

「 ウソ!? マジで!? 」

なんて、想像以上の盛り上がり!

各グループへの巡回中も総師長と 「 上手く行った 」 とアイコンタクトでニンマリ。

そして、その時、総師長から言われました。

「 ねっ、ある程度の集団になると自然とイニシアチブ(主導権)をとる人が現れるのよ。
あとは、その人に任せれば集団は機能するから大丈夫 」 と。

さすが、精神科も兼任している人ではある。

集団作用の基本を理解していなければならない作業療法士の僕も

改めてそのことを勉強することができました。

その後の懇親会では、

kyougi 030

プハ~!!

久々の達成感!!

ものすご~く! 美味しいビールを飲むコトができました!

kyougi 031

総師長さん、1年間、ありがとうございました!!
大変だったけど、ものすごく勉強になりました!

そして、アドバイス頂いた、サイ君やPTテツさん、
そして当日、尽力いただいたスタッフの皆さんに感謝!!

納涼祭

先日、職場の施設の夏祭りが行われました!

毎年、僕には司会という役割がまわってきます。
病院勤務の頃からを含めるとかれこれ9年連続の司会となります。

結構、噛み噛みの司会っぷりなんですが、意外に好評のようで・・・
というか、ホントは、みんな、やりたがらないからでしょうね(笑)

そして、今年は、職員も夏らしい服装を!というコトで
僕も浴衣を着ようかと思います!

何年も前に買ったものの一人では着るコトが出来ずにずっとタンスで眠ってました。

matu 022

でも、着付けの出来る看護師さんがいるのでお願いしちゃいました!

matu 030

テツさんも!

matu 031

どうでしょう? 祭っぽいですかね。

みんなからは、落語家みたいで似合ってる!とか、お腹が出てるから似合う!
とか、誉められてるんだか、なんだか(笑)

matu 034

matu 032

お祭りの方は、実行委員さん達のおかげで模擬店なども好評で、
利用者さんにも楽しんで頂けたみたいです!

matu 036

お祭り後は、職場近くにある渋めの焼き肉屋さんで打ち上げ!
この一杯がタマラン!

いつも、みんなで一致団結、何事も力を合わせて盛り上げる!

そんな楽しい仲間と毎日仕事ができるコトを嬉しく思うよ!

matu 035

みなさん、ホントお疲れ様でした!

そして来年も楽しみましょう!

記憶の中の風景

「アイツは、いろんなトコ行って、仕事はしてんのか?」

とは、マヤリモ日記をいつも読んでくれてるケンちゃんの言葉。

ケンちゃんとは、従姉の旦那さんで、僕らの兄貴分的な存在。

確かに自分のブログを振り返ってみると仕事に関することには、ほとんど触れてませんね。

なので、たまには仕事について。

僕は、リハビリの仕事をしていて、対象者は主に認知症の方々。

活動性が低下してしまい終日ベッドで横たわる。

その為、他人との交流や日常の刺激から遠ざかり、結果、体と脳の働きが低下してしまう。

そんな悪循環の生活を送る方が多く、僕が担当するAさんもその内の一人なんです。

Aさんは、笑顔がとても素敵でユーモアもあるお茶目な70代女性。

だけど、いつもベッドスペースのカーテンを閉め自室にこもりがち。

th.jpg

記憶力の低下も著しく、話した内容も10秒と経たないうちに忘れてしまします。

昔の記憶は「保育所の給食を作っていた」という仕事の話ばかり。

初めは保育所の名前や家の周りのコトなど思い出すことが出来なかったのですが、

記憶をひも解くように会話をしていくと、徐々に

「家の近くのお寺の名前」 「 保育所の名前 」「 通勤路 」 などAさんの口から出てくるようになりました。

Aさんにとって 「 保育所で働いていたコト 」 という記憶は鮮烈に残っています。

自転車で毎日、陸橋を渡って通勤していたコト、仕事は大変だったけど子供たちが喜んでくれる顔を見るのが
本当に楽しみだったコトなど、いつも笑顔で話してくれます。

せっかくだと思い、先日、ブロンプトンでAさんの記憶の中にある風景を探しに行きました。

Aさんの街まではマヤリモ家から33キロ。

ポタリングをしながらAさんが思い出してくれたキーワードを基に推測で街を彷徨います。

そして、見つけました。

buro1 120

家の近くにあったというお寺。

buro1 151

自転車通勤で通っていた陸橋。

buro1 132

そして、Aさんが勤めていた保育所。

buro1 137

残念ながら保育所は閉鎖されていて建物も寂れていましたが・・・

撮ってきた写真をAさんに見せると、

「嬉しい、懐かしいわ~」「そうそう、この陸橋をね・・・」と懐かしみ喜んでくれました。


thCAQE2USV.jpg

認知症リハビリに回想法というものがあります。

昔話をしながらその人の記憶を呼び起こし、その人が生き生きと輝いていた時を思い出していただき、

うつ状態を軽減させたり自尊心を再獲得して、認知症の進行を抑制させるいうものです。

今回のAさんの記憶の中の風景が今後のリハビリに活かせていけたらイイなぁ。

なんて、マヤリモ日記、珍しく仕事に関する記事でした。

toshiake 014

ケンちゃん、マヤリモ、しっかり働いていますよ~!(笑)

< おまけ >

新しいコトを覚えるのが困難な認知症。

記憶保持時間10秒ほどだったAさん、最近、マヤリモの名前を覚えてくれました~!

リハビリの方も「懐かしい写真を見るために」リハビリ室まで来て運動してくれるようになりました~!

人生、細く長く。蕎麦の如く

5月のある日。

今日は、僕が勤める施設に手打ち蕎麦職人がやって来ました!

iroiro 069

手打ちうどんは、僕も施設のばぁちゃんに教えてもらい、自宅で打ったことはあるんですが、
蕎麦打ちの全工程を間近で見るのは初めてです。

iroiro 076

やはりプロですね! 手際が違います。
蕎麦粉をこねたり、平たくしたり、簡単そうに見えて結構ムズカシイんですよね。

ところどころ、利用者さんもお手伝い。

埼玉県は、小麦の生産が盛んで、昔から一般家庭でもうどん打ちはよくされてるみたい。
だから、利用者さんたちも中々、手慣れたもの。 職人さんに負けてませんよ!

iroiro 079

お昼はもちろん蕎麦! 僕ら職員もご相伴にあずかりました!

普段はスタッフルームでご飯を食べている僕らも今日は利用者さんと一緒にお昼御飯。
利用者さんも 「みんなで食べると美味しいね 」 って。

そして、普段はお昼御飯を食べたコトをすぐに忘れてしまう、ある利用者さん。
食べ終わって暫く経っても、「 今日の蕎麦は美味しかったな~ 」 って。
やはり、良質な刺激って記憶に有効なんだなぁ。

介護の職員さんも 「 俺も蕎麦打ちやろうかな~ 」 なんて。
蕎麦打ちって、何故か男心をくすぐるんですよね~。
モチロン僕もくすぐられまくりです! (終)

 
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR