とりあえず、灼熱の高崎城へ

htks1.jpg

はなとの電車旅は結局、高崎線に乗り続け終着駅の高崎まで来ちゃいました!(笑)

tkskj2.jpg

とりあえず、高崎城址に。

しかし、暑い! 少し歩いただけで汗がダラダラ。

tkskj5.jpg

さて、こちらの高崎城は、戦国時代末期の1597年。

築城主は、大河ドラマでも登場する徳川四天王の一人、井伊直政です。

直虎に育てられ、のちに戦国最強の精鋭部隊 「井伊の赤備え 」 を組織します。

赤備えとは、甲冑や旗などを赤色で揃えた部隊。

あえて合戦では標的になりやすい赤色を使い戦いに挑む武勇の誉高い部隊なんです。

昨年の大河でも真田信繁が赤い甲冑を身に着けていました。

元は、武田の赤備えが真田信繁、井伊直政に継承されていったとも言われています。

tkskj6.jpg

城跡には、県の施設等が立ち並び、市役所の近くには当時の外堀を見ることできました。

tkskj.jpg

これは、「 将軍の孫 」 という銅像。

突然、はなが敬礼をするので何かと思ったら、銅像の真似でした。

作者は、長崎の平和像も手掛けた北村西望氏です。

モデルは、当時3歳だった西望氏の長男だそうで、
日清戦争の軍神といわれた橘周太中佐の立像を製作するために遺品をアトリエに遊びに来た長男が
身に着け敬礼のポーズ姿を作品として残したんだとか。

この後、どこか公園で遊ぼうとしたけど、猛烈な暑さで再び高崎駅に退散!(笑)

いや、ほんと、身の危険を感じるほどの暑さでした!



スポンサーサイト

日本三大浮城 高島城

IMG_8341.jpg

諏訪市にある日本三大浮城にも数えられる高島城です。

浮城というのは、湖畔などに築城されあたかも湖面に浮いているかのように
見えたことからそう呼ばれます。

築城当時は、諏訪湖の水が城際まで迫り、天然の濠の役割を果たしていたようです。

ただし、現在は諏訪湖の干拓化によって周囲は宅地に囲まれちゃってます。

難攻不落を誇り 「 諏訪の浮城 」 と呼ばれ、
「 諏訪の殿様よい城持ちゃるうしろ松山前は海 」
と唄われた名城でもあります。

築城者は豊臣秀吉の家臣日根野高吉。
安土城や大阪城の築城にも携わった築城の名手です。

天正19年(1591)から慶長3年(1598)まで7年の歳月をかけ築城しました。

関ヶ原の戦い以後は、日根野氏の前の領主であった諏訪氏が領主に返り咲き、
明治維新までの約270年、諏訪氏の居城としての役割を果たしました。

廃藩置県後は、天守閣が撤去、本丸跡が高島公園として一般に開放されたようです。

そして、昭和45年(1970)に地元住民の要望により天守閣が復興され現在に至ります。

IMG_8353.jpg

周辺を散策してみると公園というより庭園といった感じで、お城とうまく調和しています。

でも、やっぱり湖畔に建っている姿を見たかったな~。
湖にたたずむ古城、絵になっただろうな~。



電動自転車で要害を攻める!

kou 053

甲府駅に着いて、しばしブラブラしていた僕ら。

駅前にレンタサイクルの看板が目に飛び込んできて、「これで行こう!」と

さっそく申し込み。

電動アシスト付きでレンタル料は、200円! 安い!

何でも、市営のレンタサイクルで、係員さんの話によれば、

「安すぎでしょ? 値段設定、間違えちゃってるんですよ(笑)」

だって。 とても気さく係員さんで面白おかしく周辺観光案内もしていただきました。

kou 054

さて、甲府と言えば、武田信玄。

僕らはまず、武田信玄のお父さんの信虎さんが築いたという要害山城という山城へ!

レンタサイクルの係員さんが言うには、

「途中、かなりの登り坂があって大抵そこで、『とんでもないトコ紹介しやがって!』って思いますよ。」

だって(笑)。

まずは、通称、武田通りをまっすぐ、坂を登っていきます。

kou 057

途中、係員さんの話どおり、とんでもない坂がありましたが、

さすが電動アシストのおかげで、なんとか乗り越えました!

途中、オータカが僕の走りを見て、「そっちのチャリの方が速い!」

なんてイチャモンを付けてきたので自転車をかえてあげたけど・・・。

オータカさん、それはチャリの性能じゃないよ。脚力の問題ですよ(笑)

kou 060

要害山城というのは、標高770メートルの山の中腹に築かれた城で、

麓にある、居城の躑躅ヶ崎館(つつじがさきやかた)が攻められたときに、

この城に撤退して、攻防するという、言わば背水の城。

電動自転車は、城跡の入り口まで、ここからは、自分の足で歩きます。

本丸までは、山登りっぽく、当時の武士はここを甲冑を来て登ったということを考えると、

昔の人は 「タフだったんだなぁ」 と感心。

僕だったらたどり着く前に 「もう降参しちゃいましょうよ~」なんて言っちゃうかも(笑)

kou 063

途中、武田不動尊にお参りして

IMGP5893_00.jpg

30分ほどで、無事に登城に成功!

後の記念碑は、信玄公生誕地の石碑。 石碑の書は、東郷平八郎。

でも、何故、東郷平八郎? なんか関係があるのかな~。

城址からは、山間から富士山の頭が綺麗に見られましたよ!

IMGP5890_00.jpg

さぁ、この後は、下り坂をピャーッと下って、麓の躑躅ヶ崎館を目指しましょう!(終)

目指せ100名城制覇!

最近は、城ブームであるようですね。

ディアゴスティーニからも「日本の城」なんてのも発刊されているし。

本屋さんに行っても城関係の本って結構あるんですよね。

友人のオータカも城好きのひとりで、最近ハマっているのは、

前記事で紹介した「日本の100名城スタンプラリー」

IMGP6166.jpg

北は北海道、南は沖縄まで、全国各地にある100名城に実際に行き、スタンプを集める、というもの。

ちなみに、この100名城と言うのは、

日本城郭協会が定めたもので、観光地としての知名度、文化財や歴史上の重要性、
復元の正確性などを基準にして、歴史や建築の専門家などにより審査され選定したようです。

僕もすっかり影響を受けてしまい、買ってしましました!

全国100名城、制覇はいつになるか分かりませんが、ゆっくり楽しみたいと思います!

まずは、オータカとの甲府旅行で初スタンプが押せるかな?

いざ、出陣! ブオフォ~! ブオフォ~!
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR