FC2ブログ

軽キャンでイヨボヤに会いに行く?!

新潟県村上市。

僕は、この街は初めてではないのです。

20年ほど前、リハビリの臨床実習が、ここ村上市だったんです。
僕は、岩船という地区に2カ月間ほど、住んでいました。

本当に、実習先の皆さん、そして村上の街の人たちにも良くしてもらって・・・
お陰で、僕にとって、素敵な思い出の地となっているんです。

実習が終わった後、観光をしようと思ってたんだけど、
なんだかんだで、時間がなくて、ほぼ観光もなく帰ったのです。

mrkjy.jpg

そのひとつが、村上城址。
当時も目の前まで来てたんだけど、
ほんとバタバタしていて、泣く泣く帰ったんだよね。

今回は、早朝、みんなが朝御飯を食べている間に見物できました!

そうそう、実習地の病院にも 「 聖地巡礼 」 も出来ました!
夜だったから、外観からだけでしたけどね。

でも懐かしかったなぁ~。

病院の外見を見ただけでも、20年前の記憶が一気に蘇りましたよ。

そして、当時、実習先の看護師さんから、勧められたものの、
行くことが出来なかった、 「 イヨボヤ会館」!

iyb191.jpg

その時は、イヨボヤって何??って。

でも、ほとんどの人は、 「 ?? 」 ですよね。

「 イヨボヤ 」 とは、村上地方の言葉で、 「 鮭 」 のこと。

「 イヨ 」 は魚を指し、 「 ボヤ 」 も魚を指します。
つまり、「 魚の中の魚 」、「 魚の王様 」 ってコトなんです。

新潟の人の鮭に対する思いは深く、特に、ここ、村上市の鮭に対する思いは、更に深い。

地元に泊まってたキャンピングカーだって、この通り(笑)

iyby1.jpg

我が家も、食卓にのぼる魚の代表格と言えば、鮭!
もちろん、はなも鮭大好き!

そう言えば、僕の母さんも、鮭が好きだったなぁ。

イヨボヤ会館は、日本で最初の鮭の博物館!

iyby192.jpg

ここでは、鮭の生態や鮭がどうやって海に行って川をのぼり生まれた川に戻ってくるのか・・・
食育を兼ねて、ゆっくり見学。

iyby193.jpg

村上市内を流れる三面川にも毎年、多くの鮭が帰ってきているようです。

ちなみ、はなのこのポーズは、「 鮭のポーズ 」 らしいです(?)

iyby194.jpg

水槽には、ワイルドな鮭が、ところ狭しと。

考えてみたら、鮭のいる水族館って・・・あまりないよね?

iyby195.jpg

館内を見学していると、この人物に出会う。

このお方は、青砥平治さん。

世界に先駆けて、鮭の自然ふ化増殖に成功したとされる人!

つまり、川に戻って来た雌のお腹から卵を採取して、それをふ化させ、
稚魚を再び川に戻し、また海から帰るのを待つ、という現在に至る漁法。

鮭の 「 生まれた川に戻ってくる 」 という習性を見抜いて、
この漁法を確立させたのは、江戸時代!

こんな人がいたからこそ、村上市は、 「 鮭の街 」 という地位を確立できてるんだね。

いや、村上だけじゃないね!
なんなら、日本の鮭文化を築いてくれた、ヒーローですよ!
ってコトをこのイヨボヤ会館で学ぶコトが出来る!

iyby196.jpg

そんな平治さんの功績をこのイヨボヤ館では、紙芝居映像でも知るコトが出来るんです。
いや、ホント、この平治さん、スゴイ人ですよ!

「 知ってるつもり 」 で取り上げられてもイイ人ですよ!(古いね笑)

イヨボヤ会館、なかなかワクワクする施設です!

iyby197.jpg

そして、鮭好きの、しーちゃんが食い入るように見ているのは?
鮭の魚影も見えるけど・・・

実は、これは、ただの水槽じゃないんです。

iyby198.jpg

なんと、自然の川に面して作られた水槽。

まさか、こんな演出まであるとは!

施設の外に出ると三面川の分流があって、今度は上から泳いでいる鮭を見ることができるのです。

iyby199.jpg

いや~、このイヨボヤ会館、鮭好きには、たまらない施設ですよ!
鮭の一生、鮭とともに暮らす人々の思いなど、とても心に響きました。

我が家は、みんな鮭好きだけど、この会館に訪れたことで、鮭の価値観が改めてアップ!
20年越しの訪問だったけど、ホント、来て良かった!

mrks191.jpg

その後は、村上の街へ。

村上は、日本茶の最北の街でもあるけど、やはり、有名なのは鮭!

市内にあるこのお店は、ガイドブックでもよく取り上げられる光景が見られるんです。

mrkm192.jpg

これ、これ。
村上特産、塩引き鮭を天井から吊るして干している光景。

これをぜひ、一度見てみたかったんです。

お店の奥にこのスペースがるんですけど、そこは、よくある老舗系の店内。
でも、奥のこのスペースに来ると一気に雰囲気が変わる!

やはり、実際に見てみると圧巻ですね。
鼻腔につく干された鮭の香りがそれを助長させてくれます。

ysm203.jpg

さぁ~て、この軽キャン旅行も、ここ村上でお~しまい!

僕の勝手な発想で決行した軽キャン旅。

ブログには、書き表せないほどの珍道中(笑)

付き合ってくれた、しーちゃん、はな、ひな、ありがとう!
狭い車内、大変だったね(笑)
これに懲りず、またお付き合い願います!(笑)

そして、新潟のババたち、また行くからね~!


スポンサーサイト



軽キャンで少年時代へ!

新潟バスセンターでお昼ご飯を食べた後は、市内のお寺にお墓参り。

mcdm191.jpg

ババたちに、はなの成長、ひなの誕生、そして、にこちゃんのコト・・・

色々な出来事を久しぶりにご報告。

ここに来る途中、雪交じりの雨が降っていたけど、

不思議なコトに、お寺に着くと晴れ間が見えて空には虹も架かってたんだよね。

そして、その後、市内にある母さんの実家へ。

mcdm193.jpg

母さんの実家は、商店街に面した場所にあって、

僕が小さい頃は、母さんの実家も下駄屋さんを営んでいたんです。

今では、誰も住んでいない 「 空き家 」 状態。

久しぶりの思い出の地は、なんだか、とても寂しく感じました。

当時は、それなりに賑やかだった商店街も、人の姿もほとんどなく・・・

mcdm199.jpg

滞在中、よくお世話になった、町で唯一のスーパーも閉店したまま。

子供の頃に僕が訪れていたのは、いつでも夏真っ盛りの8月。

でも、今回訪れたのは晩秋でしかも日も傾いた時間。

ギラギラした思い出を探しにきたつもりだったけど、なんだか、ちょっと寂しい。。。

新潟県は、明治時代には、米どころのおかげで、全国で一番の人口を誇っていたとか。

今では、若者の人口流出が問題になっているだって。

mcdm192.jpg

それでも、滞在中に虫取り網を持って走り回っていた、 「 いつものコース 」 を

30数年ぶりに歩いてみた。

この路地を行くと、お寺の裏に出て、そこが絶好の 「 セミ採り場 」 だったんだよね。

兄ちゃんとよく走り回ってたっけ。

mcdm194.jpg

そうそう、ここ、ここ。

ここを左に曲がると、絶好のポイント。

なんだか、すぐそこから日焼けしたあの日の僕らが、ヒョッコリ出てきそうだ(笑)

mcdm197.jpg

ここは、今は、暗渠になっているけど、当時は用水路むき出し。

ここでも良く遊んだな。

毎年のように、何故か兄ちゃんは、この用水路に落ちてたんだよ(笑)

今思えば、よく死ななかったと思うけど(笑)

mcdm1910.jpg

その先には、越後平野が広がる。

東京っ子の僕にとっては、当時、この景色がとても刺激的だったな~。

mcdm198.jpg

新潟の家の裏には、信濃川の支流、小阿賀野川が流れます。

この橋は、近年、架け替えられたもので、昔はもう少し手前に橋が架かっていたんだ。

欄干が赤く、僕らは 「 赤い橋 」 って呼んでたんだよね。

赤い橋の上では、夏の夜に皆で花火をしたり・・・

そして、ここに来て思い出した!

僕が初めて半円の虹を見たのは、その赤い橋の上だ!

子供の頃、母さんと二人で赤い橋に来た時に偶然みえて、

たまたま持っていたカメラで写真も撮ったんだ。

今回、新潟に来て沢山の虹を見た。

はなも今朝、生まれて初めて虹を見たし。

そう、やっぱり、新潟は、 「 虹の国 」 なんだ!

今回の旅行を機に新潟県は 、「 虹の国 」 に勝手に認定!

他の人からしてみたら、 「 なんで? 」 だろうけどね(笑)

さぁ、少年時代の思い出に浸った後は、今夜の宿泊地へGO!



軽キャンで、いざ、新潟!

道の駅で、車中泊。

天気図を見てみると、爆弾低気圧は、少しそれていそう。

さて、このまま、安定した天気の関東で過ごすか、はたまたイチかバチかで行ってみるか・・・

そして、朝4時、新潟行きを決断。

関越道・・・は、使わずに、あえての三国峠越え!

日本屈指の峠も、べた踏みで何とか走破!

nigt191.jpg

心配していた天気も、新潟入りすると大きな虹がお出迎え。

はなは、いつも虹の絵を描いているけど、本物の虹は見たことがない。

後ろの席で、爆睡中のはなを無理くり起こして、見せてあげました(笑)

でも、この後、新潟に滞在中、何度も見られたんだよね。

「 新潟は虹の国だ 」 と思えるほどに。

nigt196.jpg

空には晴れ間も指してきて、予定通り、日本海に!

う~ん。やっぱり、晴れ家族だな。

nigt192.jpg

朝ごはんは、新潟の地魚や全国の海の幸が集まる、「魚のアメ横」
寺泊。

nigt195.jpg

ここでは、ゆっくりお店で座ってのご飯よりも、

食べ歩きが楽しい!

nigt197.jpg

しーちゃん、大好きなノドグロをガブリ!!

お腹を満たし、お次は、新潟市内を目指します!


軽キャンでドコ行こ? 

最近、軽キャンというものを知りました。

「 軽自動車のキャンピングカー=軽キャン 」

キャンピングカー、乗ってみたかったけど、何となく敷居が高い気がしてたんだよね。

でも、軽キャンなら・・・

て、コトで・・・

ysmt1912.jpg

ジャーン!!

これが軽キャン!

あ、モチロン買ったワケではないですよ(笑)

世田谷にあるキャンピングカー専門のレンタカーショップでレンタルです!

ysmt192.jpg

軽だから小回りが利いて運転もしやすい!


ysmt193.jpg

手動で屋根を上げることで、就寝スペースが確保!

大人2名、子供2名なら十分就寝可能です。

interior_02_L.jpg
(画像:インディアナRVより)

内装はこんな感じ。

ちなみに画像は、ネットからのものです。

かな~り、広角で撮影されてますね(笑)

yyydy.jpg

3泊4日のマヤリモ的キャンピングカー旅、始まるよ~!

さぁ、乗った!乗った!

ysmt195.jpg

で?ドコに連れてってくれるの??



そして、長岡へ。

ngokh3.jpg

直江津から1時間半。

高岡からだと、約5時間!

いや~、20年以上前に行った、青春18きっぷの旅を思い出しました~。

ngokh5.jpg

長岡駅でテツさん、マモさんとも無事に合流。

長岡では、テツさんが事前に予約をしてくれていた店へ。

ngokh6.jpg

再会を祝してカンパ~イ!!

懐かしい話に華が咲いて楽しいお酒となりました。

店名通り、越後の食を楽しめる良いお店でした!

ngokh7.jpg

テツさん家に泊めさせてもらい、翌日は軽く長岡観光。

ここは、新潟県の一の宮で県内随一のパワースポット弥彦神社。

二日酔い気分で訪れた身も心も洗われる心境でした(笑)

ngokh8.jpg

長岡市で昼食をとった後、地元の英雄、連合艦隊司令長官 山本五十六の記念館へ。

五十六の生い立ちから、その生涯を知ることが出来ました。

以前から五十六の小説なんぞを読みたいな~、なんて思っていたので、良い下地が出来ました。

ngokh9.jpg

記念館の近くには、五十六の生家が保存されています。

コンパクトな2階建て物件。

ngokh12.jpg

室内にも無料で入ることが出来ます。

こちらは、二畳一間の勉強部屋。

五十六は、30代の時にハーバード大学に留学をするんですが、
この部屋で五十六少年は、勉強に打ち込んだんですね。

記念館を訪れた際には、記念館から歩いて数分のこちらの生家も見学されることをお勧めします!

ngokh10.jpg

その後は、長岡市民から「お山」とよばれている悠久山、蒼紫神社にやってきました。

ngok14.jpg

こちらは、長岡藩の歴代藩主の霊廟があり、桜の時期には、花見の名所として多くの人で賑わうようです。

また、公園なども整備されていて、イチローが野茂からホームランを打ったというレジェンド級の名場面は、
ここ悠久山野球場で生まれたとのことです(テツさん談)

ngokh11.jpg

園内には、郷土資料館もあり、そこには、五十六長官の軍服も展示されていました。

さて、今回の富山、長岡旅行は、これにてお終い。

帰りは、埼玉の実家に帰るというテツさんの運転で帰路につきました。

テツさん、お世話になりました! マモさん、また一緒に長岡行きましょう!

次は、マモさんおススメの海岸キャンプかな。

06 | 2020/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR