徳島 弁天山登山録。

今日は、出張がてら、徳島県の山を登ります!

IMG_8542.jpg

で、登る山は・・・?

映画でも有名になった、徳島の眉山?

いえいえ、確かに徳島県のシンボル的な山ですが、違います!

IMG_8561.jpg

じゃあ、名前はわからないけど、この山?

いえいえ違います!

IMG_8548.jpg

登るのは、この弁天山!

こちらもある意味、徳島を・・・いや日本を代表する山なんですよ!

まぁとにかく登ってみましょう!

bensa.jpg

麓の鳥居をくぐると、写真では分かりづらいですが、けっこう急勾配!
これはなかなか険しいぞ・・・

準備万端!気合いを入れて!

と思ったら・・・。

IMG_8551.jpg

はい! 山頂に到着!!(笑)

えっ? 何? どういうコト?

IMG_8549.jpg

実は、この弁天山の標高は6.1メートル(笑)

日本で一番低い山なんだそうです。

IMG_8546.jpg

以前にも日本一低いとされる天保山にも登りましたが、
こちらの弁天山は、自然の山としての低山日本一だそうです。

山頂の祠には、記帳があります。

せっかくなので僕も名を残すことに。

masaji.jpg

なんと! 

福山さんも来ていたんですね~。

bntsn.jpg

山頂からの眺めを見て何を思ったのでしょうか 笑

ちなみに徳島駅からはレンタサイクルで往復 13キロ。

登山より、そっちの方が疲れる 笑

スポンサーサイト

妄想スパイラル! 高取城 登山編

本日目指す城は日本三大山城に数えられている奈良県の高取城!

駅からはしばらく歴史を感じさせる町並みを歩きます。

tkmch.jpg

まぁ山城といっても大したコトはないでしょう。
サクッと登ってチャーッと下りて美味いビールでも飲みましょう!

な~んて、こんな軽い気持ちもアイツに出会うコトで崩されてしまいました。

アイツとは・・・

spninss.jpg

イノシシ!!

目の前をダーッと走り過ぎ、僕を威嚇するように時々振り返り山へと消えました。

野生のイノシシというものを初めて見ました!
まだ、大人ではなさそうだけど、あの突進力は凄まじい・・・

友人と一緒にいたらテンションも上がっていたでしょうが、今日は僕一人。

「また山で遭遇したらどうしよう」「たまにイノシシに襲われたなんてニュースを聞くぞ」
なんてビビりまくり。

でも気持ちを強く! 目指せ高取城本丸!

tkthjm.jpg

なんて、僕の意気込みをよそに、だんだん本格的な山道になってきた。

イノシシが出て来たってコトは、もしかして熊も・・・?

チョイチョイ、どこぞの山に入った男性が熊に襲われて死亡しました。っていうニュースを聞くぞ。

kuknrhj.jpg

あたりも一層木々が茂って薄暗くなってきたし、ケケケケッ~!とかブォブォブォ!とか、
普段聞いたことのない動物らしき鳴き声も聞こえてくる。

「 城巡りを趣味とする30代男性、高取山で熊に襲われる 」

こんな見出しの新聞を妄想してしまったり、

「 ハンターが熊と間違えて、城巡り中の30代の男性に誤って発砲しました 」

なんてニュースキャスターのコメントを妄想してしまったり・・・

hkjynou.png

もし熊に襲われたら、百獣の王は、どこを狙えと言ってたっけ・・・。

なんてコトも考えたり。

本気で引き返そうかと思っちゃいましたが、ここまで来たからには頑張らにゃ。

マイナスな妄想を振り払い、いざ本丸へ!

でも、僕の意気込みをあざ笑うかのように本丸への道は険しさを増します。

nnmgrd.jpg

この七曲がりは、何度も曲がりくねった急坂が続き、敵が攻めてくると死角から攻撃をしたり、木々や竹を切って攻撃を防いだと伝えられています。

敵が登りで疲れたところを襲いかかったりしたんでしょうね。

攻め手は屍の上を乗り越え城を目指したのかな・・・

え?屍?

というコトは、もしかして、あの薄暗い木々の間に落ち武者の霊が今でも・・・

ギャ~!!

そんなコトを妄想してたら、また本気で怖くなってきた!

kwikwiy.png

やだな~。怖いな~。

nnmnma.jpg

でも恐怖心が歩みを早めてくれて、なんとか本丸に続く、二ノ門跡にやってきました!

城跡を目指す登山、肉体よりも精神的に疲れました~。

さぁ~て、この先どんな景色が僕を迎えてくれるのでしょうか(続)


マヤリモ 日本一の山を登る!

hatu 003

今日は、大阪出張のついでに久しぶりに登山にやってきました。

※今日と言っても少し前のコトですが・・・。

hatu 035

場所は、大坂の天保山です。
実は、この天保山は、日本一の山なんです。

何が日本一かと言うと・・・

hatu 019

な~んて言っている間にもう頂上に到達です!?

hatu 022

そうです!この天保山という山は、日本で一番低い山なんです!

標高はなんと4.53メートル!

hatu 021

頂上を探しているウチに一度は頂点を通り越していました(笑)
通り越したのに気が付かないくらい低い山なんです。

hatu 010

天保山の歴史は、江戸時代に安治川を通って大阪の町にやって来る船にとって
目印として作られた人工の山なんです。

はじめは 「 目印山 」 と名付けられたのですが、後に築かれた時の元号から
天保山になったとそうです。

hatu 005

築かれた当初は、20メートルほどの高さがあったのですが、幕末に砲台が建設されたり、
高度経済成長期には、地下水のくみ上げで地盤沈下がおこったりして、現在の高さになりました。

現在は公園として整備され、江戸時代の様子が園内にある浮世絵の壁画で知るコトができます。

hatu 038

超低山のすぐ近くには、天保山より遥かに高い112.5メートルの世界最大級の観覧車がある
というのが面白いですね。

でも、もっと面白いのは 「 登頂証明書 」 を近くの商店会で無料で発行してくれるコト!(笑)

hatu 040

そこで僕も早朝からやっている喫茶店へ朝食も兼ねて行ってみました。

oosa 056

どうやら僕は、南・北壁ルートで登頂に成功したようです!
もちろん後から知りました(笑)

こんなに達成感のない登山は初めてでしたが、良い思い出になりました(笑)

oosa 052

登山よりもコーヒーを飲む方が時間がかかりました(笑)


川苔山 登山

本日の登山部、目指す山は奥多摩の川苔山。

パートナーは、小学生からの付き合いの大高隊長。

僕らが住む蒲田から日帰りで行けて、且つオモシロみのある山を探していたところ、この山の存在を知りました。
ガイドブックでは、中級・健脚コース。 予定時間は6時間ほど。

渓流沿いを歩いたり、梯子があったり、滝があったりと楽しめそうです。

途中、道路崩落の為、手前のバス停から歩くといったハプニングもありましたが登山口まで無事に着きました。

korea kawanori 061

さぁ、張り切って行こうか!

korea kawanori 053

って、歩き出したもののアスファルトの道路がしばらく続きます。 これが結構キツイ。
後から来る人たちに次々抜かれて行きます。 さすが健脚コース。

korea kawanori 070

やっとのコトで山道らしい道を歩きます。

korea kawanori 071

さっそく渓流沿いを歩きます。 新緑の風景、香り、渓流の清涼感、土を踏む感触、美味しい空気!
騒々しい街中で鈍麻になりつつあった五感がリセットされていく感じです。

korea kawanori 090

青々とした景色。 とても癒されます。

oyama 042

こちらは前回、大高さんと登った冬の大山。

この景色の違い、日本の四季って素晴らしいですね。

歩くこと1時間半。 百尋の滝に着きました。 

korea kawanori 081

梅雨の時期、しかも数日前は大雨だったので、水量も多くダイナミックですね。 

korea kawanori 084

滝壺の近くまで行ってみると、すごい瀑風。 マイナスイオン浴びまくり~。
こんな近くで滝を観たのは初めてでテンション上がりまくり!

この勢いで頂上目指すぞ~!

ところがチョット甘かった。 結構辛いぞこの山。

korea kawanori 092

それでも何とか頂上に到着。 

見よ、この眺望を!

korea kawanori 094

って、あまり良くないな~。 虫も凄く多いし。
この山は頂上に着いた感動よりも百尋の滝を観た時の感動の方が大きいね!

頂上では、お昼を食べ、早々に下山。 下山場所は、鳩ノ巣駅付近。

korea kawanori 106

無事に下山でき、近くの神社で少し休ませてもらい、

korea kawanori 114

鳩ノ巣駅前のお店で乾杯! 

今回も一緒に登ってくれた大高隊長、お疲れ様でした! いつも冷静な判断と行動力、頼りになります。
でもね、僕の前を歩いていて屁をこくのは、やめておくれ!
てっきり 「 この辺で硫黄泉でも湧いてるのかな? 」 と思っちゃったでしょ!

korea kawanori 103

そんなコトしてるから転ぶんですよ! (笑) 

まぁ、次回もヨロシクです!




大山登山 (2)

下社からはすぐにアイゼンが必要になります。
アイゼンなんか付けたコトないから、ちょっとドキドキです!
でも 「山登ってんな~」 って感じで、テンションが上がります!

oyama 034

途中、富士見台と呼ばれる場所から、この登山で初の富士山です!
チョット疲れてきたトコだったのでイイ刺激です!
江戸時代には浮世絵によく描かれていた富士山スポットなんですって。

oyama 042

ちょっと休憩を入れて、出発!
だんだんと雪深くなってきましたね~。でもその分、景色は最高!
大高さんの後ろ姿ですら、なんだか絵になっちゃいます(笑)

oyama 047

頂上付近に着くとこんな看板が・・・。
ちょいちょいテンションを上げさせてくれる山だねぇ~。

では振り向いてみましょうか!

oyama 048

ジャ~ン!って、アレ?そうでもない(笑)
すっごい期待して振り向いちゃいましたよ・・・。

でも何はともあれ、ついに頂上に着きました~!

oyama 054

いや~!この達成感!タマラナイネ~!
しかし、「なぜ人は山に登るのか?」
それは・・・

oyama 066

「そこで酒を飲むためさっ!」

oyama 063

そして、大高さんが持ってきたバーナーでサバ缶を温める。
これがまた美味い!
こういう場所ではチープな物ほど何故か美味しく感じられるんだね。

今日はホント、良い天気に恵まれて最高の登山が楽しめました!

・・・でもね。今日はもう一つ楽しみが。
山を降りたら、温泉に行って、その後、厚木のシロコロホルモンを食べに行くのです!

oyama 071

途中スリリングな橋を渡ったり、ハヤル心を抑えつつ・・・。 (とりあえず終り)


09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR