ご当地感バッチリ居酒屋! 伊東 まるたか

伊東の夜はこちらのお店へ。

実は、今回の旅行を企画したのはこの 「 まるたか 」 さんというお店が発端。

旅番組を観ていて、しーちゃんが 「このお店行きたい! 」 ってトコから始まったんだよね。

いわば、今回の旅はこのお店がメインであり、河津の桜やみかん狩りは後付け(笑)

itunmut.jpg

でも、それだけ期待していて、裏切られたら・・・

結構、ショックだよね。

itmr2.jpg

まぁ、何はともあれ、カンパ~イ!!

そして、おつまみを・・・

静岡だから、うなぎでも!

itmt1.jpg

って、無いのね・・・(笑)

じゃあ、居酒屋定番の焼き鳥でも!

uzwac0.jpg

って、お勧めしてないのね・・・(笑)

逆に潔い!

これは期待できそうだ!(笑)

このお店、とくに魚系のものは、地物を多く扱っていて、ブラックサーベルカッターフィッシュだとかだとか、

やっぱたの刺身だとか、活字からでは、一体どんなものが来るのか分からない。

だからイチイチ店員さんに聞かなければならない(笑)

でも、それがイイんだろうな。 自然な流れで店員さんとの交流も生まれるし、店員さんの説明を聞いていると、

「 うん、それ食べてみたい! 」 ってコトになる。

uzwc3.jpg

そして、しーちゃんがTVで観て 「 食べたい! 」 と言っていたのが、この 「 うずわめし 」。

「 うずわ 」 とは、ソウダガツオのコトで足が早くて鮮度が良くなければ生では食べられないんだとか。

uzwm10.jpg

そのうずわを青唐辛子のみじん切りと醤油で食べる。

アツアツのご飯にすんごく合う!

uzwczk.jpg

そして、ご飯を半分ほど食べたところで、出し汁を注いで、うずわ茶漬けに。

カツオっぽい風味と青唐辛子のピリッと感が良く合うんだな~。

uzwc9.jpg

その他には、その場で炙ってくれる

uzwc5.jpg

地金目の炙り刺し。

伊豆に来たらド定番の魚だね。

uzwcz2.jpg

「 万歳えび 」 と呼ばれる、深海えびの唐揚げ。

これが味が濃くって美味しい!

uzwac.jpg

そして、伊東の名物料理、「 ちんちん揚げ 」。

魚のすり身を揚げた物

こちらのお店のメニューには、「 オジサンの想像しているものではありません 」 なんて書いてありました(笑)


uzwc4.jpg

お酒の方は、早々に地酒にチェンジ。

飲食店が目的の旅行というのは初めだったけど、面白楽しく、美味しいお店でした!

まだまだ、気になる料理も沢山あったから、また行きたいな。

結果、充分過ぎるほど、旅行者を楽しませてくれるお店でした!

まるたかさん、ご馳走様でした~!!


スポンサーサイト

狩野川のズガニうどん

中伊豆のいちごプラザという道の駅の食堂でお昼ご飯にします。

こちらの名物は、中伊豆を流れる狩野川でとれるズガニで出汁をとったうどん。

kngzg1.jpg

ズガニとは、一般的にはモクズガニと呼ばれるカニで、この辺りでは、ズガニと呼ぶそうです。

kngwzgm.jpg

お店の前には水槽があって、生きたズガニを見るコトができます。

そして、こちらがズガニうどん。

kngwzgud.jpg

このうどん、カニを丸ごと一匹、殻ごと砕いて出汁をとっているようです。

その出汁をすくうと強烈なカニの香りが!!

・・・と思ったら、意外に優しい味。

で、この出汁を飲んでいる時に分かりました。

この出汁、普通に飲んじゃダメなんです。
口に含んだら、舌と上顎でカニの身やミソを更にすり潰すようにして飲むんです!

そうすると、カニの風味がより良く広がります。

kngwzgr.jpg

ズガニうどんの他に、ズガニラーメンもありました。
こちらは、ズガニを使っていると言われなければ気が付かないような・・・。

僕は、うどんの方が好みかな〜。

中伊豆のご当地うどん、ご馳走さま~!


泰平の空腹満たす蒸気船・・・

パワースポット巡りで訪れた下田でお昼ご飯!

hachir1.jpg

何か下田らしいものは・・・と考えた挙げく市内にある中華料理屋さんへ。


注文したのは、オススメの黒船ラーメンと黒船チャーハン。

まずは、黒船ラーメン!

hachir2.jpg

黒船の名前の由来は、もちろん、この真っ黒なビジュアルから。

地元で採れた海苔が「これでもか!」ってくらい入れられてます。

海苔の食感と風味がとてもイイですね。

そしてこのチャーシューも美味しい!

決して流行りのタイプのラーメンではないけど、イイ味だしてます!

hachir3.jpg

はな、この日、チュルチュルデビュー!

旅行だから特別に濃い味、解禁!(笑)

海苔好きのはな、美味しそうに食べてました。

そして後から来た黒船チャーハンに驚き!

hachir4.jpg

黒船ラーメン同様、海苔で真っ黒!

hachir5.jpg

そして真ん中には新鮮な生ウニが!
それも結構な量!

お店の人いわく、「都内だったらウニだけで千円はしちゃう」とのコト。
確かに、それくらいはするだろうな~と、納得の量と新鮮さ。
これで1100円だから、お得のようです。

hachir6.jpg

肝心の味の方は、海苔とウニのお陰でスープチャーハンというより、
「 豪華な海苔茶漬け 」 といったトコでしょうか。

とにかく、見た目のインパクトとウニに万歳!!

hachir7.jpg

他にも金目鯛の餃子など、お店の外観からすると地元の人の普段使いっぽい中華屋さんですが、観光客にとっても旅行気分を高めてくれるメニューが充実してました!

ご馳走様で~す!

しぞーかおでん

静岡のご当地グルメとして数年前から脚光あびてきているのが、しぞーかおでん!
「しずおか」じゃないですよ! 地元言葉っぽく「しぞーか」です。

お店は、静岡駅から自転車で数分の「水野商店さん」

ode5.jpg

居酒屋さんや屋台ではなく駄菓子屋さんってのがイイですね。

そう言えば、僕が子どもの頃、家の近くの駄菓子屋さんでもおでんが置いてありましたよ。

店構えも大通りに面している割になかなか渋め。
なんだか期待できそうです。

さっそくお店に入ると、店主のオバチャンと茶飲み仲間らしき常連風のオバチャンの
しぞーかマダムがお出迎え。

そしてテーブルにはド~ン!とおでん鍋!

od5.jpg

覗き込んで見ると、漆黒の汁の中におでん串が見えます。

こちらでは、おでん鍋の前に陣取って好きなタネを自分で皿に取るスタイル。

od2.jpg

とりあえず、絶対に外せない大根に静岡らしい黒ハンペンに鳥皮!

しぞーかおでんは、魚粉と青のりをたっぷりかけるのが流儀。

漆黒の見た目のわりに意外にあっさりしています

ここで、「ビール!」
と、行きたいトコなんですけど、こちらは駄菓子屋さん。

gara.jpg

ビールの代わりにコアップ・ガラナという聞き慣れない飲み物をもらいました。

東京ではあまり流通していない飲み物ですね。
初めていただきました。

お味の方は、ドクターペッパーやルートビア系ですね。
でも、それより飲みやすいかな。僕の大好きな系統です。

その後は、マダム二人による富士山に対する熱い思いを聞かされたり(笑)
楽しく時間を過ごしました。

お二人のお陰で、初めてだけど以前から知っているお店のような、そんな気分に
浸ることができました。

しぞーかおでんも美味しかったです! また来ま~す!


清水もつカレー発祥の店 金の字本店


ソフトボールの関東大会で静岡県の清水駅近くのホテルに泊まった時のコト。

ホテルの前には何店舗か居酒屋さんがあったのですが、その内の一軒に開店前から行列が!

気になるな~。

夜にある懇親会までは1時間ほどあるから僕も並んじゃえ!

shizuo 069

と言うコトで入ったお店は、 「金の字 本店 」 さん。

串焼き屋さんのようですが、一番の売りは、「もつカレー串」 なるもの。

店内に入ると順番にオーダーを取っていて、お客さん全員、もつカレーを注文していました。

僕も流れに乗って、もつカレー!

shizuo 053

注文が入ると、カウンターの大鍋からよそってソレが運ばれて来ました。

shizuo 055

これが注文率100%の、もつカレー!

もつカレーは、60年ほど前、名古屋の土手煮をヒントに考案されたメニューで
今では、清水のソウルフード的な存在になっているようです。

そして、この金の字本店さんこそ、もつカレー発祥の店だったんです!

食べてみると、もつは柔らかく口の中に残らずトロけていきます。
カレーの方はあまり辛くはなくスパイシーなデミソースといった感じ?
(世間ではソレをカレーと言うのか 笑 )

shizuo 060

バクバクいけちゃって2本じゃ足りなかったかな~(笑)
お隣のお客さんは、二人で20本くらい注文してました!

もつカレーも美味しかったのですが、もっとビックリしたのは、他の串焼き!

shizuo 059

かなりの美味しさで、この後、懇親会がなければもっと注文してたのに~。

shizuo 065

ちなみに、もつカレーでお皿に残ったカレーは、ネギですくって頂きました!

今度は、もっとゆっくり腰を据えて呑みに来ま~す!


05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR