鳥類界のアスリートを食べる! ( 奥久慈シャモ )

組合の研修で、「 お昼に何食べるか調べておいて 」 と DAI さん、デッドさんに言われ、
僕が選んだ 「 奥久慈シャモ 」 です。

お店は、水戸駅から歩いて800メートルほど。

「 え~!? そんなに歩くの~! 」

でた! わがままブラザーズ!

「 いや、いや、行くだけの価値はありますから! 」

なんて、僕も食べたコトないんですけどね~。 (笑)

お店は 夢境庵 さん。

全室個室のお店なので落ち着いて食事が出来そうですね。

さて、席について、さっそく注文と思ったら、

「 俺、ウナギにしようかな 」

「 じゃあ、俺はひつまぶしに 」

だ~か~ら~! このお店は奥久慈シャモを食べさせるお店なの!

「 お願いだから、今日は、シャモを食べて下さいよ! 」

ってワケでなんとかシャモを注文!

まずは手羽先が来ました。

mito 066

お皿の色と同化しちゃってますけど (笑)
一口噛んでみると、何と言うか、とても筋肉質! かと言って硬いわけでもなく程よい弾力で、
まさに鳥類界のアスリート!

こんな鳥肉を食べたのは初めてです!

mito 068

立て続けに、串の盛り合わせ。 中でも秀逸が砂肝!

臭みがなくて、歯触りも最高!

mito 069

地酒にもバッチし。

他には

mito 065

日本酒のすすむ、納豆の塩辛に

mito 067

サクサクの納豆の岩石揚げ。

とりあえず茨城だから、こういうのも行っとかないとね!

そして、〆は、こちらの看板メニューの シャモの親子丼!

mito 071

半熟卵に、シャモのしっかりとした歯ごたえ、最高の丼ですよ!
ランチタイムだったから、そんなにお高くないし。

DAI さん、デッドさん 歩いた甲斐あったでしょ?

御馳走様でした!

合わせた地酒はこちら

mito 073

そう言えば茨城県のお酒は、初めてだったかも。
美味しゅうございました。 (終)

スポンサーサイト

茨城海鮮セットと納豆料理

先日の日帰り旅行で直売センターいきいきで買ってきた茨城海鮮セット!

まぁセットっても、ただ自分たちで買ったものを発砲スチロールの箱に詰めてもらっただけなんですけどね。

ibaraki 076

メインは何と言ってもアンコウでしょ!切り身になった状態で1パック2千円。3~4人前らしいけど5人で食べても十分でした。

setsubun 002

肝を土鍋で炒ってスープを入れてまずはアンコウだけ、その後に野菜を入れて食べたんですけどコクがあって美味しかった!野菜を後から入れたのがスープが薄くならず良かったんですかね。

ibaraki 070

アン肝も酒がすすむ。

そして、煮貝。「あわびもどき」です。実はこの写真では「もどき」って文字が隠されているんですね~。

先月の静岡旅行の時にトーサンが同じような物を買って、食べたんですけど、その時にカーサンが「煮汁が勿体ない」って試しに煮汁、貝で米を炊いてみたら最高に美味しかったので、また買ってしまいました。

あとは、アワビの切れ端やワカメスープなどなど。アワビの切れ端は350円でかなりお得です。
これは早めにお店に行かなきゃすぐに無くなっちゃいそう。

お次は、水戸の納豆料理。お店は「てんまさ」という居酒屋さん。

ibaraki 074

ランチもやってます。僕らが注文したのは先日アップさせた納豆料理と納豆ピラフ。

ibaraki 073

このピラフが特に美味しかったなぁ。納豆臭さはそんなになく香ばしい。桜海老も入っていて、その食感がとても良いです。ガツガツいけちゃいました!

しーちゃんもコッチの方がお気に入りだったみたい。でも直後にリバースしちゃったけどね(笑)

茨城は東京からもそう遠くないし、釣りにもチョイチョイ行くトコだし、また遊びに行こう!
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR