FC2ブログ

火を噴く火鍋!

今日は、蒲田の川福楼という四川料理のお店にやってきました。

最近流行りの火鍋を食べます。

「火鍋=辛い鍋」というイメージがあるんですが、この「火鍋」って
中国語では、鍋料理全般を表す言葉なんですって。

でも、今日のお店の火鍋は辛いスープです!
(半分は、辛くない白いスープです。)

hina 057

僕は、自称辛党なので、真っ赤っかスープオンリーで行きます!

張家の麻辣刀削麺を食べて以来、辛いものにハマってます。

hina 060

食材は牛・豚・羊・海鮮。

基本的に四川料理は、唐辛子やスパイスたっぷりの辛い料理が多いんですが、
四川省という土地は、盆地で、冬は寒く夏は暑い土地柄。

なので寒い冬は体を温め、体がむくみやすい夏は、漢方を含む香辛料で
体の中の余分な水分を排出する効果があるそうです。

医食同源ってヤツですね。

hina 065

辛いけど、うま味のある辛さで、ビールもガンガンすすみます!

以前に横浜で似たような食べ放題の鍋を食べたコトがあるのですが、

具材、スープはこちらの方が美味しいですね。

ところで、 「四川の人は、辛いの苦手な人は、いないの? ムセたりしないの?」

四川出身らしき店員さんに聞いてみたところ、「中にはいるけど、ほとんどいない」とのコト。

小さい頃から辛い物を食べているから大丈夫なんだって。

慣れですね。

僕はと言うと、調子こいて辛いスープを飲み続けた結果、

翌日、トイレでお尻から火を噴きました。(笑)

でもまた、熱い夏に激辛火鍋、食べたいな~。

< 追記 >

マヤリモ夫婦が大好きなパンダの故郷、四川省の一日も早い復興をお祈りいたします。

ラーメン吟太

kippu 014

蒲田駅西口にある、お気に入りのラーメン屋さんです。

何が気に入っているかと言うと・・・

呑んだ後に食べるとスコブル美味い!
(シラフで食べたことがない)

遅くまでやっている!
(というか朝早くまで呑みます)

500円という安さ!
(ここは俺が払うよ! なんて500円で恩を売ることができる)

まぁそれだけじゃなく、味の方もモチロン美味しいですよ。

kippu 010

トンコツ醤油に太麺、具からしても家系と呼ばれるラーメンに近いですね。

isawa 083

チャーシューもしっかり存在感あるし、

これで500円ならイイでしょ。

そして、こちらのお店、ニンニクはモチロン、生姜も入れ放題なのです。

だから、いつも酔っぱらった勢いもあって、

これでもか! ってくらい入れちゃいます。

kippu 012

この写真だと分かりづらいですが、スープの中には、倍量のニンニク生姜が沈んでます。

食べ方は、具を挟んでニンニク、生姜を落とし、
前半は、ニンニクエリア、生姜エリア、ノーマルエリアと、それぞれの味を楽しみ、

後半は、スープをかき混ぜズルズル。

コイツを食べた後は、次の日は、超ニンニク臭い!

なので、僕が、たまに、職場でマスクをしている時、それは、風邪ではなく、花粉症でもなく、

前夜にこの店のラーメンを食べた可能性が高いです。

職場でマスク姿の僕を見つけても・・・ 心配ご無用です。

「あ、コイツ、あのラーメン食べたな」くらいに思っておいてください(笑)

蒲田のヒロイン

kamata 019

マヤリモ家みんなが夢中で観ていたNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」

寂しいかな、本日の放送をもって最終回を迎えてしまいました。(僕は録画してまだ観ていませんが)

普段、民放も含め連続ドラマは、ほとんど観ないマヤリモ家。

なぜ、今回は夢中になって観たのか。

それは、ドラマの舞台が戦後から経済成長期の僕らの住む街、蒲田だったから。

初めは、それだけの理由で観ていたんですけど、コレが面白いんですよね~。

戦後からの復興をテーマに涙あり笑いありの、ヒロインの成長記

視聴率の方も好調だったようで、10月にスペシャル版が放送されるようですね。

umechan.jpg

ヒロインの梅ちゃんは、ホンワカして、どこか頼りなさげな女の子。

でも、とっても純粋で、人を愛し、どんな人からも、とても愛される存在。

朝から何でも出来るスーパーヒロインを観るよりも、頼りなさげなヒロインの成長を観る方が

「自分も今日一日、頑張ろう!」

なんて気持ちになれるんじゃないかな。

そして、他の登場人物の分かりやすいキャラ設定なんかも良かったんじゃないかと。

何せ、毎回15分ほどで視聴者に伝えなくてはいけないのですから。

ちなみに、舞台は蒲田といっても、昔の蒲田が舞台ですから、
現在の蒲田で撮影が行われていたワケじゃないのです。

それでも劇中で、蒲田をはじめ、蓮沼とか糀谷とかって地名が出てくるのは嬉しいもので
蒲田が人情味あふれる街として描かれているのもまた嬉しい。

beer 019

外を歩くと、蒲田の街も最後の盛り上がり!?

sake 001

商店街の酒屋さんで思わず、こんな物買っちゃった。

そして、明日は、「蒲田で梅ちゃん先生の最終回を見る会」というイベントで
安岡幸吉役の片岡鶴太郎さんがゲストでいらっしゃるそうです。

マヤリモ両親としーちゃんで行ってくるそうです。(僕は残念ながら出張です)

ちなみに、しーちゃんは、ノブがお気に入り(笑)

ドラマは、終わってしまったけど、まだまだ、梅ちゃん先生、これからも蒲田のヒロインとして、
街を盛り上げてほしいな。

そして、梅ちゃん先生、楽しい6か月間ありがとう!

<おまけ>

ドラマを観ていた人は分かると思いますが、下村三兄弟は、松子、竹夫、梅子。

松と竹。実は、蒲田には以前、映画会社の松竹の撮影所があったのです。

そして、梅は蒲田(大田区)の花

うまいコトかけたな~。なんて思ったら、脚本家の方も、その偶然に驚いたんだとか。

とんかつ 丸一

蒲田の人気とんかつ屋さん。 丸一 さんです。

お昼時、お店の前を通るといつも行列。

そんなに美味しいんかなぁ。 と以前に大高さんと行こうなんて、約束してたんだけど・・・。
「 美味かったよ 」 なんて、あっさり抜け駆け!

それからしばらく経った土曜日に、しーちゃんと行ってきました。

お得なランチは11時から。 15分くらい前に出掛ければイイだろ。と多寡をくくっていたら・・・。

bay 007

すでのこの行列!

お店はカウンターのみ10席ほどだから余計なんでしょうね。

マヤリモ家からは、自転車で1分程度だからまた別の日に出直してもイイんですけどね。
僕のお腹はすでに、とんかつモード! 譲れません!

開店と同時に入店したお客さんが次々に食事を済ませ、僕らも30分ほどで席に着けました。
カウンターのみのお店だから回転も速いんですね。

注文したのは、ヒレカツ定食(1200円)とロースカツ定食(1100円)。

bay 005

写真はロースカツ。
イイ色でしょ?

無菌豚を使用しているのでレアに揚げることが出来るんですって。
サックサク、ジューシーで、美味しいなぁ。
特製のソースも合います。

普段僕は、ロース派なんですけど、しーちゃんの注文したヒレカツを一切れ。

うま~い!

ココでは、ロースより、ヒレがお勧め!
こんな美味しいヒレカツは、初めて!

でもメニューには、極上ロースカツとやらが。 これを食べたらまた変わるかも。

こりゃ、行列に並んででも食べたい気持ちが分かります。

御馳走様でした! (終)

平壌冷麺 食道園

soft jin 020

蒲田の西口、バーボン通りにあるお店です。

店名の通り売りは冷麺。

さっそく冷麺を、っとその前に

soft jin 014

まずはホルモン焼きでビール!

soft jin 016


お次はチヂミ。具材はいたってシンプル。でもモチモチです。

そして、メインの冷麺!

soft jin 018

辛味が欲しければ後から足してくれるんだって。 辛党の僕はモチロン辛味追加!

辛いと言っても、韓国産の唐辛子を使っているので、舌にしつこく残らないんですよね。
とても爽やかな辛さです。

麺の方も注文ごとに手打ちで茹でているそうでツルツル、モチモチ!

お店のご主人は気さくな感じの方で、お話好き。「 冷麺愛してます! 」 って気持ちが伝わってきます。

soft jin 013

そして、壁には彦摩呂や軽部アナ等のサインに交じって、大田区大森が生んだ超大物女優のサインが!
はいり さんココにも来てたんだね。

御馳走様でした!


< おまけ >

冷麺を食べた後、蒲田散歩。 途中で小腹が空いたので、コロッケ屋さんへ。
そのコロッケ屋さんは、しーちゃんが近くの歯科クリニックに実習に行っていた時によく寄り道をしていた
というお店。

soft jin 023

ん? あれ? 残念、休みだ。

張り紙を見てみると。

soft jin 024

わざわざご丁寧に疾患部位まで (笑)
いや、笑っては失礼なんですけどね。 でもなんかツボにハマってしまいました。

ここのお店のオヤジさんもとても感じの良い人なんですよ。
内臓疾患とか、深刻そうな疾患ではなさそうなので、少しホッとしました。

張り紙になんか挟んである。チョット見てみると・・・。

soft jin 025

名無しの方からのメッセージ。 さすが人情の町・蒲田。 心が温まりました。

美味しいコロッケ楽しみに待ってますね~。 (終)


05 | 2020/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR