三浦でバカンス!

史上最短で明けた梅雨。

その翌日にさっそく夏らしい遊びをしてきましたよ!

sriy185.jpg

場所は、横須賀市のソレイユの丘!

去年の夏に海水浴の帰りにも寄ったんだけど、その時は、海水浴で遊び疲れて、はなが寝ちゃって遊べなかったんだよね。

sriy186.jpg

ソレイユの丘は、三浦半島の海沿いにあって、大型遊具やバーベキュー、農作物の収穫体験や乗馬、ボート、他にもイロイロと楽しめる子供天国的な公園です。

sriy187.jpg

でも、この時期は、何と言っても、ジャブジャブ池!

公園全体が、南仏のプロバンスをイメージした造りになっているので、とってもオシャレな感じ。

しかも、池は一つじゃなくてエリア内にいくつか点在してるから、イモ洗いみたくならない(笑)

sriy181.jpg

はなも水着に着替えて、準備万端!

sriy182.jpg

この日は、35度の猛暑日!

ジャブジャブ!

水も綺麗だし、はな、気持ちよさそうだな~。

sriy183.jpg

え~い!

僕も入っちゃえ!!

うっひょ~!! 気持ちイイ~!!

って、着替え忘れちゃったけど・・・

まっ、この暑さならすぐに乾くでしょ!(笑)


sriy184.jpg

はな、ただいま、三浦の・・・
いや、プロバンスの風とソレイユ(太陽)を受けて、ジャブジャブ池でバカンス中!(笑)

モチロン日帰りだけどね(笑)

日ごろの幼稚園での疲れでも癒しているのでしょうか(笑)


スポンサーサイト

大田区の別荘地(?)でお花見を

bsch1.jpg

今年の桜は、いつにも増しての早咲き。

でも、開花中は雨も降ることなく、長~く、お花見を楽しめましたね。

bsch3.jpg

マヤリモ親子も春の陽気に誘われて、大田区の桜の名所、洗足池へやってきました!

bsch2.jpg

洗足池は、水量豊富な湧水池で、その水は、大田区を流れる呑川へと続いています。

hirs.jpg

江戸時代も景勝地として名を知られ歌川広重の江戸名所図会にも描かれています。

bsch5.jpg

また、1180年、安房国から鎌倉へ向かう途中の源頼朝がこの洗足池で捕らえたという名馬 池月の像もあります。

bsch6.jpg

竹林に魅せられて、妙福寺というお寺に立ち寄ってみました。

bsch9.jpg

こちらには、日蓮上人が袈裟を掛けたと伝えられている 「 袈裟掛けの松 」 が残されています。

実は、「 洗足池 」 という地名は、日蓮さんがこの地を通りかかった際に池のほとりで休息し 「 足を洗ったから 」 と言われています。

bsch10.jpg

そんな歴史の深い、洗足池に別荘を建てた人がいます。

kaisu.png

それは、江戸の町を戦火から救った幕末の偉人、勝海舟です。

kais.png

こちらは、若かりし頃の勝海舟。

なかなかの男前ですよね。 けっこうモテモテだったらしいですよ。

bsch7.jpg

洗足池をこよなく愛した勝海舟。

現在、池のほとりにあるお墓に夫人と並んで眠っています。

実は、夫人の民子さんは、海舟のあまりのモテっぷりに愛想をつかし、「死んだら勝の傍に埋めてくれるな」と遺言し、暫くは違う場所に埋葬されていたんですって。
でも、それをお孫さんが独断で一緒にしてしまったんだとか(笑)

お墓の中の二人の心境やいかに(笑)

海舟のお墓の隣には、盟友、西郷隆盛の菩提を弔うために建立した 「 西郷隆盛の留魂祠 」 があります。

bsch8.jpg

そして、お墓の前はちょっとした公園が整備されていて、はなも大はしゃぎ。

花より公園ですね(笑)

数年ぶりに都内でのお花見を楽しめました。

bsch4.jpg

はなに撮ってもらった一枚。

なかなか良く撮れてるよ。

来年もまたお花見行こね!





千葉にある、東京ドイツ村

今日は、千葉県にある東京ドイツ村にやってきました!

千葉、東京、ドイツ・・・

こうなると、もう何がなんだか・・・

まぁ、とにかく入園だ!

tkdm5.jpg

最近、二人の流行りのポーズで。

さぁ、園内を巡ってみよう!

園内は、ハウステンボスのように、外国の町並みが!

と、思ったら、そんなことはなく(笑)

どちらかと言うと、公園がメインの施設のようですね。

もとゴルフ場だったところを再開発したようで、なかなか広く見晴らしもイイです。

ゴルフ場だからバンカーがそのまま砂場になっていたり、なかなか面白い。

訪れたのが寒い時期だったから、これからの季節だと芝も青々としてきて気持ちイイんだろうな~。

ドイツの町並みがなくても、きっとドイツグルメが充実!

tkdm8.jpg

と、思ったら、餃子ドッグ、豚まん、焼きそばに甘酒というラインナップ(笑)

ここに来て、敢えてこれらの物を食べる必然性が感じられずにパス!(笑)

でも、ちゃ~んと、ドイツのソーセージやビール、お菓子なんかも売っている、お土産売り場もありますよ。

tkdm13.jpg

まぁ、はなは、そんなコトお構いなしに遊具で遊びまくる!

ドイツの町並みやグルメが期待外れでも、子供が笑顔全開で遊べれば、それでイイやね。


tkdm12.jpg

乗せるだけでも号泣していたブランコも、今じゃ僕が心配になるほど自分で漕ぎまくり!

tkdm6.jpg

ターザンだって一人で出来ちゃうようになったんだ~。

tkdm7.jpg

ジャングルジム。

「 はな、そんな上まで登んなくてイイよ~! 」 なんて、僕はハラハラ。

僕が小さい頃、僕の両親もそんな気持ちになったりしたのかな。

それにしても、公園で遊んでいると、我が子の成長がよ~く分かりますね。

でも、実は、こちらの東京ドイツ村で、町並み、グルメ、公園よりも期待していたものがあるんですよ。

tkdm1.jpg

それは、イルミネーション!

ちなみに、はなの顔は、僕のリクエスト、 「 白目でポーズ 」 !最近の僕のブームです(笑)

あまり白目になってないけどね(笑)

tkdm9.jpg

徐々に辺りも暗くなってきて彩りも増してきました。

tkdm10.jpg

昼間は、ちゃっち~な~なんて思ってた建物も、まるで魔法がかかったかのように光り輝いてます!

tkdm11.jpg

はなの好きなお城も素敵にイルミってる。

tkdm2.jpg

でも、今回、はなのお気に入りは、お城よりも、こちらの小っちゃいお家。

はなサイズのお家は、エリアにいくつも点在していて、その都度、はなは、物件チェック!(笑)

tkdm3.jpg

そして、 「 白目ポーズ! 」 (笑)

tkdm4.jpg

最後は、園を一望できる小高い丘へ。

子供が描いたような温かみのあるデザインのイルミネーション。

何だかんだ言って、東京ドイツ村、子供の夢がつまった素敵な場所でした!


そうだ、京都に行こう。(2)

うぞうすいで心も体も温まった後は、京都観光の後半。

1511828805031.jpg

三十三間堂から歩いて、清水寺へ。

有名な清水の舞台は、残念ながら改修中で観ることは叶わず。

kymz.jpg

でも、紅葉が真っ盛りで、秋の京都を楽しめました。

あと、真っ暗な胎内めぐりとかね。

kmi10.jpg

その後は、お土産を探したりしながらタクシーで錦市場へ。

knsi.jpg

錦市場は、京都の台所などとも呼ばれ、地元の方や観光客でとても賑やか。

はぐれてしまいそうにもなったけど、カツさんは、かなりデカイ人だからすぐに分かる(笑)

kyns2.jpg

ここでは、食べ歩きグルメを楽しみました。

京都は、見所が多くて、とても一日じゃ足りないな~。

というか、これから大阪で会議だった!(笑)

kmihri.jpg

みんな、お腹いっぱいで、寝たりしなきゃイイけどね(笑)

さぁ、気持ちを切り替えて、大阪に向かおう! 

カツさん、ナリちゃん、また食い倒れ旅しましょうね!(終)


 

そうだ、京都に行こう。(1)

今日は、大先輩のカツさんと、後輩のナリちゃんと僕の三人で大阪出張です。

カツさんは、病院の看護師さんなので、ゆっくり話すのは久しぶりなので楽しみだな~。

ナリちゃんは、初の出張なので、「せっかくだから、どこか寄って行こうか?」 なんて話に。

僕の「城跡巡り!」 という提案は、「絶対ヤダ!」というナリちゃんの完全拒否でボツに。

後輩のクセに~!(笑)

結局、 「 そうだ、京都へ行こう 」 というコトに。

kmi1.jpg

新幹線からは、富士山が綺麗に見えました!

新幹線や飛行機から見る富士山は、テンション上がるんだよな~。

しかも、今回の新幹線の座席は、グリーン車!贅沢~!

でも、カツさんによるとネットで座席を取ると普通車よりもグリーン車の方が安く取れるんだって。

こういうの知らないと損しちゃうよね~。

kmi2.jpg

さて、京都で新幹線から在来線に乗り換えてやってきたのは、こちらの神社!

さて、ど~こだ?

kmi3.jpg

ヒントは、境内にある1万基以上の鳥居!

kmi4.jpg

正解は、伏見稲荷大社でした!

伏見稲荷は、全国に3万社もあるいう 「 お稲荷さん 」 の総本宮。

そして、こちらは千本鳥居。

JR東海のCMの撮影地ともなりました。

太陽の光が朱色の鳥居を照らし、神秘的な雰囲気を醸し出します。
この光景が見たかったんだよね~。

伏見稲荷は、ついこの間までは京都の観光名所の中でも、どちらかと言うと穴場的だったようですが、
2012年のJR東海のCMや 「 外国人が選ぶ日本の観光地2014 」 で第一位を獲得したこともあり、今は多くの人で賑わいます。
外国の方には、ハリウッド映画 「 SAYURI 」 の影響があったとも言われていますね。

kmi5.jpg

こちらは、 「 おもかる石 」 というチョットした運だめし。

願い事を唱えて、小玉スイカほどの大きさの灯篭の丸石を持ち上げます。

その時、自分の予想より軽いと感じたら願いは叶い、思いと感じちゃったら・・・残念!

僕も願いを唱えて、いざっ! んっ!? 意地でも 「 軽く感じた!(笑) 」

kmi8.jpg

伏見稲荷大社は、山内をくまなくお参りしたら、3時間以上?!

さすがに今回はそこまでの時間はないので、1時間ほどで、次のスポットへ。

その前に、名物の 「 おいなりさん 」 をパクッ!

実は、今回の旅の目的の一つは、食いしん坊3人組が行く、食い倒れツアー!

すでに、新幹線でもしっかりお弁当を食べ、その後、カツさんのお勧め、抹茶のワッフルを食べています。

空腹を感じたら、すぐに何かを食べる!が鉄則(笑)

kmi6.jpg

伏見稲荷から、20分ほどで、次のスポット、三十三間堂。

1164年に平清盛が建てられた幅120メートルのお堂に千一体の千手観音像が配され、

荘厳かつ静寂な空間を醸し出します。

確か、中学、高校と修学旅行で来たらしいのですが、全く記憶にない・・・。

やっぱり、こういうのはある程度の齢を重ねないと良さが分からないんだなぁ。

御仏様の心に触れたところで、お腹が空いてきたな~(笑)

さぁ、お昼ご飯にしましょう!



06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR