FC2ブログ

親子四人東海道中記① 一生に一度は! 

oise1.jpg

今夜のマヤリモ一家は、これから、車で東海道を西にひた走ります。

oise2.jpg

蒲田から一般道と高速を併用して、のんびりとやって来たここは、

伊勢神宮で~す!

江戸時代より、 「 一生に一度はお伊勢さん 」 と庶民が憧れたお伊勢参り。

庶民マヤリモ一家、朝、一番のりで到着しました!

神社って、緑に囲まれているせいか、はたまた、気によるものなのか・・・

なんだか、スゥ~ッと心地の良い冷気を感じるんですよね。

伊勢神宮は、外宮、内宮と呼ばれる二つのお宮から成り立っていて、

外宮、内宮からお参りするのが、古来からのならわしなんだとか。

oise4.jpg

玉砂利をシャラシャラと踏みしめて正宮にやってきました。

コチラが外宮に鎮座する豊受大神宮で、内宮の天照大御神のお食事を司る神様です。

「 豊受大御神はお米をはじめ衣食住の恵みをお与えくださる産業の守護神 」

とのことで、僕らの生活に関わるすべての守り神。

日ごろの平穏な生活に感謝しつつ、お次は、内宮です。

oise5.jpg

内宮には、五十鈴川に架かる宇治橋を渡ります。

この橋を渡って、神様の領域にお邪魔します。

oise6.jpg

第一の鳥居をくぐって右手に進むと、さきほど渡った五十鈴川のほとりに石畳があります。

古来より、参拝者は参拝の前にこちらの川辺で心身を清めたそうです。

赤ちゃんの頃から、神社やお寺が近づくと、反応を示してきたはな。
この場所に来たとたん泣きだした!? また、何かを感じ取ったのか??

いいえ、単に、歩くのに飽きたようです(笑)

oise7.jpg

それでも、気を取り直して、内宮正殿までやってきました!

周囲は、多くの木々に囲まれて、ますます神聖な空気に包まれ、

不思議と感覚が研ぎ澄まされるような気がします。

祭神は日本人の総氏神で太陽にも例えられる、天照大御神。

こちらでも日々の生活に感謝をしつつ、太陽のパワーを頂きましょう!

さて、初めてのお伊勢参りでしたが、僕らの他に参拝者はほとんどいなくて、ゆっくりとお参りすることが出来ました!

朝一番を目指してきた甲斐があったね!

さて、この後は、しーちゃん、はな、お楽しみの・・・

< おまけ >

正殿にお参りをした後、子安神社に立ち寄ったのですが、

ちょうど、朝拝の儀式の準備中。

おっ! なんて良いタイミング!

どんな厳かな儀式が行われるのかと思いきや・・・

kys191.jpg

写真では、伝わりませんが、これがメチャクチャ高速!

まるで早送り画像でも見ているかのような流れの儀式!

いや、あまりの速さにあっけにとられてしましました(笑)

でも、貴重な場面を拝見することができました!



スポンサーサイト



富士山はすぐそこなのに・・・

fjsm181.jpg

おはようございます!

親子3人静岡旅行二日目!

朝起きたら部屋から富士山!!

のはずだったんですけどネ~。

fjs182.jpg

これは、宿の方が部屋から撮った写真。

本当は、こんな景色を期待してたんだけどね~。

残念っ!

fjs183.jpg

でも、気を取り直して、今日を楽しみましょう!

やって来たのは、富士ミルクランド。

fjs186.jpg

こちらは、富士宮市にある牧場で、動物たちとの触れ合いやお土産なんかも充実してます。

ここでも、本来なら富士山が綺麗に見られるスポットなんだけどね~。

fjs185.jpg

「 ミルクランド 」 だけに、こんな菩薩様まで。

みるく菩薩様、肩に手なんか掛けちゃって、 「 ダチ感覚 」 のはなをお許しください(笑)

なんだか牛さんが単車に見えてくる(笑)

fjs184.jpg

牧場で食べるジェラート。

たまらないでしょ?

fjs187.jpg

ふれあい動物園では、はなのお気に入りとなった 「 ふうた君 」 と記念撮影。

何種類、何頭もいる中で、はなが、もう一度会いたいって言ってただけあって可愛いよね。

はなって面食い??(笑)

でも、僕も、今まで見てきた中で一番イケメンなヤギ君だったな~。

fjs188.jpg

そして、お次は、こちらの牛さん。

何をしてくれるかというと・・・

fjs189.jpg

はな、初めての乳しぼり!!

かなり、おっかなビックリ!

そりゃそうだよね。この写真の直前に、この牛さん、「はな、怖くないよ、おいで~」なんて言ってた
しーちゃんに食べてた草を頭から全身にブチまけちゃったんだよね~。

しーちゃん、メチャ草だらけ(笑)

しーちゃんの名誉のため、その時の写真は掲載を控えさせて頂きます(笑)

この後、牧場で搾りたて牛乳を頂きましたが、そのお味は・・・

fjs1810.jpg

♪ティーティッティリー♪(これ、ねるねるネルネのCMの効果音ね)

この顔でお分かりでしょう(笑)

fjs1811.jpg

その後は、もちや遊園という有料の公園でひと遊び!

結局、今回は、天気には恵まれ、しかも富士山のすぐそばで遊んでいたのに、

ほとんど、富士山の姿は見られず・・・

近くにいて晴れてるからって、必ずしも見られるもんじゃないんだね~。

でも、久しぶりの親子三人旅、とっても楽しかったよ!

今度は、どこ行こうか~??



親子三人、シイタケを狩る!

stkg181.jpg

今日は、親子三人で久方ぶりの一泊旅行!

目指すは、静岡県の梅ヶ島にある 「 志村農園 」 。

にぎやかな静岡駅から北に車を走らすこと40分ほど・・・

stkg182.jpg

アイスブルーの安部川がとても綺麗!!

一応、ここは、「葵区 」なんだけど、この風景は僕のイメージする 「 区 」 ではない!(笑)

smr181.jpg

更に北上、車一台が通るのがやっとの山道を登ってついた、志村農園!

ここで人生初のシイタケ狩りだぁ!!

stkg183.jpg

まずは、農園の方からの説明を受けて、シイタケ狩りスタート!!

「 シイタケってこういう風に出来るんだ~ 」 とはなも興味津々。

stkg184.jpg

で、二人もシイタケ、ゲ~ット!!

stkg185.jpg

そんでもって、みんなカゴいっぱいにシイタケを収穫。

でも、コレで終わりじゃないんだよ。

stkg1812.jpg

隣接してるBBQハウスで採りたてのシイタケを七輪で焼いて食べるっ!

採ったシイタケの七輪焼きと、シイタケおにぎりとピザもセットになってるんです。

stkg189.jpg

シイタケ大好きしーちゃんには、たまらないでしょ~。

実は、今回の旅行は、シイタケ大好きしーちゃんのために企画。

ただ、心配なのは、はなだよ。

今まで、普通に食べられてたシイタケを何故か最近、 「 嫌い 」 なんて言うようになっちゃった。

恐る恐る、口に運んだはな・・・

stkg188.jpg

「 うん!美味しい!これなら食べられる! 」 だって。

良かった!はなのシイタケ嫌いも克服!

でも、採りたてだったからかな~。

スーパーで買ってきたシイタケも食べてくれるかな?? 

stkg187.jpg

シイタケのおにぎりも美味しかったけど、僕らが虜になったのが、

このシイタケのピザ!

これホント最高!! また食べたいな~。

stkg1814.jpg

お腹いっぱいになったら、BBQハウスの外にある、森の中のブランコで、ひと遊び!

なんだかゴツいブランコですが、その理由は・・・

谷に向かってダイブするかのようなブランコだから!

これが、写真では伝わりづらいけど、見るからにスリリング!

しかも、木からロープを垂らしたザ・ハンドメイド!

stkg1815.jpg

施設の方に 「 手作りなんですか~? 」 なんて尋ねると、「 そう!器用な山の猿が作っていったの! 」

なんて、求めてたのは、そういう温もりあるボケではなく、安全性についてだったんだけどね(笑)

はながやる前に、父親らしく、僕が試したんだけど、コレ、大人でも結構怖い!

そして、自分よりも、人がやるのを見る方が怖い!

はながそのまま、谷底に落ちたらどうしよ!

なんて、心配をよそに、はなは、大ハシャギでした(笑)

じゃあ、そろそろ寄り道をしながら宿に向かいましょう!

stkg1810.jpg

今夜の宿は、富士宮の民宿なんだけど、気が付けば、はなが、窓を見つめて固まってる。

どうしたの?って声をかけたら・・・

stkg1811.jpg

窓ガラスにカエルが張り付いてる!

はな、絵本なんかでは、よく見るカエル、マジマジ見るのは初めて。

このカエルさん、部屋の灯りに誘われて窓に集まった虫を捕食しにやってきたようで、

その捕食シーンを気が付けば、20分くらい、親子三人で食い入るように見入っちゃった!(笑)

ちなみに、こちらの部屋は、富士山が綺麗に見られるらしいので、明日の朝が楽しみだな~。(続く)




三浦でバカンス!

史上最短で明けた梅雨。

その翌日にさっそく夏らしい遊びをしてきましたよ!

sriy185.jpg

場所は、横須賀市のソレイユの丘!

去年の夏に海水浴の帰りにも寄ったんだけど、その時は、海水浴で遊び疲れて、はなが寝ちゃって遊べなかったんだよね。

sriy186.jpg

ソレイユの丘は、三浦半島の海沿いにあって、大型遊具やバーベキュー、農作物の収穫体験や乗馬、ボート、他にもイロイロと楽しめる子供天国的な公園です。

sriy187.jpg

でも、この時期は、何と言っても、ジャブジャブ池!

公園全体が、南仏のプロバンスをイメージした造りになっているので、とってもオシャレな感じ。

しかも、池は一つじゃなくてエリア内にいくつか点在してるから、イモ洗いみたくならない(笑)

sriy181.jpg

はなも水着に着替えて、準備万端!

sriy182.jpg

この日は、35度の猛暑日!

ジャブジャブ!

水も綺麗だし、はな、気持ちよさそうだな~。

sriy183.jpg

え~い!

僕も入っちゃえ!!

うっひょ~!! 気持ちイイ~!!

って、着替え忘れちゃったけど・・・

まっ、この暑さならすぐに乾くでしょ!(笑)


sriy184.jpg

はな、ただいま、三浦の・・・
いや、プロバンスの風とソレイユ(太陽)を受けて、ジャブジャブ池でバカンス中!(笑)

モチロン日帰りだけどね(笑)

日ごろの幼稚園での疲れでも癒しているのでしょうか(笑)


大田区の別荘地(?)でお花見を

bsch1.jpg

今年の桜は、いつにも増しての早咲き。

でも、開花中は雨も降ることなく、長~く、お花見を楽しめましたね。

bsch3.jpg

マヤリモ親子も春の陽気に誘われて、大田区の桜の名所、洗足池へやってきました!

bsch2.jpg

洗足池は、水量豊富な湧水池で、その水は、大田区を流れる呑川へと続いています。

hirs.jpg

江戸時代も景勝地として名を知られ歌川広重の江戸名所図会にも描かれています。

bsch5.jpg

また、1180年、安房国から鎌倉へ向かう途中の源頼朝がこの洗足池で捕らえたという名馬 池月の像もあります。

bsch6.jpg

竹林に魅せられて、妙福寺というお寺に立ち寄ってみました。

bsch9.jpg

こちらには、日蓮上人が袈裟を掛けたと伝えられている 「 袈裟掛けの松 」 が残されています。

実は、「 洗足池 」 という地名は、日蓮さんがこの地を通りかかった際に池のほとりで休息し 「 足を洗ったから 」 と言われています。

bsch10.jpg

そんな歴史の深い、洗足池に別荘を建てた人がいます。

kaisu.png

それは、江戸の町を戦火から救った幕末の偉人、勝海舟です。

kais.png

こちらは、若かりし頃の勝海舟。

なかなかの男前ですよね。 けっこうモテモテだったらしいですよ。

bsch7.jpg

洗足池をこよなく愛した勝海舟。

現在、池のほとりにあるお墓に夫人と並んで眠っています。

実は、夫人の民子さんは、海舟のあまりのモテっぷりに愛想をつかし、「死んだら勝の傍に埋めてくれるな」と遺言し、暫くは違う場所に埋葬されていたんですって。
でも、それをお孫さんが独断で一緒にしてしまったんだとか(笑)

お墓の中の二人の心境やいかに(笑)

海舟のお墓の隣には、盟友、西郷隆盛の菩提を弔うために建立した 「 西郷隆盛の留魂祠 」 があります。

bsch8.jpg

そして、お墓の前はちょっとした公園が整備されていて、はなも大はしゃぎ。

花より公園ですね(笑)

数年ぶりに都内でのお花見を楽しめました。

bsch4.jpg

はなに撮ってもらった一枚。

なかなか良く撮れてるよ。

来年もまたお花見行こね!





10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR