絶景かな! 魚見亭 江の島丼

オットさんの案内で訪れた江の島にある魚見亭で朝食です。

uomtieh.jpg

訪れたのは12月でしたが、風もない穏やかな日だったのでテラス席へ!

これぞまさにオーシャンビュー!

富士山も良く見えました!

uomtyca.jpg

テンション上がって朝からビール!(まぁ二人と合流する前から飲んでましたけど 笑 )

江の島ラベルのクラフトビールで乾杯!

ensmber.jpg

さて、ここでの朝食は、生け簀のサザエを使った江の島サザエ丼!

ssseen.jpg

この辺りで有名な物と言えば、最近では真っ先にシラスを思い浮かべますが、サザエも沢山獲れるんですね。

ensmdnn.jpg

そのサザエを卵でとじた江の島丼。

卵のふわふわとサザエのプリプリ感が良いですね。

ご飯も美味しかったけど、テラスからの眺望が何より素敵でした!

オットさん、良いお店を教えてくれてありがとう!

ご馳走様でした~!


スポンサーサイト

知らないミカンがいっぱい! 柑橘問屋 石澤商店

湯河原を散策中に見つけた、みかん屋さん。

ha6 018

石澤商店さんです。

ha6 024

こちらは湯河原で採れる柑橘類を専門に扱っている問屋さんですが、
個人向けに小売りもしてくれます。

ha6 017

店頭にも沢山の柑橘類が並んでいますが、初めて見るものばかりです。

それもそのはず、湯河原は年間通じて100種類もの柑橘類が栽培されてるんですって!

ha6 023

こちらでは、多い時期で20種ほどが集まり、店頭に並ぶんだそうです。

ha6 016

気になる品種は試食もさせてもらえるので、
僕らはその中からゴールデンオレンジとセミノールというミカンを選んでお土産にしました。

ha6 032

奥のオレンジ色のがセミノール。
味の方は、一般的なオレンジよりも濃かったな~。

そして、手前のちっこい柑橘がゴールデンオレンジ。
オレンジといっても見た目は柚子のようなですね。
爽やかな酸味と甘みが特徴的でした。

このゴールデンオレンジは、生産量が少なく、ほぼ市場に出回ることはないんだそうです!
まさにご当地みかん!

でも、以前に食べたコトがあるな~。なんて思っていたら、

高知県の 「 小夏 」 というみかんでした!

お店の方のお話によると、やはりルーツは同じ品種であるとのコトです。

また、ゴールデンオレンジの旬は初春から5月末くらいだそうで

お店を訪れた時は、旬を過ぎていた頃でした。

旬の時期のゴールデンオレンジは僕らが食べた何倍もの甘さがあるんだとか。

皮をむくと甘酸っぱい強い香りが辺りに漂い 「 内緒で食べられないみかん 」 とも
言われているそうです(笑)

次回は、春に旬のゴールデンオレンジを食べに湯河原に来よう!

しーちゃん温泉リフレッシュ!

先日、クーポンサイトでお値段1500円の日帰り温泉&昼食付きプランのチケットを購入したので
神奈川県の湯河原にやってきました。

湯河原は、東京から約2時間。

神奈川県の最西部で静岡県との県境に位置します。

IMG_7290.jpg

僕らが訪れたウェルネスニューシティ湯河原も県境にあります。

だからホテルの前の橋もこんな感じ(笑)

IMG_7292.jpg

県境をまたぐ母子の図 (笑)

さて、今回チケットは、しーちゃんの分しか買わずに
僕とはなは、どこかで時間を潰す予定。

しーちゃんにご飯も一人でゆっくり食べてもらおうと思ったのですが、
「一人じゃ寂しいから」というコトで結局、僕とはなも同伴(笑)

ha6 008

クーポンで付いてきたお食事です。

僕は、日替わり定食を食べました。

お昼ご飯を食べたら、しーちゃんは温泉へ。
ここでしばらくお別れです。

しーちゃん2 128

しーちゃん、ごゆっくり~。

さぁ~て、はな、ウチらは、どこ行こうか?
と言っても、はなはすぐ寝ちゃうんだよね(笑)

とりあえず車を海岸近くの駐車場に停めて、湯河原の街を散策です。

IMG_7286.jpg

湯河原の駅はこんな感じ。

IMG_7282.jpg

駅前に銅像が立ってますが、こちらは、平安、鎌倉時代に湯河原を治めていた武将、土肥実平さん。
源頼朝を援け、多くの武功を立てたそうです。
とても領民思いの領主だったようですよ。


そんな古くから歴史のある湯河原は、お隣の熱海のような派手さはありませんが、

その分ゆっくりと温泉を楽しむ事が出来そうですね。

明治時代以降は、国木田独歩や夏目漱石、島崎藤村に芥川龍之介など
文豪から愛されたんだとか。

ha6 013

僕らは、その後、海岸で初夏の海風を感じたり、
お土産売り場を散策したり・・・。

何だかんだで、あっという間の2時間でした。
やはり、はなは、ほとんど寝てましたけどね(笑)

しーちゃんも久しぶりにゆっくりお風呂に入れたようだし良かった良かった。

IMG_7289.jpg

機会があったらまた日帰り温泉、行きましょう!

名産凝縮! 小田原丼

昨年、サイ君との湘南ライドの際に目的地の小田原で食べた小田原のご当地ドンブリ

小田原丼です。

小田原丼の条件とは・・・

一つ、小田原の海と大地で育まれた食材を一つ以上用いること。

二つ、伝統工芸品・小田原漆器の器に盛って饗すること。

三つ、お客様に満足していただき、小田原がもっと好きになるように、おもてなしすること。

そんな条件を満たしたドンブリを市内30軒のお店で食べるコトができます。

その中で僕らが選んだお店は、菜こんたん さん。

hachi 037

開店前から待ちのお客さんが。人気店のようですね。

こちらのドンブリは、鯵のサクサク丼という小田原丼。

hachi 032

鯵のフリッターが丼に刺さっているというインパクトあるビジュアル!

でも見た目だけではなく、お味も美味しい!

サックサクの衣に噛みつくと中には、ほっこりとした身、地元小田原の鯵。

hachi 035

中骨もカリッカリで美味しい。

ほんのり甘いソースには、小田原さんのミカンの皮が使われているようで
爽やかさがプラスされています。

そして、名物はこの丼だけではなく、お吸い物も

hachi 030

なんだコリャ~!?

ソフトボールでもお椀にのっけて来たのかと思っちゃいますが、
これ、お麩なんです。

小田原名産の玉麩。 
プルンプルンの食感で、メインの丼以上にインパクトのあるお椀でしたね~。

小田原名産が盛りだくさんの菜こんたんの小田原丼美味しく頂きました~!

小田原、もっと好きになりましたよ~!

hachi 055

帰りは小田原の渋い銭湯で汗を流しました!
これで美味いビールが飲めるな!

サイ君、またどこかポタリング出掛けましょう!

入場禁止のその先に・・・ もみじや

マヤリモ父さんの紹介で、大人の社会科見学で立ち寄ったお店、もみじや さんです。

場所は横浜中央卸売市場内にあります。

kou 014

市場内に入ると、いきなりの立ち入り禁止!?

でも、ここでビビってはイケません!

臆することなく進みましょう! (大丈夫、一般も入場OKです)

kou 012

場内を行きかうターレーにひかれないようにして、

お店に到着!

迷わず注文したのは・・・

豪快な盛りつけの刺身定食!

kou 006

1000円でかなりのボリュウムです!

ご飯もテンコ盛りでアラ汁も付きます。
しかも、おかわりも出来ちゃう!

エビもプリプリ!

大好きなエンガワも入ってた!

回転寿司の7,8倍はあるんじゃないか!? ってサイズで
エンガワを噛み切るようにして食べたのは初めて!

エンガワ好きにはタマラン!

付け合わせの魚の甘辛煮もご飯が進んじゃう!

でも、この定食の目玉はコレ!

kou 008

刺身の下に埋もれてた箱ウニ!

kou 010

これを少し残しておいたご飯に惜しげもなくドーンと!

ホントこれで1000円は素晴らしい!

お店の方も気さくで元気一杯!
お約束は、お会計時の「はい、一億円ね~!」(笑)

一千万じゃないよ! 一億ですよ!

この店、アベノミクス効果で超インフレが進んでるようです(笑)

shig 260

そして店内は、いかにも 「市場の定食屋」 と言った感じで、

僕の真横には、当たり前のようにトロ箱入りの魚が!

さすが、市場、新鮮そうな魚でした!

ただし、広くない店内は、全席喫煙OKなので嫌煙家の方にはNGかも。

でもあり得ないCPにマヤリモ、再訪確定です!

ごちそうさまでした~!(終)
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の37歳(男性)
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と昨年9月に生まれた娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR