FC2ブログ

ブロンプトン江戸へ行く! (3)

ブロンプトンを蒲田から走らせ築地、隅田川を越えて東京スカイツリー、

さらに江戸川を越えて千葉、柏、そして利根川も越えて自宅から62キロ。

やっと着いたのは、前々から行きたかった茨城県にある江戸です!

茨城にある江戸とは何か? というと・・・

045.jpg

NHKエンタープライズが管理運営するワープステーション江戸という施設のコトなんです。

041.jpg

施設内は江戸の街並みが再現されていてNHK大河ドラマをはじめ

民放ドラマや映画など数多くの時代物の撮影所となっているのです。

とにかく中に入ってみましょう!

施設内に入ると、そこはまさに江戸!

010.jpg

日本橋に

014.jpg

江戸城。

033.jpg

時代劇だと、大概このお堀で土座衛門が発見されるんですよね(笑)

この日も時代劇の撮影がありました。

撮影が入ってしまうと、

023.jpg

通常見られるはずのセットも一部見られなくなったりします。

また、あくまでも撮影セットに重きをおいているので、建物などに対しての
説明パネル等は、一切ありません。

予備知識や資料を持参しないと、退屈しちゃうかもしれませんね。

それでもただ単に、江戸情緒を味わってみたいという人には良いのかも。
セットの規模は江戸資料館とはスケールが違います。
そして400円と入場料も安い!

009.jpg

江戸の街並み

031.jpg

街角から江戸時代の人がひょっこり出てきそう。

039.jpg

と思ったら、芝居小屋の前にチョンマゲ姿の人が!!

どうやら時代劇の出演者のようですね。

この日は、平日でお客さんは僕一人だけ(笑)

本当に江戸時代にタイムトラベルをしたようでした。

また江戸の空気を吸いたくなったら、訪れたいと思いま~す!

それでは、この辺でマヤリモ、タイムアウトします!



ブロンプトン江戸へ行く! (2)

隅田川を渡り江戸を離れたブロンプトン、その先の江戸を目指します(?)

途中、東京スカイツリーに立ち寄ってみました。

tou 107

ツリーの下までくるのは、初めてだけど、やっぱり高いな~!

そうそう、このスカイツリーの登場を江戸時代にすでに予知していた人がいたって知ってます?

その人の名は歌川国芳。

妖怪画などを得意とした浮世絵師。

その国芳の「 東都三ツ又の図 」という隅田川の中州から深川方面の風景を描いた浮世絵に、なんとスカイツリーが存在するのです!

作品が描かれたのは1831年。

sky.jpg

わかりますか?

zu.jpg

もうちょっと寄ってみます?

maya.jpg

ほら~!!

描かれた場所も現在スカイツリーが立っている場所に近いとか。
(詳細に検証した結果、違う方向であるという説も)

ちなみに左に描かれている少し背の低い方は、火の見櫓。

当時の火の見櫓の高さは約10メートル。

それから推測するとその高さは25メートルほどになるそうです。
当時、幕府の威厳、防衛を保つ為に江戸城を超える高さの建物の建築はご法度。

なので、当時としては異様な高さだったとも言えます。

果たしてコレは一体何を描いているのか?

井戸を掘るための櫓とも言われていますが、納得のいく証明はなされていません。

そもそも火の見櫓の存在は資料にも記載があるのに、これだけの高さのものの記録が残っていないと言うのも不思議です。

謎は深まるばかりだ。

181.jpg

そして、この国芳、スカイツリーの登場だけではなく、もうひとつ驚きの予知していたんです。

それがこの 「 東都御厩川岸之図 」に描かれています。

yoci.jpg

右端の男性のさしている傘に入った漢数字に注目。

これは当時の呉服屋などで使用されていた貸し傘。
その通し番号の千八百六十一(1861)

実は、この数字は歌川国芳が亡くなった西暦1861年と一致!

そう! 国芳は、自分の亡くなる年までも予知していたのです!

もっとも江戸時代は西暦は使っていなかったので偶然の一致と言えばそれまでですが・・・。

信じるか信じないかは、あなた次第・・・。

さて、話が大分それました。

それでは、江戸を目指す旅に戻りましょう。

tou 109

中川を越えるころ、綺麗な朝陽が登ってきました。

ブロンプトンは、朝陽を浴びながら江戸川を渡り千葉県へ。

tou 112

そして、坂東太郎こと利根川も越えて

tou 114

茨城県までやって来ました~!

そしてブロンプトンは、まだまだ江戸を目指しま~す!

ここまでで自宅から約50キロ(続)

ブロンプトン 江戸へ行く! (1)

今日のブロンプトンは時空を超えて江戸を目指します!?

えっ? マヤリモさん、前々からオカシイと思ってたけど、ついにキテしまったかって?

まぁまぁ、とりあえず行ってみましょー!(笑)

まずは、蒲田の自宅を早朝5時に出発!

江戸を目指す為にブロンプトンという名のタイムマシンは、進路を北に取ります!

tou 101

まずは、約40分程で築地に到着。 

さすがは、東京都民の胃袋を支える築地市場。

活気に満ちてました。

ちなみに築地に魚河岸がやってきたのは、関東大震災以降。

ni2.png

それ以前は江戸時代から魚河岸は日本橋のほとりにありました。
当時、朝だけで千両の金が流れるほどの賑わいだったと言われます。

さて、ここで僕の胃袋も満たそう思います!

tou 099

築地で働く方や観光客、朝帰りの飲兵衛や出勤前のサラリーマンなど、

さまざまな人が利用する立ち食いラーメンの井上さん。

この日も平日にも関わらず沢山のお客さんで賑わってました。

tou 096

あっさりしたスープのラーメンで体の芯から温め、江戸へのブロンプトン旅リスタートです。

tou 104

隅田川にかかる新大橋を渡るころ空が明るくなってきました。

江戸時代、隅田川を超えるとそこは江戸の外れだと言われていました。

でも今日僕が目指す江戸は、まだまだ先にあります。

隅田川を渡ると新しい東京のシンボル、東京スカイツリーが近くに見えてきました。

せっかくだからチョット寄り道をして近くまで行ってみよう!(続)

ブロンプトン 昭和記念公園を走る!

10月下旬、黄色のアクアにブロンプトンを載せて、
立川市にある昭和記念公園にやってきました。

IMG_9013.jpg

アレックスからサイズダウンしてブロンプトンが2台載るか心配だったのですが
しっかりトランクに納まりました!

さて、ここ昭和記念公園は、 「 緑の回復と人間性の向上 」 をテーマに
1983年に立川基地跡に開園した日本を代表する国営公園のひとつです。

その広さは、東京ドームの約40倍!!

IMG_9064.jpg

とてつもなく広いため、園内に便利なパークトレインが走ります!

サイクリングコースも整備されていてその距離は14キロ!

IMG_9019.jpg

今回は、「 自然の中をブロンプトンで走りたい! 」
との思いで、このサイクリングコース目当てにやってきました!
ちなみに自転車の貸し出しもしています。

IMG_9119.jpg

それでは、レッツゴー!
はなもしっかり背中にしがみ付いています(笑)

IMG_9067.jpg

街中を走るのもイイですが、やはり自然の中を走るのってとっても癒されます。
この日は10月の下旬。少しだけ葉っぱも色づいていました。

IMG_9039.jpg

公園中央にある 「 みんなの原っぱ 」
こんな広~い原っぱ、初めて見たかも!!
こども達の元気いっぱいの遊び声が素敵なBGMです。

IMG_9060.jpg

原っぱの傍にはコスモス畑。

IMG_9052.jpg

黄色いコスモス。なかなか珍しいでしょ。
園内には様々な木々花々が植えられていて四季を通して楽しめそうです。

ポタリングの方は途中、はなのご飯休憩をとったりしてのんびり楽しめました。

IMG_9065.jpg

公園内には、東京多摩地域のご当地フードなんかも食べられたり
バーベキュー場やプール、遊具施設も沢山!

IMG_9109.jpg

はながもう少し大きくなったら一日中、自然の中で遊びたいね!
また来よう!

ブロンプトン ジャパニーズ・チャンピオンシップ

IMGP7308.jpg

ブロンプトン・ジャパニーズ・チャンピオンシップにやってきました!
レース会場は、千葉県の幕張です。

今回のエントリーは、なおきんぐさんとマヤリモ、しーちゃんとはなは応援です。

さて、そもそも、ブロンプトン・ジャパニーズ・チャンピオンシップというのは、
ブロンプトンという折りたたみ自転車でのみ参加できるレースで

ブロンプトン乗りのブロンプトン乗りによるブロンプトン乗りのためのレースなのです!

bu 003

英国生まれの自転車のレースということで、なんとジャケットに襟着きシャツ、ネクタイの
着用が参加条件となっています(笑)

IMGP7265.jpg

開会式では、大会始まって以来はじめて英国大使の方の挨拶があったりと、
このイベントの格もだんだんと上がってきているようです。

レース以外にも、だれでも参加できるゲームがいろいろ!

buro 015

ブロンプトンのタイヤでの輪投げや

buro 018

パーツを使ってのボーリング。

buro 029

バランスゲーム。

成績に応じて、景品がもらえます。

buro 038

僕らも景品をゲット!

なかでも、しーちゃんは全てのゲームで景品を獲得しました! ( すごい! )

さて、いよいよ肝心のレースです。

buro 023

スタートの仕方もユニークで、決められた位置に自分のブロンプトンを折りたたんだ状態で
スタンバイ。

buro 024

選手は少し離れた所からスタート!

buro 025

みんな一斉に愛車の元へ駆けていきます。
素早く組み立てて10周13キロのレースが始まります!

今回はカーブが多く今までで一番難しいコースかも。

実際、僕の目の前でも落車して怪我をおっている人がいたり。

小径車といってもトップクラスのライダーになると平均時速は35キロ近くだすので
なかなか迫力があります。

IMGP7301.jpg

ブロンプトンを通勤の足としても使っている、なおきんぐさん。
僕の先を走ります。

IMGP7307_1.jpg

僕はなかなか、足が回らず遅れをとってしまいました。

それでも、なんとか走りきった~!

なんて思ったら、周回を数え間違えて1周早く終わらせちゃってた!(笑)
記録は参考記録に。 ( やっちまった~! )
でも僕の他にも20名程の人が間違えていたようです(笑)

buro 041

そして、今回の優勝者は、男子・女子ともに昨年と同じ選手!
連覇達成です。

優勝者には、英国で行われる本戦に招待され、ロンドンまでの往復チケットが
贈られます!

レース終了後は、

IMGP7297.jpg

ブロンプトンの折りたたみタイムを競う競技があったり

buro 040

ベストドレッサー賞の発表があったり。

遊び心が満載のイベントを楽しむことができました~!

来年もモチロン参加でしょ!

お疲れ様でした~。

05 | 2020/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR