FC2ブログ

手軽に大分郷土料理を。 豊後魚鮮水産

oitekhy.jpg

今回の九州旅行は、大分が最終目的地。

でも、この後、福岡空港まで、車を走らせなきゃいけないんです。

お腹も減ったし、どこか大分らしい物が食べられるお店は??

と、とりあえず大分駅まで来ました。

oitbngs.jpg

車を止めた駐車場のすぐそばに、こんなお店が!

豊後水道ってフレーズ、そして、中途半端な時間にもかかわらず
お店を開けている営業姿勢にひかれ、即入店!(笑)

oitdknp.jpg

まずは、今回の九州旅行の行程完遂を祝して乾杯っ!
って、ノンアルですけどね(笑)

oathj.jpg

これは、何だったっけ? 

そうそう、 「 りゅうきゅう 」 だ。

りゅうきゅうってのは、アジ、サバ、ブリなどの魚の切り身をゴマの効いた醤油ダレに
漬けこんだ大分の郷土料理。

熱い出し汁をかけて頂きました。

ちなみに、 「 りゅうきゅう 」 という名前の由来は、
「 琉球の漁師から伝わった 」 とか、ゴマを和える調理法 「 利休和え 」 からだとも言われてます。

oithti.jpg

そして、大分名物、鶏天。
話には聞いたことがあるけど、食べるのは初めてだなぁ。

唐揚げのカリッとは違って、フワリとした衣が鶏肉の弾力感とマッチング!
そして一気に、ビール・・・では、なくノンアルで流し込む!
あぁ、コレがビールであったなら・・・。

この他、こちらの豊後魚鮮水産では、大分県の郷土料理をはじめ九州各地の料理を
リーズナブルに頂くことが出来ました!

ご馳走様でした!

さぁ、これから福岡空港まで激走だ!!(笑)

今度は、大分の温泉にゆっくりとね。


スポンサーサイト



44番目 人柱伝説のある大分城

oittjdo.jpg

九州旅、そして、九州城巡りの最後の城。

大分県の大分城!

「大分城」と言われるだけあって、大分駅から1キロくらいの市街地にあります。

復元された城門などがあり、本丸内は城跡公園となっています。

歴代城主には、竹中半兵衛の親戚の竹中重利など。

また、大分川の河口近くに築城されたため、地盤が悪く工事が難航したので、
人柱伝説なども残っている城なんです。

ooitj201.jpg

そして、こちらは、「人質櫓」

なんだか、物騒なネーミングですが、その名の通り、当時は
人質を住まわせていたんだとか。

ooitj202.jpg

天守台跡。
ここには、四層の天主が鎮座していたようです。

さぁ、この大分城で、今回の九州城巡りは、完結!

九州地方で残っている百名城はあと3つ!
今度は、九州に来るのはいつかな~。


あの歌の舞台・・・ 43番目 岡城

熊本で一泊して、今日は、九州を横断。

大分駅を目指します!

oitokjy.jpg

途中、百名城のひとつ。

「 岡城 」 にやってきました。

岡城、またの名を 「 竹田城 」。

竹田城といえば、ちょっと前に流行って入城規制までかかった
「 天空の城 」 で知られる、兵庫県の竹田城が有名ですが、
こちらの竹田城も、けっこう有名なんですよ。

ookj201.jpg

城自体は、天守やその他、櫓など、復元物はなく、

そこには、ひっそりと年月を過ごしてきたかのような石垣が。

哀愁ただ酔わせる荒城の趣です・・・

ん??荒城、荒城・・・荒城と言えば!?

♪春~高楼の~月の宴~♪

そう!滝廉太郎の 『 荒城の月 』 !

ookj206.jpg

実はこの城、 『 荒城の月 』 の舞台となった城として有名なんです。

滝廉太郎が幼少の頃、よくこの城址を遊び場にしていたとのコトです。

僕が訪れた時は昼間で、さすがに月は見られませんでしたが、
晩秋の紅葉に染まる荒城、とても趣のある光景でした。

ookj205.jpg

しかも、他の観光客とすれ違うコトなく、ゆっくりと見学できました。
なので、おススメは、平日の昼下がり!

ちなみに妻子は、あそこに停めてある 「赤いプリウス 」 の中で熟睡中です(笑)

さぁ、そろそろ下山して、大分駅を目指そう!


< おまけ >

入城料金を払うお城は多々あります。
大概のお城では、単にチケットの半券を貰うだけなのですが、

okjm201.jpg

こちらの岡城では、こんな巻物を貰うことが出来ます。

okjm202.jpg

巻物の内容は、城の歴史や案内図となっています。
なかなかしっかりした作りで、登城の良い思い出の品となりました!



はな、学校に行く。

ajs20.jpg

桜の入学式から、気が付けばもう紫陽花が見ごろ。

2カ月ほど続いた、自宅学習を経て、
6月に入って、やっと、はなの学校が始まりました!!

hntuk202.jpg

にこちゃんと選んだ茶色のランドセルを背負って・・・

hntuk201.jpg

今日も元気に学校に行ってきま~す!

今週までは、クラスを二組に分けての分散登校でしたが、
来週からは、通常授業になって、やっとクラスメイト全員と会えるようです。

ちょっと、スタートが遅れたけど、はな、小学校生活、た~くさん、楽しんでね!!

いってらっしゃ~い!!



断面は家紋?! 森からし蓮根

mksrkhs.jpg

熊本城を後にして、お土産探し。

やってきたのは、熊本を代表する郷土料理、からし蓮根のお店。

森からし蓮根さん。

なんでも、こちらのお店が、からし蓮根発祥なんだとか。

krslls.jpg

こちらの初代が、病弱な細川家のお殿様ために麦味噌に和辛子を混ぜたものを蓮根の穴に詰め
それに麦子、そら豆粉、卵黄を混ぜた頃もを付け揚げた 「 からし蓮根 」 を献上したそうな。

このからし蓮根をお殿様はたいそう気に入り、病弱だった身体もみるみる剛健になったんじゃと。

その後、からし蓮根は明治維新まで門外不出、藩の珍味栄養食となって、

初代は、その褒美として、脇差ひと振り、小判十枚、苗字帯刀をゆるされたそうな。

めでたし、めでたし。

mnkrsre.jpg

さて、肝心のお味の方は、サクサクの歯ざわりで蓮根の良さが活きてますね~。
そして、鼻を駆け抜ける和辛子のツ~ン!!

その余韻のあるうちに、球磨焼酎をクイッ。

いや~、たまりません!

ちなみにからし蓮根が門外不出になった理由は、

「 こんなウマイ物を他の藩のヤツラに食わせてやるものか! 」
なんて、しみったれ根性でなく、蓮根の断面が細川家の家紋、 「 細川九曜 」 に似ているから。

hkwk.png

これが、細川家の家紋。

なるほどね。

ゲンやらなんやらを担ぐ当時のお侍さん。

自分トコのお殿様の家紋を他藩の殿様に食われちゃ敵わんもんね。

そんなコトを思いつつ、からし蓮根にかじりついてました(笑)

ごちそうさま。


06 | 2020/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR