FC2ブログ

前へ!前へ! 35番目 岩国城

さて、会議を終え、地元のカープファンの方々と酒を酌み交わし二日酔い気味の翌日。

新幹線まで時間があるので、山口県の岩国まで足を延ばしてみました!

iwkj1.jpg

岩国と言えば、錦帯橋!

ずぅ~っと、見ていても飽きない素晴らしい橋だ!

こんな橋はなかなか無いよね~。

昔、 「 若者がこの橋を四駆で渡ろうとして橋を傷つけた 」 なんてニュースをみたけど、

とんでもないバカモノですね。

iwkj2.jpg

下からのアングルも見ごたえ十分!

橋をこんなに隅々までジックリ見るのは初めてかもね。

iwkj3.jpg

遠くに見えるアレは・・・

そうだ、そうだ、橋に夢中になってしまいましたが、城を見に来たんだった。

これから目指すのは、岩国城!

iwkj4.jpg

時間があれば、自分の足で登りたいところですが、ここはロープウェイに乗っかっちゃいます!

iwkj5.jpg

ロープウェイからの眺望。

この川が、天然の堀になってるワケですね。

iwkj6.jpg

岩国城天守。

この天守の特徴は、4階と6階が下の階よりも張り出している南蛮形式と呼ばれるもの。

iwkj7.jpg

天守閣からの見晴らしもイイですね!

きっと昔のお殿様もこの場所から・・・

って、実は現在の天守閣は、昭和37年に建てられたもので、
当時、立っていたのは、50mほど後ろの方!


iwkj8.jpg

観光客で賑わう天守閣の後ろの方で、ひっそりと当時の天守台が残されています。

なぜ別の場所に天守を再建したのか??

天守閣再建の際、錦帯橋を渡るときに岩国城が視界に入るように
天守を本来の場所よりも、前に建てたんだって!

観光のために、天守を前に前に。

え~!?そんなコトしちゃうんだ~! 

と、チョット驚きの岩国城でした~。


スポンサーサイト

NO SOUTHERN NO LIFE!!

先日、サザンオールスターズの 「 海のOh,Yeah!! 」 が発売。

僕も予約して、しっかり手に入れました!

実は、マヤリモ、無類のサザン好きなのです。

三度の飯よりサザンが好き!
(だったら、サザン聴きながら飯食えばイイじゃん!って話)

szn181.jpg

でも、今でこそ、 「 音楽=サザン 」 くらいのマヤリモですが、
最初は全く受け入れられませんでした(笑)

サザンとの出会いは、父さんが借りてきた 「 みんなの歌 」 のシングル。

これが、何を言っているのか分からなかった(笑)

デビュー当時、歌番組を観ていた人も何を言っているのか分からず、
歌番組ではじめて字幕スーパーを使用した。なんて伝説があるほど。
(ちなみに、当時はコミックバンド扱いでドリフターズのチョーさんからスカウトされたとか笑)

そんでもって、ベストテンなんかでは、暴れまくって、白目むきながら叫んでる。
これがまた、幼心にショック!(今じゃこれこそが桑田さんですけどね)

それが、まず、兄ちゃんがサザン好きになり、寝る前に必ずサザンを聴くように・・・
一緒に寝ていた僕もある意味、洗脳的にサザンファンに(笑)

初めて好きになった曲は、 「 ByBy My Love 」
この曲を聴くと、兄ちゃんと枕を並べて寝ていた当時を思い出します。
そして、ここからがマヤリモのサザン一辺倒の始まりです(笑)

その後、思春期を迎え、初恋に失恋、学校生活、就職・・・
しーちゃんとの出会いから今に至るまで、どんな場面でもBGMにサザンが流れていました。

しーちゃんもサザン大好きっ子で、好きな曲は 「 Moon light Lover 」 。
しーちゃんが初めて生でサザンを聴いた 「 浜名湖フェス 」 で、この曲を歌ってくれた!

その時、サザンのパートは数十分で、歌ったのも数曲。
そんな中で、この曲を唄ってくれたもんだから、二人で大興奮!!
いまだに 「 何で桑田さんは数ある中から、この曲をセレクトしたんだろ!? 」 なんて話してます。

ちなみに僕のNO.1は、 「 逢いたさ見たさ病める my mind 」 。

♪時折 君がそばにいた頃の 香りが風に舞うような気がする・・・♪ 
のフレーズが好きなんです。

サザンの歌には、「 出来る男 」 よりも 「 頼りない男 」 目線の歌詞が多い。
だからとても感情移入できる(笑)
この曲もその代表かな。 

サザンに魅かれる要素は、歌詞の奥深さに加え、何と言っても、桑田さんのボーカル。
本当に色んな声を出すんだよね。
マヤリモ母さん曰く、ソロではあるが、 「 東京 」 って曲こそ桑田佳祐の様々な声を楽しめるとのコト。

そして、TSUNAMIのような純愛な曲を書いた思ったら、超絶卑猥な曲を唄ってたりする(笑)
そんなギャップも男心をくすぐったりするんだよね。

サザン40周年、これからも、惚れた腫れた、喜怒哀楽や人情、そしてエロ(笑)を発信してもらいたいな。

僕の人生、これからもサザンがBGMとして流れていくことでしょう。

< おまけ >

szn182.jpg

20年以上前にケンちゃんから貰った 「 ロックの子 」 。

桑田佳祐の少年時代からデビュー、昭和60年までの歴史が綴られています。

プライベートなことから、曲作りのコト、当時の音楽業界に対する愚痴なんかも・・・

インタビュー形式だから、スラスラッと読めちゃう。

桑田節炸裂の僕にとってバイブル的な一冊です。


あの日を生きた 34番目 広島城

郡山城を訪れ、広島市内で一泊した翌日、会議前に広島城を訪れました。

こちらの広島城には、あの原爆投下を生きながらえたものがあるらしいけど・・・

まずは、散策。

hrsmj1.jpg

う~ん、流石は、都会のお城!

門や橋も綺麗に整備されて、山城訪問(郡山城)の後だと、何だかヤケに安心感がある(笑)

ちなみに、この広島城の別名は、 「 鯉城(りじょう) 」 。

江戸時代に、ここら一帯が 「 己斐浦(こいのうら) 」 と呼ばれ、

それが後に 「 己斐 」 が 「 鯉 」 に代わって 「 鯉城 」 と呼ばれるように。

野球好きの人だったら、あっ!と思うでしょう。

そう、広島東洋カープのチーム名は、この 「 鯉城 」 が由来なんですって!

それにしても今年もカープは強いよね~!!

hrsmj2.jpg
 
さて、さて、広島城の見どころの一つ、二の丸。

多聞櫓や太鼓櫓が復元されていて、これらは、極めて防御力の高いものとも言われています。

ところで、8月6日の原爆で生きのびたものって?

hrsmj3.jpg

やっぱり、この天守閣でしょ!

いや、残念ながら天守をはじめとして、戦前まで現存していた城郭建築は原爆投下によって倒壊してしまったんです。

この天守や城内の城郭建築はすべて1958年以降に再建されたもの達なのです。

では、広島城であの日を生きながらえたのは??

hrsmj4.jpg

そう!あの日を生きたのは、この木!!

爆心地から1キロに満たない場所で被爆した、このクロガネモチを含む4本の樹木たち。

鉄筋も吹っ飛び、焦土と化した地でよくぞ耐えたものだ。

原爆投下から73年の今日、このクロガネモチは何を思うのか・・・。

平和に城巡りをできていることに感謝です。


33番目 百万一心の郡山城

2016.8 ちょうど2年前の今頃の登城録。

krym1.jpg

目指す城は、郡山城。

関東人の僕からすると 「 郡山=福島 」 なんだけど、ここは広島県の郡山!

今回も出張ついでにやって来ました(笑)

krym2.jpg

目指す郡山本丸は、あの小高い山の上!

krym3.jpg

ここを居城とした戦国大名は、謀などあらゆる手段で下克上を果たし
「謀神」の異名をとる毛利元就!

krym4.jpg

そして毛利元就といえば、三本の矢の教え。

折ることのたやすい一本の矢も三本合わされば折るのも至難。

三本の矢を三人の息子に例え、協力し合って家を盛り立てろと訓示したという逸話。

これ、三本の矢もあっさり折っちゃったら、どうなっちゃったかな~??

元就さん、どう切り返したかな~??なんて、いつも思っちゃいます。

そういえば、昔、ドリフのコントで同じようなコトやってたような・・・。

krym5.jpg

本丸を目指す途中には、元就のお墓もあります。

krym6.jpg

こちらは、 「 百万一心 」 の石碑。

百万一心とは、 「 百 」 の字の一画を省いて 「 一日 」。

「 万 」 の字を崩して 「 一力 」 とし、縦に書いた時に 「 一日一力一心 」 と読めるようにしたもの。

意味は、「日をおなじうにし、力を同じうにし、心を同じうにする」という国人に対する教え。

「 三本の矢 」 ・ 「 百万一心 」 の精神が幕末まで毛利家を栄えさせ、倒幕の原動力となったんでしょうね。

krym7.jpg

本丸までには、当時の遺構がチラホラと。

綺麗に修復された石垣も素敵ですが、朽ちた感じもなかなか風情があります。

krym8.jpg

本丸跡に到着!

こちらも、ひっそりと。

こういう環境だから、妄想のし甲斐があります(笑)

krym9.jpg

下山の途中、有名な毛利家の家紋に遭遇。

これは 「 一文字三星 」 というそうです。

三つの丸は、オリオン座の真ん中に直列する三つの星。

この三つは、大将軍星・左将軍星・右将軍星で構成される 「 将軍星 」
武家の家紋に好んで用いられたんだとか。

そして、 「 一 」 の文字には、「相手に打ち勝つ」という意味があり、
将軍星と合わせることで最強な家紋に!

krym10.jpg

さぁ、下山まで、もう一息だ!


マヤリモ、ジャムさんに会いに行く。

今日は、川崎市民プラザで開催されている 「人形劇まつり」に、しーちゃんとはなで、やってきました!

プロ、アマ問わず多くの個人、団体の方が人形劇という形で子供たちに夢を届けています。

kskn181.jpg

そんな方々の中でも、僕が一番観たかったのが、ジャムさんという方の劇!

実は、ジャムさんとは、FC2ブログを通じての御縁で、稚拙な僕のブログにも度々、コメントを寄せて頂いているんです!

ジャムさんもパネルシアターという分野の劇で参加されていて、今回、初めてジャムさんの劇を観るコトが出来たんです!

上演前、会場の廊下でジャムさんを発見!

ジャムさんのブログでは、ご本人は顔出しなので、すぐに分かりました!

「ブログでお世話になってるマヤリモですが~」
と声を掛けると、、、

「おぉ、マヤリモさんじゃないですか~!!」

と優しい笑顔で応えて頂けました!

良かった!ブログの通りの人だ!(笑)

kskn182.jpg

会場に入ると、さっそくジャムさんは、子供たちに囲まれてます(笑)

kskn183.jpg

上映が始まると子供たち、いや、大人までジャムさんのお話とコミカルな動きに惹き付けられちゃいました!

ブログの画像でしか見られなかったジャムさんのパネルシアター、今日は、生で動いてるジャムさん「生ジャムさん」を見れてる!(笑)

嬉しくも、何だか不思議な気持ちでした!

劇の内容も、とても面白く、はなもゲラゲラ笑ってました!

本当に「ゲラゲラ」って、笑ってた!(笑)

kskn184.jpg

劇が終わって一緒に写真も撮ってもらいました!

ジャムさんは、僕が想像していた通り、いやそれ以上に優しく、アクティブで、まるで元気のかたまりの様な方でした!

ジャムさん、楽しい時間をありがとう!

また、パネルシアター、観に行きま~す!

〈  おまけ  〉

kskn185.jpg

人形劇まつりでは、劇以外にも、バルーンアート体験やパペット人形作りコーナーがありました。

はなが持ってるのは、はなと一緒に作ったウサギのパペット人形。素材はウレタンですが、なかなかの出来に満足!

次回もまた来ようね!


07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ!
プロフィール

マヤリモ

Author:マヤリモ
大田区蒲田在住の40代男性。
職業は作業療法士(OT)
家族は高校時代からの縁で結婚した妻 しーちゃん と娘の はな。
いろんなコトに興味を示してしまうのが長所でもあり短所。結果浅く広い趣味が・・・。日々の出来事も交え綴って行きたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR